『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

エンジニアはフリーランスになった方が得?正社員とフリーランスのメリット・デメリット、向いている人の特徴は?

[最終更新日]2021/06/18

エンジニアは正社員とフリーランスどっちがいいの?

フリーランスになり、自由に仕事をしたい」このような思いを持っている方も、多いのではないでしょうか。

ですが、何も知らないまま勢いだけでフリーランスになると、現実の厳しさに心が折れることもあるかもしれません。

正社員とフリーランスの特徴をしっかり把握し、あなたに合った働き方を選ぶことが重要です。

目次

1)フリーランスエンジニアを目指す際に、はじめに知っておくべきこと

フリーランスエンジニアを目指そうと思った際には、「フリーランスの現実・実態」を知ることが大変重要です。特に認識しておきたいポイントを、以下の4点にまとめました。

  • 仕事を自分で取りに行く「営業」も必要になることが多い
  • 契約書や請求書、そのほか確定申告の手続き等、事務作業が多く発生する
  • 常に知識・スキルのアップデートが求められる
  • 収入が不安定になるときは必ず訪れる。10年後、20年後までのライフプランを立てておく

いずれもフリーランスを理解する上で、欠かせないポイントです。それぞれについて、詳しく解説していきましょう。



仕事を自分で取りに行く「営業」も必要になることが多い

POINT1 仕事を自分で取りに行く必要がある(営業)

フリーランスエンジニアが会社員と異なる大きなポイントに、「あなたを指示する人がいない」点が挙げられます。

フリーランスは仕事を選べる代わりに、何もしなければ依頼自体もやってきません。そのため積極的に営業活動を行い、仕事を自ら取りに行く姿勢が欠かせません。

参考:フリーランスに従事している人の顧客獲得ルート(「IT人材白書2020」より)

顧客の獲得方法


出典 :「IT人材白書2020」 (調査年:2019年度)独立行政法人情報処理推進機構(IPA)社会基盤センター



上記図によると、多くのフリーランスは自ら直接営業するか、個人的なつながりにより案件を獲得しています。加えてクラウドソーシングやエージェント経由での依頼も一定数あります。

一度取引を始めた相手とずっと仕事を継続できればよいですが、なかなかそうもいかないものです。
安定的な売り上げを確保し続けるためには、以下の項目に沿った事業運営が重要です。

  • 特定の顧客に依存し過ぎないよう工夫する
  • 顧客との良好な関係性を構築し維持する
  • より良い条件の案件を獲得するよう努める

そもそも「現状維持はすなわち後退」という言葉は、企業経営だけでなくフリーランスにもあてはまります。「いつもの顧客」に安住することなく新規開拓に努め、自身の価値上昇に努めることが重要です。



契約書や請求書の作成、そのほか確定申告の手続き等、事務作業が多く発生する

POINT2 事務作業が多く発生する

事業を進める上で、事務作業は欠かせません。一例として、以下の手続きが挙げられます。

  • 契約書や請求書の作成
  • 日々の経理や決算業務
  • 資金繰り

会社員の場合、これらの業務は会社がすべて行ってくれます。
一方でフリーランスの場合は通常業務をこなしつつ、上記の業務もご自身で行わなければなりません。
このため法務や経理に関する一定の知識が求められます。

経理ソフトを使った伝票入力や青色申告決算書の作成、キャッシュフローの理解などが必要です。

またフリーランスは年末調整の手続きがない代わりに、所得税の確定申告が必須です。売上が1,000万円を超える場合は、消費税の確定申告も行わなければなりません。
確定申告書の作成を税理士に依頼して時間を節約することはできますが、代わりに10万円以上の支出を想定する必要があります。

このようにフリーランスは、事務作業も多く発生することを理解しておきましょう。

参考:
国税庁「No.6501 納税義務の免除
freee「税理士に確定申告などを依頼した場合、費用相場はどのくらい?
税理士ドットコム「確定申告の税理士費用 – 丸投げしたときの料金相場と5つのメリット





常に知識・スキルのアップデートが求められる

POINT3 知識・スキルのアップデートが常に求められる

フリーランスは小さくとも事業主として、常に競争にさらされています。
発注者が求めるものは、良質な仕事を期限内に行ってくれるかという点につきます。もちろん、年齢は考慮されません。

良い条件の仕事には、受注希望者が殺到します。その中で受注できる方は、依頼者から「スキルと実績がある」と判断される方でしょう。

フリーランスとして成功したいなら、スキルと実績を伸ばし、発注者から認めてもらわなければなりません。

少しでも良い条件の仕事を取るためには、常に知識やスキルのアップデートが重要です。
業界動向をウォッチし、案件が伸びそうな技術を先んじてマスターすると、有利な立場に立てる可能性が高まります。

また、フリーランスになりたての頃は少々割に合わない仕事でも受注し、実績の積み上げを優先することも1つの方法です。



収入が不安定になるときは必ず訪れる。10年後、20年後までのライフプランを立てておく

POINT4 10年後、20年後までライフプランを立てる

フリーランスは、もともと収入が保障されている職業ではありません。
そのためどれだけ努力しても、収入が不安定になる時期は必ず訪れます。一方で人生には以下のとおり、さまざまなライフイベントがあります。

  • 結婚や子育て、教育費用の捻出
  • 不動産の購入
  • 親などの介護や葬儀
  • 自分自身や家族の病気やけが
  • 災害による不意の支出
  • 老後の年金生活

もし収入が大きく下がっても、上記に挙げるライフイベントに対して適切に対応することが求められます。
社会人以上に資金計画を立てるとともに、老後資金やいざというときの資金を用意することが必要です。

フリーランスは以下のとおり、さまざまな制度を活用して準備を行うことが可能です。

  • 国民年金基金
  • 個人型確定拠出年金
  • 小規模企業共済
  • 所得補償保険

収入さえ確保できれば、あなたに合った備えを行いやすいことはフリーランスの利点でもあります。
万が一に備え、できるだけ多くの金額を準備しておくとよいでしょう。



2)正社員とフリーランス、それぞれのメリット・デメリット

正社員とフリーランスには、それぞれメリットとデメリットがあります。

最終的にどちらかを選ぶとしても、両方の特徴を知った上で選ぶことはあなたの将来に役立ちます。各々の働き方について、詳しく解説していきましょう。





正社員のメリット・デメリット

正社員のメリット・デメリット
メリット ・安定した給与を受け取れる。賞与を受け取れる企業も多い
・社会的な信用が高い。機密情報に関わるプロジェクトにも入りやすい
・仕事で失敗しても、会社が損害をカバーしてくれる
デメリット ・就業規則に従う必要があり、仕事や働き方を自分で選べない
・年収がなかなかアップしない
・ずっと第一線で活躍し続けることは難しい

正社員の特徴は、業務命令によって仕事を行うという不自由さが大きなポイントです。
働き方も担当するプロジェクトも、そして役職まで、会社の意に反するわけにはいきません。いくら現場へのこだわりを持っていても、管理職となる辞令が下れば現場を離れざるを得ないわけです。

もっともこのことには、メリットもあります。
毎月の基本給が約束され、賞与を受け取れる企業も少なくありません。

フリーランスではなかなか入れない、機密情報に関するプロジェクトにアサインされやすいことも特徴として挙げられますが、万が一仕事で失敗しても、故意や重過失がなければ損害を請求されることは殆どないでしょう。

加えて正社員として勤続し続けることで、クレジットカードやローンを組みやすくなることもメリットに挙げられます。



フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのメリット・デメリット
メリット ・仕事や働き方を自分で選べる。在宅ワークが可能な場合もある
・スキルがあれば、高い報酬の仕事を獲得可能
・第一線のエンジニアとして、スキルを発揮し続けることが可能
デメリット ・収入を安定させることが難しい
・取引先に損害を与えた場合は、自ら賠償しなければならないリスクがある
・会社員よりも社会的な信用が低くなりがち

フリーランスの特徴は、「自由」という言葉が最も大きなポイントです。

発注先の企業は、納期通りに仕事をしてもらえばよいわけですから、会社員のようにうるさく言われません。スキルがあれば高い報酬の案件を受注し、嫌な案件は断ることもできます。

在宅ワークが可能な案件も多いです。また出世により現場を離れることもないため、いつまでも第一線の現場で活躍し続けることが可能です。

一方で仕事をする上での責任がすべて降りかかることは、重要なデメリットです。
収入も不安定になりがちなこと、社会的な信用が低くなってしまうこともデメリットに挙げられます。



3)正社員とフリーランス、どっちがおすすめ?向いている人は?

それでは、正社員とフリーランスはどちらが向いているのでしょうか。これは、個々の状況によって異なります。一般的には、以下の観点で選ぶことになるでしょう。

  • 安定性と人との関わり合いを求めるなら、正社員
  • 環境変化を楽しみ、自分なりの生き方を追求するなら、フリーランス

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。





安定性と人との関わり合いを求めるなら、正社員

安定性と人との関わり合いを求めるなら正社員

正社員は仕事の安定と、人との関わり合いを得られることがポイントです。
毎月給料が入ってくることは、大きなメリットでしょう。また同僚との会話や職場での勉強会などにも参加可能なことも、正社員であるからこその恩恵といえます。

困ったときでも同僚や上司からアドバイスを得られるため、孤独感を感じることもありません。
正社員の方の中には、ふんだんに行われるランチや飲み会を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

加えて新入社員や部下への教育など、スキルアップを図れる機会が与えられることもメリットです。

また案件のなかには、企業にしか発注しない場合もあります。機密情報に関わるセンシティブな仕事や、大きな仕事に携われることも、正社員のメリットに挙げられます。





環境変化を楽しみ、自分なりの生き方を追求するなら、フリーランス

自分なりの生き方を追求するならフリーランス

一方でフリーランスは、ご自身のライフスタイルを活かせることがポイントです。
仕事さえできればよいわけですから、顧客先に常駐しないプロジェクトを選ぶことも可能です。スキルさえあれば以下の働き方を選ぶこともでき、仕事と家庭、趣味を両立させることもできます。

  • 田舎暮らしや、ノマドワーカーとして働く
  • 子どもや老いた親の面倒を見ながら仕事をする

面倒な人間関係に悩まされずに済むことも、大きなメリットでしょう。
良い関係性を築ける方たちを選び、自由な働き方ができることも見逃せないポイントです。
無理に仕事を押し付けられることもないため、自分なりの生き方を追求できるでしょう。





4)「副業」として、正社員しながらのフリーランスで試すのもひとつの手

まずは「副業」として試してみるのもアリ!

ここまでの解説で、フリーランスに魅力を感じた方も多いのではないでしょうか。
一方で正社員の身分を捨てて、いきなりフリーランスの道を歩むことには不安を感じる方も多いと思います。

もし事情が許せば「副業」として、正社員をしながらフリーランスを試すことも1つの方法です。最初からフリーランス一本に絞ることと比べて、以下のメリットがあります。

  • 安定した収入があるため、条件の悪い仕事は引き受けない余裕が生まれる
  • フリーランスで得たスキルを、会社での仕事に活かせる
  • 給与や賞与を、フリーランス事業の立ち上げに投入できる
  • クレジットカードやローンを組む際の信用度が高い

但し、以下の点には注意が必要です。

  • お勤めの会社で、兼業が禁止されていないか
  • 副業に関する収入は、確定申告が必須(所得税だけでなく、住民税などもアップする)

特に「副業が軌道に乗らないうちに、会社から就業規則違反で処分を受ける」といった事態にならないよう、お勤めの会社のルールは必ず確認しておきましょう。「ばれなければよい」という考えはリスクが高いです。



5)迷った人も、決心のついた人も、いちどエージェントに話を聞いてみよう

ここまでの内容で、フリーランスとしてのエンジニアを目指すか、正社員を続けつつ副業としてフリーランス案件を続けようか、考えを一歩進められた方もいるでしょう。

また、「まだどうしようか判断が付かない」という方も含め、いちどエージェントのキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

現在、フリーランスとして活躍するエンジニアは非常に多くいます。周りにそういった友人・知人がいる方はその人に訊いてみるのも手ですが、なるべく多くの意見やアドバイスを受けたほうが安心でしょう。

多くのフリーランサーへの案件紹介やキャリア相談対応をしたキャリアアドバイザーからのアドバイスや見解を聞ける機会も、是非とも持っておきたいところです。



「フリーランスエンジニアとしての働き方、仕事内容についてまず知りたい」人は、このエージェント

フリーランスとしての働き方、仕事内容についてまず知りたい

最近では、フリーランスエンジニア向けに案件の紹介を行う「フリーランスエージェント」サービスが増えてきています。

「まずは話を聞きたい」というような、キャリア相談の形で利用することも可能で、特に以下のサービスは利用者も多く、好意的な評判を聞くことも多いです。

どれも無料で利用することができますが、サービス毎に特徴がありますので、「自分に合いそう」と思ったものから登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

レバテックフリーランス
  • フリーランス案件数が非常に多く、取引社数も豊富
  • 商談の調整や交渉、契約の手続きなどの事務作業をサポートしてくれる
  • 案件企業エリア:東京(関東)・大阪(関西)・愛知・福岡

Midworks
  • 「完全在宅」・「週●勤務」等、多様な働き方に対応した案件がある
    • 福利厚生や保険、税務面のサポートが手厚いという評判が多い
    • 案件企業エリア:主に東京(関東)

    PE-BANK
    • 確定申告のサポートや資格取得支援などのサポートがある
    • 国内の拠点が多く、地方案件を探しやすい。また、アドバイザーとの対面相談も受けやすい。
    • 案件企業エリア:東京・北海道・宮城・神奈川・愛知・京都・大阪・岡山・広島・福岡




    「エンジニア正社員として、より良い待遇・環境について気になる」人は、このエージェント

    エンジニア正社員として、より良い待遇・環境について気になる人

    フリーランスへの模索だけでなく、「正社員としての、より良い待遇・環境」も求めているという方は、以下エンジニアの転職支援に特化した転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

    最近では、「副業可」、「在宅勤務OK」とする企業も増えてきています。正社員として働きながら、あなたの望むライフスタイルを実現できる職場を見つけられるかもしれません。

    サービス名 特徴

    マイナビIT AGENT
    • 業界の最新情報を熟知した専門のアドバイザーによる適切な支援
    • 福利厚生や待遇面で充実した優良企業とのパイプが太く、求人提案の質が高い
    • サポート対象地域:東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・愛知・静岡・北海道・福岡

    レバテックキャリア
    • エンジニア実務経験のあるアドバイザーからのキャリア相談を受けられる
    • アドバイザーが求人企業の情報に精通している為、転職支援時の書類添削、面接対策のサポート品質が高い
    • サポート対象地域:東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・福岡

    WORKPORT
    • ITエンジニア、Webクリエイター(プロデューサ、ディレクター、プランナー)への転職支援に強い
    • 未経験職種・業種への転職支援に強く、積極的な求人提案を受けられる
    • サポート対象地域:全国




    まとめ)フリーランスに興味がある方は、まずエージェントと話してみよう

    転職エージェントイメージ

    ここまで解説したとおり、フリーランスは会社員と大きく異なる働き方です。

    特徴をしっかり把握した上で興味を持った方でも、いきなり会社を退職しフリーランス一本に絞ることはおすすめできません。

    まずはエージェントと話を行い、フリーランスのリアルを知るとよいでしょう。副業として試すことも、よい方法の1つです。

    フリーランスは大変な仕事ですが、その特徴をうまく活かすことで、自由な働き方と正社員では得られない経験を得ることができます。
    働く際のコツを知るためにも1人で悩まず、エージェントなどの専門家に相談してから決めることをおすすめします。



    参考文献

    【仕事を自分で取りに行く「営業」も必要になることが多い】

    LIG「フリーランスエンジニアの現実は正社員より厳しい?その実態やメリット・デメリットを教えます!

    【契約書や請求書の作成、そのほか確定申告の手続き等、事務作業が多く発生する】

    国税庁「No.6501 納税義務の免除
    freee「税理士に確定申告などを依頼した場合、費用相場はどのくらい?
    税理士ドットコム「確定申告の税理士費用 – 丸投げしたときの料金相場と5つのメリット

    【常に知識・スキルのアップデートが求められる】

    LIG「フリーランスエンジニアの現実は正社員より厳しい?その実態やメリット・デメリットを教えます!

    【収入が不安定になるときは必ず訪れる。10年後、20年後までのライフプランを立てておく】

    PE-BANK「フリーランスが考えるべき長期的な人生設計
    エニィクルー「フリーランスにつきまとう3つの不安と解消法や向き合い方
    あいおいニッセイ同和損保「所得補償保険

    【2)正社員とフリーランス、それぞれのメリット・デメリット】

    LIG「フリーランスエンジニアの現実は正社員より厳しい?その実態やメリット・デメリットを教えます!

    【4)「副業」として、正社員しながらのフリーランスで試すのもひとつの手】

    Taro Moteki「【疑問】フリーランスと会社員はどっちが良い?結論:兼業が最適です
    新生銀行「フリーランスの方が住宅ローンを申し込むにあたって知っておきたいこと
    freee「副業禁止のルールは絶対?副業禁止の会社でもできることとは



    <>