『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

WORKPORT(ワークポート)ってどんな転職エージェント?特徴、評判について紹介

[最終更新日]2019/04/16


71
ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・大阪・九州・愛知・岩手・兵庫
利用者層 IT・Webエンジニア
企業名 株式会社ワークポート

※ご利用には1分程度の会員登録・個人情報入力が必要です。

目次

ワークポートってどんな転職エージェント?特徴・他社との比較

 
ワークポートの特徴。イチ押し。ITエンジニアやWeb・ゲーム業界の求人が充実!求人の紹介数は断トツ!レベルの高い求人にもチャレンジあせてくれる。
 

冒頭でもお伝えしたように、ワークポートはIT・Web・ゲーム業界へのサポートに強い転職エージェントです。

在籍する転職コンシェルジュも、IT分野への知識に富んだ方が多く、「的確なアドバイスをしてもらえる」ことに定評があります。

IT業界は変化が激しく、新しい技術やトレンドの情報が多く飛び交います。
そのため人材採用においても、スキルや経験を重視されることが多く、「気になっている求人でも、スキルが足りていないために応募することができない」といったことが起こるケースもあるのです。

しかし、ワークポートは「少しでも気になった求人は応募すべき」という方針を取っているため、スキル的に不安な点があったとしても、まずは挑戦させてもらえる土壌が、しっかりと築かれています。

キャリアアップを目標に転職活動を進めている方からすれば、そうして選択肢の増える機会があるのは嬉しいですよね。

ワークポート「悪い評判」の理由は?

一方で、ワークポートの評判を調べてみると、しばしば悪い評判も見られるようです。

その実態は、「自分に合っていない求人を紹介された」「連絡が多く、しつこい印象がある」といった内容のものが多く、それも「気になった求人は多く紹介していく」という方針だからこそのものと言えます。

また、「ただ闇雲に応募しても、受からないんじゃ」という不安を持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

実際には、ワークポート紹介先企業での面接通過率は30~35%ととなっており、3社に1社は通過できると、決して少なくない数値であることが分かります。

人によって持たれる印象は様々かもしれませんが、「たくさんの求人から転職先を検討したい」「ダメもとであっても、挑戦してみたい」という方にとっては、ワークポートはうってつけのサービスと言えるでしょう。

※ご利用には1分程度の会員登録・個人情報入力が必要です。

WORKPORT(ワークポート)をおすすめできる、3つのポイント

ワークポート、3つのおすすめポイント。IT転職に強く、業界未経験の転職者にも優しくサポート。転職コンシェルジュのサポート力と情報キャッチアップ力が優秀!サービス登録後の、ユーザーページの機能が秀逸!
 

おすすめその1)IT転職に強く、IT分野未経験の転職者にも優しくサポート!

 

現在、ワークポートが扱っているIT業界の求人数は7,000件(ITエンジニアだけでも常時4700件の求人があります)。この数は、IT業界の求人情報を扱う転職エージェントの中でもダントツの求人数です。

求人の多さは、その分転職活動の選択肢を広げていくことに繋げられます。

例えば、他の転職エージェントでは「マッチングしないから」という理由で求人情報を貰えなくても、ワークポートは「検討の余地があるならば、まずは紹介する」というスタンスですので、転職者はより多くの選択肢を得られます

さらに、対応の速さに関しても、ワークポートは断トツです。
最初の面談の翌日には、約50件もの案件を紹介してもらえた転職者の方もいるようで、「検討の余地があれば、すぐ」の方針を貫いていることがうかがえます。

また、転職コンシェルジュにエンジニア経験者が多いことも特徴です。

未経験の方がIT業界に転職される際に一番気になるのが「ブラック企業かどうか」と言われています。ワークポートでは、その業界の企業にも精通しているスタッフが多く、それらの情報を元に、転職者の入社後のミスマッチを防いでくれます。それ以外にも、企業の残業時間や研修体制も教えてもらえることが多いようです。

一方で、「求人情報が多すぎると、迷ってなかなか決められない」という方は、担当のキャリアコンサルタントに「希望に合う求人情報を、もっと絞って送ってほしい」という風に伝えておけば、送られる求人情報の量も調整できるでしょう。

ワークポートを利用された方の声

面談に行ったときは「いつまでに転職しよう」という意思は定まっておらず、「こういう企業で働きたい」というイメージもまだ形成されていませんでした。
こちらの不安感をどんどん取り除いていっていただけるように進めていただけるエージェントさんのお話のされ方がとてもありがたかったです。 『もっとイメージを明確にしていこう!』という気持ちになれましたし。

あとは、求人票を実際に一つ一つ拝見して、『今自分は転職活動をしているんだな』という実感が出てきて、それもまたイメージを膨らませる働きかけに繋がったと思います。その中で興味を持てた企業さんもいくつか出てきました。

(Hさん/26歳/女性/企画営業)

おすすめその2)とにかく、転職コンシェルジュのサポート力と情報キャッチアップ力が優秀

ワークポートをご利用された転職者の方々が口をそろえて言うのが、「転職コンシェルジュの知識量の豊富さと、丁寧なサポートがとても良かった」ということ。まさにこの点が、ワークポートがあまたの他者転職サービスと差別化を行っているところです。
また、ひとえにITと言っても、SIerからWebサービス関連、インターネット広告代理店など、その職種や業種は様々ですが、それらに対してほとんどすべてのポジションへの転職支援に成功した実績を多数持っているところも、信頼を置けるポイントの一つでしょう。

転職コンシェルジュは特に転職時の面接や書類選考対策に力を入れており、企業によっては過去数年間の面接データを分析し、面接対策をしっかりと転職活動者に実施してくれるそうです。

その他、転職未経験者向けサービスとして、ワークポートは東京・大阪・福岡で転職ノウハウセミナーを定期的に開催しています。フリーターやアルバイトの方、IT未経験の方で、「不安や疑問が多くて、なかなか活動に踏み切れない…」という場合はそのあたりのサービスから受けてみると良いかもしれませんね。

一方で、「コンシェルジュの対応が悪かった…」という声も

転職エージェントとの転職面談風景
 

どの転職エージェントであっても、「良い評判ばかり」が溢れている、ということは滅多にありません。

ワークポートの転職コンシェルジュに関しても、ネット上でまれに「対応に不満がある」という声が見受けられます。

その理由に関しては、先述したワークポートの「たくさんの求人を紹介する」方針にあると言えるでしょう。

以下の、実際の利用者の声をご覧ください。

知人の紹介で、IT系の転職に強いという「ワークポート」という転職エージェントに登録したところ、コーディネーターの方から「IT系以外の業種の「社内SE」ならば、即戦力として年収アップとキャリアアップを狙えますよ」と、アドバイスを頂けました。

海外との貿易や物流を担う会社の社内SEならば、その場で業務ツールだけでなくハードウェア故障箇所診断まで出来るので、今までの経験が活かせるということでした。
実際、そのコーディネータの方の狙い通りに、転職先を決めることが出来たのです。
とても幸運でしたし、ワークポートのコーディネータの方には感謝しました。

(ラホールさん/40歳/男性/社内SE)

こちらは、多くの求人を紹介されて助かった、という方のケースになります。

ラホールさんのように「業界・業種」が絞られている状況での求人紹介は、転職活動を進めていくうえで大きな手助けとなるはずです。

一方で、まだ明確には選択肢を絞り切れていない方にとっては、「多くの求人を紹介される」といったワークポートの方針が肌に合わない、という方もいるかもしれません。

こうした転職コンシェルジュとの不一致を感じた場合、「求人紹介を抑えてほしい」と依頼するか、担当の変更を依頼してみるとよいでしょう。

また、IT業界で転職先をお探しの場合、マイナビエージェントITレバテックキャリアといったエージェントも、対応の丁寧さに定評があるため、併用することもおすすめします。

おすすめその3)サービス登録後のユーザーページの機能が秀逸!転職の雑多なスケジュール管理も解決

ワークポートをご利用された転職者の方の評価・評判で、その他多いのが、「eコンシェルがとても便利」ということです。「eコンシェル」とは、PC、スマホ上で管理できるスケジュール管理システムで、転職者の方の活動スケジュールを一括で管理できる多機能ツールです。

ワークポートの「eコンシェル」の画面。「面接スケジュール管理機能」や「応募求人管理機能」も搭載

例えば面接日程であったり、応募求人の進捗状況、その他条件に合う最新の求人情報の自動照会、担当の転職コンシェルジュとのメッセージ送受信など、転職活動中のやり取りや情報キャッチアップがこの「eコンシェル」ひとつで一元管理できるのです。

転職活動を行われる多くの人は、在職期間中から活動を開始しています。その際はなかなか転職活動のスケジュール管理がおざなりになってしまうもの。そう言った際にこの「eコンシェル」が、大きく価値を発揮してくれる、ということですね。

WORKPORT(ワークポート)はこんな方におすすめ。IT、Web、ゲーム業界への転職に興味のある方、業界の情報をキャッチアップしながら転職活動をしたい方。IT業界未経験で、いきなり応募する自信がない…という方。転職エージェントからのサポートをしっかり受けながら、転職活動を進めたい方。忙しくて、転職活動時の日程管理や、準備のスケジュールに「ちょっと自信がない…」という方。

※ご利用には1分程度の会員登録・個人情報入力が必要です。





ここまでWORKPORTの特徴を見てきましたが、「本当に自分に合った求人を紹介してもらえるの?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、申し込み前に気になる疑問を、実際にWORKPORTを利用された方にアンケート方式で確認しました。



ワークポートを実際に活用された、転職者の評判・体験談

WORKPORT(ワークポート)を利用してどうでしたか?
 

『みんなの転職「体験談」。』に実際に届いた「ワークポートってどうなの?」という2つの質問を利用者の方にお聞きしました。それぞれ回答をピックアップしてみましょう。

Q1)ワークポートはどれくらい親身にサポートしてくれましたか?

  • WEB系、IT系の求人情報が多く、たくさんある中から選択できた。
  • キャリアコンサルタントの方で興味ある企業の詳細情報(社風や職場の雰囲気等)を教えてもらえた。
  • スピード感のある対応。短期間で転職先が決まるよう進めていってくれた。
  • ワークポートのユーザーページの「eコンシェル」がとても使いやすかった。

Q2)ワークポートの対応で、不満だった点はありますか?

  • キャリアコンサルタントが合わなかった。当たり外れがありそう。
  • 転職を急かされているように感じた。もっとじっくりサポートしてほしかった。
  • (たまたま自分の当たったのがそうだったのかもしれないが、)キャリアコンサルタントの品質が低かった。

ワークポートの評価・評判コメントで多く見られるのが、「キャリアコンサルタントの親身で適切なサポート」、そして「WEB、IT系の求人情報が非常に充実していた」といった評価・評判コメントです。
その他「eコンシェル」と言われるユーザーページの使い勝手の評価・評判コメントも散見されました。

半面、ワークポートの「求人をたくさん紹介する」という方針に対してのネガティブなコメントが多かったことも事実です。「必要に見合った求人だけを紹介してもらいたい」という方は、予防線として他の転職エージェントサービスを並行してご利用されると良いかもしれませんね。

※ご利用には1分程度の会員登録・個人情報入力が必要です。

キャリアアドバイザー宮野木 哲さん

30代 男性
某大手人材紹介会社のキャリアアドバイザー。毎月50~60名もの求職者との面談を行い、転職に関するアドバイス・サポートを行う。
「一人ひとりに寄り添う」をモットーとした熱意ある対応が転職者に好評。

宮野木
さん

ワークポートのキャリアコンサルタントは「未経験からの転職支援が得意」と言われています。たとえば、社会人としてのキャリアの浅い第二新卒や20代の転職にも向いています。

それから、ワークポートは地方展開も積極的で、東京本社ほか支店は仙台、埼玉、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡と、国内の人材紹介会社内でも有数の対応エリアの広さ。ですので、Uターン転職やIターン転職にも向いています。

もちろん、強みであるIT転職・Web転職の知見・実績も蓄積されているので、上記とそのあたりの組み合わせで転職活動される人にも良いでしょう。

あと、「IT・Web未経験でも歓迎してくれる」という声もよく聞きますね。実際、「未経験からの求人」案件も非常に多いです。

ワークポートと併せて利用すると効果的な転職サービス

転職活動を、効果的・効率的に進めていくために…複数の転職サービスを活用する!男性「セカンド・オピニオンがあるとより信頼・安心感が持てますよね。」女性「コンサルタントとの相性も大切です!」
 

「エンジニアとしてキャリアアップしたい!」という方は、「ワークポート&「レバテックキャリア」で!

サービス名 レバテックキャリア
特徴 IT・Web系のエンジニア、クリエイター経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)

レバテックキャリアは、IT・Web業界経験者向けのサポートに特化した転職エージェントサービスです。

ITエンジニアを中心とした求人をおよそ4,000件以上保有しており、業界の中でもトップクラスを誇ります。

また、自身もITエンジニア経験のあるアドバイザーが多数在籍しており、応募書類添削や面接対策といった面で、業界経験者ならではの手厚いサポート・アドバイスを期待できます。

長い目で見た時に「エンジニアとしてキャリアアップしたい」と考えている方におすすめの転職サービスと言えるでしょう。

大手企業の求人や非公開の求人を見たいなら、「ワークポート」&「マイナビエージェントIT」で!

サービス名 マイナビエージェント(IT特化)
特徴 マイナビエージェントITは、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

マイナビエージェントITは、転職サイト大手であるマイナビが展開する、IT・Web向けに特化したサービスです。

元々マイナビ自体がIT・Web関連の企業とのパイプが強力だったため、それらの実績を活かした手厚いサポートが強みとなっています。

紹介先企業は、太いパイプならではの大手企業を始め、優良中小企業やベンチャー企業まで幅広く取り扱っています。

また、面接通過率が全体のおよそ7~8割と高いのも、多くの転職者に支持されている理由の一つです。

大手ならではの豊富な求人数、非公開求人に触れたい方におすすめです。

キャリアコンサルタントからの品質の高いサポートを受けたい方は、「ワークポート」&「GEEKLY(ギークリー)」で!

サービス名 GEEKLY(ギークリー)
特徴 ギークリーは、I​T​・W​E​B​・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス。大手を中心に非公開求人数は2​0​0​0​以上!
独占求人案件も多数扱っており、転職希望者のスキルや経験を元に、多角的に分析してのマッチングが人気です。
企業名 株式会社GEEKLY(ギークリー)(2011年8月)

IT・Web・ゲーム業界で転職を希望なら、GEEKLY(ギークリー)もおすすめです。

会社自体は2011年設立と若いですが、「紹介求人案件満足度部門」「カウンセリング・対応満足度部門」で1位を獲得するなど、高い評判を受けているエージェントサービスです。

ギークリーの転職コンサルタントは、そのほとんどがIT業界で3年以上のコンサルティングの実績を持っています。

変化の激しい業界のトレンドや、適正に合った求人の紹介などが期待できます。

業界知識を有するコンサルタントからの品質の高いサポートによって、よりスムーズな転職活動を行うことができるでしょう。

ワークポートの転職サービス 特徴・評判・メリット まとめ

 ここまでの、ワークポートの転職サービスにおける特徴、評判、メリットをまとめてみましょう。

  • IT、Web、ゲーム業界への転職に強く、業界のトレンド情報にも詳しい転職エージェント
  • 転職エージェントのサポート品質が高く、未経験者へのアドバイス&フォローも安心
  • 得意分野以外の業界でも求人数が多数、幅広い業種・職種での転職成功者の実績
  • Webサイトにて、「eコンシェル」による、機能性の高いスケジュール管理ツールを利用できる

IT、WEB系に特化した転職サービスは数多くあります。その中でワークポートの評判・人気が高まっているのは、同社のエージェントが業界初心者もしっかりサポートし、更には多くの優良求人情報を抱えているところが大きいでしょう。現在転職活動中の方、または「転職を検討し始めている…」という方で、まだ決め手となる転職エージェントが定まっていないという場合は、ワークポートを一度お試しされてみては、如何でしょうか?

※ご利用には1分程度の会員登録・個人情報入力が必要です。

この記事を書いた人

アーティエンス株式会社 メディア事業部

アーティエンス株式会社(メディア事業・研修事業を営む会社)所属。
メディア事業部では、「サービスに携わる人たちの、”心揺さぶる瞬間”を創出していくこと」をモットーに、企画・運用活動を行っています。

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.18
Loading...