『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

「エリアマネージャー」ってどんな仕事?仕事内容、年収、向いている人、求められるスキルは。

[最終更新日]2021/05/19

エリアマネージャーってどんな仕事?

飲食やアパレルなど、実店舗を持つ業態には店舗責任者(店長)がいます。

複数の店舗を束ね、店長を統括する立場の人材は「エリアマネージャー」と呼ばれます。転職を検討している皆さんの中には、エリアマネージャーとして活躍したいと考えている人もいることでしょう。

目次

1) そもそも、エリアマネージャーってどんな仕事?

エリアマネージャーと聞くと、「店舗のある地域の責任者」「各拠点を統括している人」といったイメージを持つ人が多いでしょう。

たしかにエリアマネージャーは複数の店舗を束ねる仕事ですので、このイメージが実態とかけ離れているわけではありません。
一方で、「エリアマネージャーとは具体的にどのような仕事をするのか?」と問われると、細部にわたって答えるのは難しいと感じるのではないでしょうか。

そこで、まずはエリアマネージャーの仕事について理解を深めておきましょう。



エリアマネージャーの仕事内容

■本社と現場の橋渡し役 ■店舗の運営方針・販売戦略の立案 ■店舗スタッフの人材育成

エリアマネージャーの仕事は、大きく以下の3つの分野に分けて整理することができます。

  • 本社と現場の橋渡し役
  • 店舗の運営方針・販売戦略の立案
  • 店舗スタッフの人材育成



本社と現場の橋渡し役

本社の方針や運営に関する指示を各店長に伝え、現場に浸透させていくことは、エリアマネージャーとして重要な職務の1つです。

同時に、現場で働くスタッフの声をヒアリングし、経営に生かせるよう本社へ伝えていく役割も果たしています。

本社の運営方針に沿った店舗づくりが実現できているかどうか、エリア内の臨店(店舗の巡回)を通じて自分の目でチェックしていくなど、本社と現場の橋渡し役を担います。


店舗の運営方針・販売戦略の立案

各店舗の客層や地域特性に合わせた店舗づくりに協力することも、エリアマネージャーの大切な役割です。
店舗の運営方針や販売戦略を店長と共に考え、必要に応じてアドバイスを行いながら売上伸張を目指します。

戦略を実践した結果としてどれだけの効果があったかを確認し、軌道修正を行ったり新たな戦略を立案したりする必要があります。

効果的な戦略を打ち立てるには、市場調査の結果から販売戦略を考案するためのマーケティング能力も求められます。


店舗スタッフの人材育成

店舗運営に携わるスタッフや店長の育成は、エリアマネージャーとしての手腕が試される職務の1つといえます。

スタッフを指導するというよりは、スタッフにとっての良き相談相手となり、各人が抱える課題を見いだすとともに強みを伸ばすためのアドバイスをします。
また、スタッフ間のトラブル解決やお客様からのクレーム処理といった役割を担うこともあります。

こうした業務に携わるには、いざというときに頼ってもらえるよう日頃からスタッフとの信頼関係を築いていくことが大切です。

参考:エリアマネージャーの関係図
エリアマネージャーの関係図




携わる業種によって、エリアマネージャーの仕事内容は変わる?

エリアマネージャーの活躍の場は幅広い業界にわたっています。実店舗を複数展開する業態であればエリアを統括する人材が必要になるため、基本的にはエリアマネージャーが配置されていると考えていいでしょう。

一例として、エリアマネージャーの求人には次のような業種がみられます。

参考:エリアマネージャー求人の多い業種

■飲食業 ■販売業(アパレル等) ■通信事業(携帯ショップ等) ■人材・教育業(学習塾等) ■介護施設 ■美容院・理容院
  • 飲食業
  • 販売業(アパレル等)
  • 通信事業(携帯ショップ等)
  • 人材・教育業(学習塾等)
  • 介護施設
  • 美容院・理容院

では、携わる業種が変わればエリアマネージャーの仕事内容も大きく異なるのでしょうか。
実際のところ、店舗の販売戦略や運営全般のサポート、本部との橋渡し役、人材育成といった大筋での役割はどの業界でも共通しています。

どの業種でもいえるのは、店長やスタッフのアドバイザー役となる以上、エリアマネージャーには豊富な知識や実務経験が求められるという点です。
自身がスタッフとして一流であることは、エリアマネージャーとして不可欠な資質と考えていいでしょう。





エリアマネージャーとSV(スーパーバイザー)の違いは?

エリアマネージャー:スタッフとともに店舗を盛り上げる。 SV:各店舗を巡回し、店舗を指導・教育

エリアマネージャーとよく似た役割としてSV(スーパーバイザー)が挙げられます。
実態として両者はほぼ同じ仕事をしていることも多いのですが、本来は果たすべき役割が異なります。

SVは主に本社側の立場で各店舗を巡回し、店舗を指導・教育していく仕事です。
一方、エリアマネージャーは店舗側の視点も併せ持つことで、スタッフとともに店舗を盛り上げていく役割を担っています。

位置づけとしてはエリアマネージャーのほうがSVよりも現場寄りで、店長の延長線上に近い立場と考えていいでしょう。

こうした役割の違いから、SVは成果や効率を重視するケースが多いのに対して、エリアマネージャーはより中長期的な視点で店舗を「育てていく」ことに注力する傾向があります。



エリアマネージャーの年収イメージ

年収イメージ

エリアマネージャーの年収イメージ

業種や扱う商材によって差はありますが、エリアマネージャー全体で見た場合の平均年収は454万円(※)となっています。

販売・サービス系の職種全体では平均年収が329万円(※)であることを考えると、エリアマネージャーはスタッフや店長よりも高い水準の報酬を得ていることが分かります。

地域の複数店舗を担当し、各店舗の売上や収益の責任を負っている点、顧客からの重大なクレームなど店長では処理しきれない事態にも対応しなくてはならない点が、報酬に反映されているといえるでしょう。

なお、同じエリアマネージャーでも、担当エリアが広域にわたる全国展開チェーンでは給与水準が高くなりやすい傾向があります。年収イメージとしては、担っている責任の大きさに応じて高くなるといえます。

※転職サービス「doda」による集計結果を参照




エリアマネージャーのキャリアパス

エリアマネージャーの経験を通じて身につく能力・スキルは多岐にわたります。

一例として、売上などの数値分析やスタッフをまとめていくリーダーシップ、店長と協力して店舗を作り上げていく上で必要なコミュニケーション能力、課題を発見して解決していくコンサルティング能力、業界の動向を把握し店舗運営に反映していく情報収集力・情報活用力などが想定されます。

こうした知見を得ながらエリアマネージャーとして実績を築いていくことにより、将来的には事業責任者統括マネージャーとして活躍の場を広げることができるでしょう。

あるいは、新事業の開発・推進など、より経営層に近いレベルで仕事をする機会に恵まれる可能性もあります。

このように、エリアマネージャーには多彩なキャリアパスが広がっています。



2)エリアマネージャーの仕事が向いている人は?求められるスキル

  • コミュニケーションスキルのある人
  • 情報収集・分析が得意な人
  • 課題や問題に臆さずトラブルシューティングができる人
  • その仕事・店舗が「好きだ」という気持ちを強く持てる人




コミュニケーションスキルのある人

#1 コミュニケーションスキルがある人

エリアマネージャーは本社と店舗をつなぐ橋渡し役として、相互の誤解がないよう意図や背景を的確に伝える能力が求められます。

言葉通りに伝えたつもりでも、伝え方やニュアンスによっては本意でない受け取り方をされてしまい、結果的に店舗運営を間違った方向に導いてしまうこともあり得るからです。

売上が伸び悩んでいる店舗に対して、本社から「てこ入れするように」と指示があったとしても、その店舗を厳しく指導すれば解決するわけではありません。

どうすればスタッフのモチベーションが高まり、お客様に喜んでいただけるのか、スタッフの性格や店舗の地域性を織り込んで考え抜く必要があります。

こうした課題を解決していくには、高いコミュニケーション能力調整力が求められるでしょう。自分の言葉で人を動かし、引っ張っていくことのできるタイプの人が向いています。



情報収集・分析が得意な人

#2 情報収集・分析が得意な人

エリアマネージャーは各店舗が置かれた状況を客観的に判断しなくてはなりません。
そのためには、売上や収益、来店者数、顧客単価といった定量的な情報と、店舗の雰囲気やスタッフの様子などの定性的な情報をバランスよく加味して分析することが求められます。

競合する店舗や世の中のトレンドといった刻々と変化する情報をキャッチし、店舗運営に取り入れる情報感度も必須となるでしょう。

自分自身の思いなどの主観的な部分と、世の中で求められている要素を柔軟に取り入れる客観性の両面を持ちあわせている必要があります。

情報収集と分析が得意で、常日頃からあらゆる方面にアンテナを張っているタイプの人であれば、エリアマネージャーとして適性があると考えられます。



課題や問題に臆さずトラブルシューティングができる人

#3 課題や問題に臆さずトラブルシューティングできる人

エリアマネージャーの仕事として、トラブルシューティングは非常に重要な位置を占めています。
お客様からの重大なクレームやスタッフ間での深刻なトラブルなど店長の手に余る問題が生じたとき、頼みの綱となるのはエリアマネージャーだからです。

店長が対処しかねるレベルの問題が回ってくるわけですから、エリアマネージャーが直面する課題や問題は容易に解決できないものが大半でしょう。

メンタル面でも大変な負荷がかかる問題に対して、臆さず向き合っていく胆力や精神力が求められます。

困難な問題に対して粘り強く対応できる人や、想定していなかった事態にも冷静に対処できるタイプの人は、エリアマネージャーとして必要とされる資質を備えているといえます。



その仕事・店舗が「好きだ」という気持ちを強く持てる人

#4 その店舗・仕事が「好きだ」という気持ちを強く持てる人

エリアマネージャーはエリア全体を統括する立場ですので、店舗単位でのマイクロマネジメントに陥ってしまうのは避けなくてはなりません。

店舗の売上管理やスタッフの育成に関して、任せられる部分は店長に委ねることも大切です。

エリアマネージャーがスタッフや店長を上回っている必要があるのは、むしろその仕事や店舗、ブランドが「好きだ」という強い思いです。

臨店のたびに「この人の仕事への思いには圧倒される」「ここまで自社のブランドに惚れ込んでいる人は他にいない」と思ってもらうことができれば、おのずとスタッフが目標とするエリアマネージャーになっていくでしょう。

仕事・店舗が「好きだ」という強い思いは、周りにも伝播していきます。誰よりもエリアマネージャー自身が、店舗やブランドの熱烈なファンでいることが重要なのです。



3)未経験からエリアマネージャーを目指す際のポイント3点

業界経験がない状態からエリアマネージャーになるのは不可能ではありませんが、いくつか注意しておくべきポイントがあります。

ここまで解説してきたように、エリアマネージャーは店長やスタッフにとって「頼れる存在」となる必要がありますので、本来は業界経験が豊富な人材が適任といえるからです。

では、未経験からエリアマネージャーを目指す場合、どのような方策を講じておけばいいのでしょうか。主に次の3つのポイントを意識して転職活動に臨む必要があるでしょう。





「現場を分かっていない」エリアマネージャーはNG。実情を知らない場合は、まず現場業務から

POINT1 「現場を分かってない」エリアマネージャーは信用されないまずは現場業務を把握する

エリアマネージャーを目指す際に最もオーソドックスなルートは、店舗スタッフから店長に昇進し、その後エリアマネージャーに抜擢されるパターンです。

店舗での実務経験や店長としての実績をもとにマネジメントに携わることで根拠のあるアドバイスとなり、説得力がもたらされるはずです。

未経験からエリアマネージャーとして採用される場合でも、はじめは現場で実務を経験するのが一般的です。

担当エリアのスタッフから「現場を分かっていない」と思われてしまうと、エリアマネージャーとしての信頼が大きく揺らぐことになりかねません。

店舗の空気を肌で感じ取り、経験値として蓄えておかなければ、現場のスタッフに対して説得力のあるアドバイスをするのは困難といえるでしょう。





目指す会社の企業理念・ビジョン・事業方針への理解と共感を深めよう

POINT2 企業やブランドに対する理解や愛着は必須。企業理念やブランドの強みについてしっかり理解しておく。

店舗で働いているスタッフは、そのショップやブランドの熱烈なファンであることが少なくありません。

ブランドの理念やメッセージ性に共感してスタッフになった人もいるため、企業理念に対する理解やブランドへの愛着はスタッフとコミュニケーションを図る上での共通言語となるのです。

エリアマネージャーを目指すのであれば、就業したい企業の理念やビジョン、ブランドの強み、事業方針といった部分を深く理解しておく必要があります。

自社への思いなら誰にも負けない」と自信を持って言えるようになれば、周りのスタッフも触発されて店舗やブランドへの愛着を深めてくれるはずです。

話すたびにブランドの魅力を再認識させてくれる」と思ってもらえるエリアマネージャーになることで、スタッフからの信頼もおのずと高まっていくでしょう。





エリアマネージャーの転職支援に強い、転職エージェントを活用する

POINT3 転職は実務経験有の人材が有利。未経験の場合は、異職種への転職やエリアマネージャー採用に強い転職エージェントも活用しよう!

未経験者を対象としたエリアマネージャーの求人は、自力で探して見つけることも可能です。

ただし、未経験可と求人に記載されていたとしても、実際には同業種の経験者やエリアマネージャーとして実績のある人材が有利になりやすいのは否めません。

未経験からエリアマネージャーを目指すなら、異業種への転職やマネージャー採用のサポートに強い転職エージェントを活用することを強くおすすめします。

転職エージェントではキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれますので、これまでのキャリアで生かせるスキル・経験をプロの目で抽出し、効果的なアプローチを考えてもらうことができます。

思わぬところにエリアマネージャーとして生かせる資質が隠れていることもありますので、未経験者こそ転職エージェントを活用するメリットを実感しやすいはずです。





4)エリアマネージャーへの転職を目指す際の、おすすめの転職エージェント

エリアマネージャーへの転職またはキャリアパスを目指す際は、転職エージェントの利用が有効です。

ただし、転職エージェントの有効性は担当となるキャリアアドバイザーの品質・相性にも左右されます。
その為、1つのみ登録するのではなく、可能な限り2~3登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントに登録後、担当キャリアアドバイザーより電話またはメールで連絡があります。
そこで何度かコンタクトを取ったのち、「ここのサービスが自分に合いそう」というものに利用を絞っていくと良いでしょう。



実績豊富なキャリアアドバイザーからの支援を受けたい方は「リクルートエージェント」

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
サービスの特徴 ・国内No1の求人数および転職支援実績
・転職支援ツールが充実している
「エリアマネージャー」の求人数 518件(2021年5月9日調査 ※公開求人のみ)
「店長候補」の求人数 1,823件(2021年5月9日調査 ※公開求人のみ)
拠点 東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡(2021年1月時点)

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する国内最大手の転職エージェントです。

キャリアアドバイザーからの豊富な転職支援実績に基づくサポート・アドバイスと、「職務経歴書エディター(職務経歴書を自動生成してくれる)」や「面接力向上セミナー(転職面接のコツ・ポイントをレクチャーしてくれる)」といった充実の転職支援ツールが魅力です。

特に面接力向上セミナーの利用者からの評判は高く、転職面接に苦手意識や不安を感じている人は、登録しておくメリットは大きいでしょう。

また、リクルートエージェントは求人数の多さも国内トップレベルで、エリアマネージャー、店長候補に関連する求人数は2,341件(2021年5月9日調査 ※公開求人のみ)と、非常に豊富に取り揃えています。





効率的に転職活動を進めたい方は「doda」がおすすめ

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
サービスの特徴 ・キャリアアドバイザーからの求人提案が活発
・豊富な求人数と、スピーディな対応
「エリアマネージャー」の求人数 493件(2021年5月9日調査)※公開求人のみ
「店長候補」の求人数 452件(2021年5月9日調査)※公開求人のみ
拠点 北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・福岡(2021年1月現在)

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェントです。
dodaの特徴は、求人数の豊富さ、およびキャリアアドバイザーの積極的な求人提案にあります。エリアマネージャーに関わる求人でどんなものがあるか、あなたのおすすめに合わせて提案してもらえるでしょう。

2021年5月9日時点のエリアマネージャー・店長候補関連の求人数は945件とあり、リクルートエージェントに次ぐ豊富さです。
担当キャリアアドバイザーと相談しながら「自分に合ったエリアマネージャーの求人」を見つけていける可能性を高められるでしょう。

dodaは自身で求人を検索して応募できる「転職サイト」のサービスも利用できますので、「まずは自分でどんな求人があるかチェックして、応募するかをじっくり検討したい」という人にもおすすめです。





キャリアアドバイザーとじっくり相談しつつ進めたい方は「パソナキャリア」

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
サービスの特徴 ・「じっくり話を聴いてくれる」キャリアアドバイザーが多いと評判
・全国都道府県に支店があり、対面でのアドバイスを受けやすい
「エリアマネージャー」の求人数 364件(2021年5月9日調査 ※公開求人のみ)
「店長候補」の求人数 301件(2021年5月9日調査 ※公開求人のみ)
拠点 全国都道府県

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する転職エージェントです。

全国都道府県に支店があることによるアプローチのしやすさやUターン・Iターン転職にも向いていること、そしてキャリアアドバイザーが「転職者の話をじっくり聴いてくれる」と評判が高いのが同サービスの特徴です。

2021年5月9日時点のエリアマネージャー・店長候補に関わる求人数は665件。リクルートエージェントやdodaと比べるとやや少なくなりますが、他の転職サービスと比較するとかなり多いほうです。

どの求人に応募するか、併せて自身の今後のキャリアプランについてキャリアアドバイザーとしっかり相談しながら転職活動を進めたいという方は、パソナキャリアのサービスがフィットしやすいでしょう。





まとめ)ハードな仕事内容を上回る「何か」があるかどうかがポイント

エリアマネージャーは、複数店舗の売上伸長や人材育成といった重い責任を負う仕事です。店長の手に負えないクレームやトラブルに対処しなくてはならないなど、体力的にも精神的にもハードな職務といえます。

ハードな業務をこなしていくには、仕事の大変さや辛さを上回る「何か」が必要です。その「何か」は店舗やブランドへの深い愛着であったり、企業理念や事業方針への強い共感であったりするでしょう。

エリアマネージャーへの転職を目指すのであれば、仕事内容を十分に理解しておくのはもちろんのこと、ハードな仕事を乗り切れるだけの「何か」があるかどうかを自分の中で確認しておくことが何よりも大切です。