『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

20代・第二新卒の転職で成功するための大切なポイント3つ

[最終更新日]2018/10/18


93
20代の転職は、慎重に、かつ入念な準備を。

新卒から何年か働いてきて、初めて「転職」を意識し始めている人にとって、「仕事を変わること」「会社を辞めること」は決して低いハードルではないでしょう。
このまま続けるべきか、転職に踏み切るべきか、迷うところも多いはずです。

この記事では、20代で初めて転職しようと考えている人が転職成功率を高めるためのポイントを紹介しています。

目次

1)「今転職しても大丈夫?」20代はタイミングに悩みやすい時期

企業から評価されやすいのは新卒3~4年目での転職

20代で転職しようとする場合、年齢と勤続年数によって応募先の企業が見る目が少しずつ変わっていきます。

もちろん企業によって求める人材像は違いますので、一概にどの年齢・勤続年数が最適とは言い切れないところがありますが、ここでは一般的な傾向を挙げてみます。

多くの場合、中途採用募集をしている企業は応募者の勤続年数を次のように見ています。

  • 勤続年数が短すぎる(1年未満)→我慢が足りない、またすぐに辞めそう
  • 勤続年数がやや長い(5年以上)→今の勤務先の「色」が付いていて扱いづらそう

つまり、「勤続年数が短すぎるのも良くないが、長くなってくると若年層を採用するメリットが薄れてくる」といった傾向があるのです。

一般的に、若年層の中途採用で最も評価が高くなりやすいのは、1社目の勤続年数が3〜4年程度の人材です。

1つの会社に勤めてきた期間が短すぎず、かといって染まり切ってもいない年次という点で、高評価になりやすいのです。



異業種に転職できる可能性が最も高いのは「20代の今」

20代で転職すべきかどうか迷っている人の中で、特に転職を積極的に考えたほうがいいのは、次のような人です。

  • 新卒で入社した会社の業種が自分に合っているか疑問に感じている
  • もっとやりたいことが出てきたので職種を変えたい
  • 就活がうまくいかず、不本意ながら今の会社に入ることにした

こうした人の場合、異業種への転職を検討してもいい状況にあると言えます。

ただし、異業種への転職はいつでも可能かと言うと、決してそうではありません。

30代以降になると、企業側は一定以上の経験や実績を求めるようになりますので、全くの未経験業種への転職は不可能ではないものの難しくなってくるのが実情です。

20代のうちであれば、経験のない業種であってもゼロから再出発できるチャンスがあります。

新卒で入社した会社や業種が自分に合わないと感じながら何十年と勤め続けていくよりは、業種ごと変更する転職を実現したほうが、長い目で見たとき良いキャリアプランが描ける可能性が高いはずです。



20代の転職回数は何回まで?

一般的には、転職回数を重ねるほど、採用時に不利になる傾向が見られます。そこには、企業側のどんな思惑があるのか。主に以下の3点が考えられます。

  • またすぐに辞めてしまうのではないか
  • 社会人として必要なスキルが見についていないのではないか
  • 人間関係を築けないタイプなのでは

このような懸念を、企業側に抱かれてしまいやすいのです。

エン・ジャパンによる調査では、20代の約8割が「転職回数0回~1回」という統計も出ています。
さらにこちらのグラフもご覧ください。

こちらはdodaの調べによる「転職回数と成功率」のグラフです。どの年代に関わらず、転職回数を重ねるごとに成功率が減少していくのが分かると思います。

このことから、今回が初めての転職の方は次の就職先を慎重に吟味していく必要があります。

「合わない会社だったら、また転職すればいいや」という心持ちで臨み、いざ2度目3度目の転職をしようと思い立った時、書類選考で落とされてしまったり、面接の際に「なぜこれだけ転職しているのか」という突っ込んだ質問をされたり、といった状況に陥ってしまいそうです。

しかし、すでに複数回転職を経験されており、今後も転職活動を検討している方の場合「転職をあきらめた方がいいのか」というと、必ずしもそうではありません。

たとえば面接の際に、今後の具体的なキャリアプランや、その企業で働くことのポジティブな感情をうまく伝えることができれば、そこまで企業側に否定的な印象は持たれないはずです。

このときに大切になってくるのが、これまでの職務経歴に「」があるかどうかです。
「営業として入社後、飲食店スタッフへ転職し、今回の面接に応募している」そんな状況では企業側も採用したいとは思わないでしょう。

しかしこれまでの経緯から「軸」を見いだせれば、それが打開策となります。

たとえば「これまでの営業、飲食店スタッフの経験から、多くの方と接してきた。そうした中で、多くの方に興味・関心を抱いていただけるようなコンテンツ作りに関わっていきたい」、といったように、これまでの経歴が、応募先の企業で必ず活かせるということを説得力をもって説明できれば、企業側も今後の活躍を願って採用を決めてくれる可能性も十分にあり得ます。

以上のことを踏まえたうえでご自身のキャリアプランを明確にしつつ、転職活動に臨んでみましょう。



2)転職を成功させるには「企業が20代に求めるもの」を知ることが重要

20代の転職では勤続3〜4年程度の人が最も評価されやすいのは前述の通りです。では、それ以外の年次の人は採用される可能性がないかと言うと、そうではありません。

20代の中でも、年次によって企業が中途採用者に求めるものは大きく異なります。

自分の年齢層であれば何が求められているのかを理解し、特にその部分をアピールすることで採用される可能性を高めることができるのです。

20代前半・半ば・後半に求められることを、それぞれ見ていきましょう。



20代前半・第二新卒に一番に求められるのは「社会人マナー」と「熱意」

20代前半の人材は「第二新卒」と呼ばれることもあります。

この年代の人材は、名刺の渡し方やビジネスメールの書き方といった基本的なビジネスマナーが一通り身についており、社会人としての基礎ができていると企業の採用担当者は見ています。

つまり、ゼロの状態からマナー研修などを実施しなくても、社会人としての振る舞いができると考えられているのです。

また、新卒と同じように仕事に熱意を持ち、何に対しても興味を持って積極的に取り組める年代と見られている面もあります。

裏を返せば、スキルそのものはそれほど求められておらず、入社してから覚えていってもらえればいいと思ってもらえます。第二新卒のうちは異業種への転職が比較的しやすいのはこのためです。



20代半ば頃からは自律性が強く求められ始める

20代半ば頃になると、徐々に第二新卒+αのスキルが求められるようになっていきます。

単に積極的というだけでなく、自ら考えて動くことができるといったように、自律性が強く求められるようになるのです。

たとえば、指示された通りに仕事を進め、うまくいかなかった点を認めて次に生かしていく、といった素直さが新卒や第二新卒に求められるとしたら、20代半ばの人材はさらに「自分なりに仕事を再解釈し、スケジュールや改善方法を自分で考案・実行・検証・情報共有できる」といった力が求められ始めます。

面接の場においても、これまでの仕事で工夫してきたことや、うまくいかなかったときに乗り越えた方法について、自分の言葉で話せるようにしておくことが大切です。



20代後半は「身につけた能力」や「新人指導の経験」もアピールポイントに

20代後半になると、具体的な実務経験が求められるようになり、徐々に即戦力としての活躍が期待され始めます。

また、自分の経験をもとに後輩を指導するなど、リーダー的なポジションでの活躍が求められ始めるのもこの頃です。

異業種へ転職する場合も、20代半ば頃までであれば「仕事をする上で工夫した点」を評価されやすいのに対して、20代後半からは「工夫したことでどのような成果を挙げたか」「実績はどうであるか」が少しずつ評価を左右し始めます。

職種や業種が変わっても発揮できそうな論理的思考力を持ち、それによって実績につなげられそうだと見てもらうことができれば、採用につながる可能性が高まることでしょう。

また、必須ではありませんが、後輩のOJT担当やチームリーダーといった人材育成に関わる経験があれば、転職時により有利に働くことがあります。



3)20代後半女性の転職事情

20代女性は男性に比べて転職が難しい?

20代女性の転職活動は、男性同様「企業への意欲」「これまでの経験」を重視されることはもちろんですが、その他にも「結婚・出産後の進退」に関しても企業側は知りたいと思っています。

なぜなら、女性の結婚・出産は30歳前後に多く、それを機に退職されてしまった場合、企業側は再度採用活動を始めなければいけなくなるためです。

そのような背景がどうしてもあるので、20代後半の女性の場合、企業によっては積極的に採用を行わないケースも考えられます。

そこで大切になってくるポイントが、「結婚・出産後もその会社で働き続ける意思があるかどうか」を明確にアピールできることです。

ただやる気を押し出すのみでは企業側に伝わらない恐れがありますので、具体例などを交え話してみましょう。
たとえば「出産後は保育園に入れ、時短で復帰したいと考えている」「近くに両親が住んでいるため、いざという時は子守を頼むことも可能」といった内容を伝えると、企業側も納得してくれるでしょう。

とはいえ、結婚や出産といった事柄はプライベートな内容になるので、面接時に企業側から尋ねてくる可能性は低いと言えます。

「あなたの結婚・出産後の進退」を懸念している企業側の不安を取り除けるように、職務経歴書や面接時に、自分から「働き続ける意思」があることをアピールしてみましょう。



結婚・出産にともなう福利厚生が充実している会社か要チェック

転職活動に伴い、誰でもいくつかの希望条件があるかと思います。
大手企業に勤めたいのか。ベンチャー企業に勤めたいのか。

女性の方はさらにそこに「結婚・出産後の福利厚生が整っている会社かどうか」を加味して、企業選びを検討することをお勧めします。

働き方改革の推進により、大手企業では結婚・出産に伴う時短勤務やいざという時のサポート体制が整っている企業も増えてまいりました。

しかし一概に「大手企業だからサポート体制も安心」とも言い切れません。

たとえば大手企業の場合、産休・育休後に職場復帰した際に、なかなか昇給が見込めなかったり部署異動を余儀なくされるといったケースも存在します。

一方でベンチャー企業の場合、産休・育休の実績自体が少なく、実際に取得できるかどうかは応募時点では分かりにくい部分があるのは事実です。

しかし取得が可能な会社の場合、大手企業に比べ「急な子供の体調不良」といったトラブルにも融通が利きやすく(時短勤務や在宅勤務など)、今後のキャリアへの影響もさほど気にする必要がないのがメリットです。

以上のことを踏まえ、企業の福利厚生面において、このような点を注視してみると良いかもしれません。

  • 時短勤務が許されている会社
  • 出張や残業が極力ない会社
  • 女性の育休・産休取得実績が豊富で、かつ女性社員の割合の高い会社

4)転職活動の成功率を上げる3つのポイント

20代の人が初めての転職にチャレンジする場合、「とりあえずどこかの企業に応募してみる」といった行き当たりばったりの進め方ではなく、しっかりと計画性を持って進めることが重要です。

その際、これだけは気をつけておきたいというポイントがいくつかあります。

ここでは、中でも特に注意しておきたいポイントを3つ挙げています。
転職活動を始めてから失敗に気づいて慌てることのないよう、これらのポイントを押さえておきましょう。

転職活動は仕事を続けながら行う

転職活動が初めての人の中には、「転職=退職してから考えるもの」といった先入観を持っている人がいます。

たとえばハローワークは、退職して失業していることを前提とした仕組みになっているため、仕事を続けながら利用することは難しいのが実情です。

しかし、今は転職サイトが多数ありますので、スマートフォンから転職サイトへ会員登録したり、隙間時間に求人を検索したりといったことができるようになっています。在職中であっても転職活動が可能になっているのは、こうした背景があってのことなのです。

在職のまま転職活動を進めることで、「三次面接まで実施される企業だった」「面接結果を通知されるまでに時間がかかった」といった事情で選考期間が長引いたとしても、焦ることなくじっくり転職活動を進めやすくなります。

また、不採用が続くなど思うように転職活動が進まない場合でも、在職中であれば収入が途絶える心配がありませんので、慌てることなく次の選考に向けて準備することができます。

転職活動は「在職のまま」進める。これが鉄則です。



「転職の理由」「将来のキャリアプラン」を明確に伝えられるようにする

面接の場で転職理由を聞かれた際、「なぜ今の勤務先を辞めたいか」「どういう点を不満に感じているか」という「退職検討理由」を詳しく説明し始める人がいますが、多くの場合、採用担当者が知りたいと思っているのはそういうことではありません。

むしろ、ネガティブな理由で退職したがっているという印象を与えるのは逆効果になりかねないのです。

応募書類や面接では、なぜ今の仕事を辞めようとしているのか、自分に足りないものや反省点を客観的に伝えましょう。

その上で、将来的にキャリアプランをどうしていきたいのか、どのように努力していくつもりなのかを具体的に伝えます。

この過程で、熱意をアピールするのと同時に自分自身を冷静に客観視しているという印象を与えることができれば、選考にプラスに働く可能性が高まるでしょう。

新卒で就職活動をした際、自己分析をしたことがある人が多いはずですが、転職活動においても事前に自己分析をしておくことは極めて重要です。

中途採用の場合は既に職務経歴がありますので、今の仕事で得た経験や反省点を客観的に分析し、振り返っておくようにしましょう。



転職エージェントを活用する

20代の人が初めて転職活動をする場合、独力で内定獲得を目指すのはあまりお薦めできません。

ひと昔前と比べて人材の流動性が高まり、キャリアアップなど前向きな理由で転職を検討する人も増えつつあります。

特に20代のうちに異業種へのジョブチェンジも含めた積極的な転職にチャレンジする人が多くなっており、転職市場は活況です。

こうした状況下では、人気のある企業や良い条件の求人に応募者が殺到する傾向があります。

そこで、企業は求人を一般公開するのではなく、転職エージェントの非公開求人を利用して人材募集を進めるなど、工夫を凝らしているものです。

つまり、多くの人が応募したいと考える好条件の求人ほど、表に出てこないという事情があるのです。

ちなみに、非公開求人を紹介してもらうには、転職エージェントに登録しキャリアアドバイザーとの面談を終えておく必要があります。

20代の人が転職の成功率を高めたいと真剣に考えているのであれば、転職エージェントへの登録を強くお薦めします。



5)20代の転職で利用したい、お薦めの転職サービス

転職エージェントは、各社で得意とする分野やターゲットが異なります。

転職エージェントには総合型転職エージェントと業種や対象を絞った特化型転職エージェントがあり、近年は特に特化型転職エージェントが増えつつあります。

次に挙げるのは、20代の方の転職を専門に扱っている転職エージェントです。

対象が20代の方という以外にも、各社で強みや特徴が異なりますので、自分が思い描くキャリアプランや希望条件に最も適した転職エージェントを選び、2〜3社に登録しておくことをお薦めします。



自己分析ができるか不安な方は、マイナビジョブ20’sがお薦め

マイナビジョブ20’sは20代の転職希望者を専門とする転職エージェントです。

一般的な転職エージェントでは登録後にキャリアアドバイザーと面談を行い、希望条件やキャリアプラン等を踏まえて求人を紹介してもらうという流れになります。

マイナビジョブ20’sでは登録後に「適性診断」をWeb上で受け、自身のパーソナリティを9つの側面から捉えた分析結果を見ることができます。

適性診断の結果は自己分析に役立つだけでなく、同じ結果をキャリアアドバイザーも参考にしながらキャリアカウンセリングを行うため、仕事に対する志向や性格的な特徴を踏まえたアドバイスをすることが可能になるのです。

自分のことを自分で分析するのは、実はなかなか難しい作業です。自己分析がしっかりできるか不安という人は、マイナビジョブ20’sに登録して適性診断を受けてみるといいでしょう。

サービス名 マイナビジョブ20’s
特徴 マイナビ唯一の20代専門サービス!マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みがあります。

適性診断からキャリアカウンセリング内定後の入社交渉の代行まで、転職活動の「始めから終わり」まで徹底サポートしてくれるサービススタンスが、多くの20代転職者から人気と評判を博しています。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

今の職場で勤続年数が短めの方は、ハタラクティブがお薦め

ハタラクティブは、第二新卒、既卒で就労経験のない方などに特化した超若手専門の転職エージェントです。

営業、エンジニア、事務系、IT、メーカー、不動産、サービスなどの幅広い職種で着実に採用実績を積み、その実績から取り扱い求人数も年々増加し、転職市場における立ち位置を確実に築いています。

また、当エージェントを利用した求職者からの「今まで経験したアルバイトや部活の話、性格を分析してピッタリの仕事を紹介してくれました」、や「担当さんと一緒に自己PRの練習した」といったコメントから、これまでの仕事経験にとどまらない本質的な求職者の人物特性を把握した求人紹介を行っていることが分かります。

また、「自己PR」のトレーニングや「面接対策」の実施をしたといった声も聞かれるなど、粘り強く若手求職者の転職支援をしてくれる転職エージェントであることが分かります。

サービス名 ハタラクティブ
特徴 ハタラクティブは、株式会社レバレジーズの運営する、20代に特化した就職・転職支援サービスです。
職歴がない方、正社員未経験の方含め、これまでの就職成功実績50,000人!若年専門のプロがパートナーとなって、就職・転職支援をサポートします。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)

基本的なビジネスマナーが身についているか不安な方は、JAICがお薦め

一般的な転職支援サービスでは、「面談」が終了した後に求人をエントリーし、面接という流れが基本となります。

ところが、JAICは「転職支援サービス」の説明会からスタートし、ビジネスマナーの研修会を10日間みっちり行ったのち、求人を紹介される点が異なります。

たとえて言うなら運転免許取得の合宿をまとめて行って、免許取得試験を受けるというものです。

本サービスの最大の良さは、「しっかりとマインドセットした状態で面接に集中できる」という点にあります。

入社後も研修で習ったことをしっかりと実践することで早期離職を防止する効果もあるようです。

利用者のコメントからも、自分自身を変えたいと思っていたタイミングで「きっかけを作ってくれた」、「私を変えてくれた」といった良い意味でのマインドセットを与えてくれたことに対し、感謝するコメントが数多くあります。

サービス名 JAIC(ジェイック)
特徴 JAICは、既卒・第二新卒・フリーターの方(29歳以下)に特化した就職支援サービス
これまでの転職支援で、既卒・第二新卒向けの転職成功率は80.3%!これまでの実績で培ったノウハウで、適切なサポートが期待できます。
企業名 株式会社ジェイック(1991年3月)

まとめ 20代の転職は企業からの注目度が高い!だからこそ入念な準備を!

20代の転職は、いまや空前の売り手市場と言われています。

人手不足に悩む業界が増えつつある中、やる気にあふれた若い人材は引っ張りだこの状態なのです。

20代の転職希望者は多くの企業から注目される存在ですので、チャンスが多い反面、入念な準備をしておかないとチャンスを不意にしてしまう恐れもあると言えます。

自身の人材価値を最大限にアピールし、希望条件に合った企業へ転職できるかどうかは、今後のキャリアプランにも大きく影響する人生の岐路となり得ます。

転職するからにはより良い条件のところへ行けるよう、注意しておくべきポイントをしっかりと押さえて転職活動を進めていきましょう。



良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.65
Loading...