『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

レバテッククリエイターはどんな人におすすめ? サービスの特徴や評判を紹介

[最終更新日]2021/06/15

Web・ゲーム業界のクリエイターフリーランス専門エージェント

フリーランスのクリエイターとして活躍したいと考えている方に向けて、レバテッククリエイターをご紹介します。

レバテッククリエイターが保有している案件は、高単価のものも多く、フリーランスとして年収をアップできたという方も多くいるようです。

目次

「レバテッククリエイター」ってどんな転職サービス?

対象エリア 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)、
関西(大阪)
求人数 約900件(※公式サイトより 2021年6月時点)
運営会社 レバテック株式会社




レバテッククリエイターの基本情報

レバテッククリエイターは、レバテック株式会社が運営するフリーランス専門エージェントです。
フリーランスの中でも、Web・ゲーム業界専門のクリエイターを専門として、案件の獲得をサポートしています

案件の対応地域は、多くは関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)となっており、一部大阪の案件もあります。

案件の種類は、職種別では以下のものがあります。

案件職種 公開案件数
Webデザイナー 65件
HTMLコーダー 29件
UI・UXデザイナー 107件
フロントエンドエンジニア 63件
2Dデザイナー 78件
キャラクターデザイナー 39件
イラストレーター 38件
アニメーター 22件
プロダクトデザイナー 5件
DTPデザイナー 8件
3Dデザイナー 171件
モーションデザイナー 62件
エフェクトデザイナー 62件
Webディレクター 65件
ゲームディレクター 43件
アートディレクター 31件
クリエイティブディレクター 19件
Webプロデューサー 1件
ゲームプロデューサー 5件
ゲームプランナー 131件
シナリオライター 28件
グラフィックデザイナー 242件
ゲームデバッカー 5件

引用元:レバテッククリエイター 公式サイト
※ 表内の案件数は2021年6月8日現在のものです。また、非公開案件は含まれていません。

上記表では、ゲーム関連のクリエイティブ業務案件が多く、特にデザイナーの案件が豊富にあることが確認できます。また、それぞれの案件は高単価のものが多く、これまでクラウドソーシングをメインに案件を探していた人は是非あわせてチェックしてみると良いでしょう。


実際にレバテッククリエイターに案件を募集している企業では、以下があります。

参画先企業例:DeNA、mixiなど大手IT企業多数

また、レバテッククリエイターは、案件を獲得するまでの商談の調整条件の交渉契約の手続きまで、全てを代行してくれます。

そのほか、フリーランスとして必要になってくる確定申告などの税務手続きもサポートしてくれるので、フリーランスとしての経験がない方でも安心してサービスを利用できます。




レバテックキャリアやレバテックフリーランスとの違いは?

レバテック株式会社は、IT・Webエンジニア向けのサービスとしてレバテッククリエイターの他にも「レバテックキャリア」と「レバテックフリーランス」の2つのサービスを展開しています。
この2つのサービスとレバテッククリエイターの違いを見ていきましょう。


レバテックキャリアとの大きな違いは、雇用形態にあります。

レバテッククリエイターはフリーランス向けにクリエイターの案件を扱っている。レバテックキャリアは、正社員や契約社員の求人を扱っている。
サービス名 レバテックキャリア
特徴 IT・Web系のエンジニア経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)


レバテッククリエイターが「フリーランスを専門としたエージェント」であるのに対して、レバテックキャリアは「正社員や契約社員などの求人を扱っている転職エージェント」です。

一方、レバテッククリエイターとレバテックフリーランスは両方ともフリーランス向けのサービスですが、大きな違いは「職種」にあります。

レバテッククリエイターはフリーランスのクリエイター向けに案件を扱っている。レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニア向けに案件を扱っている
サービス名 レバテックフリーランス
特徴 レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニアのための案件紹介に特化したマッチングサービスです。
分野としてとくに多いのはインフラエンジニアとサーバエンジニアで、言語別にみるとPHPの案件が豊富です。
フリーランス同士の技術勉強会イベントの開催や、各種英会話スクールの入会金が無料となる特典など、フリーランスが安心して働ける福利厚生も充実しています。
企業名 レバテック株式会社(2017年 8月 1日)

レバテッククリエイターの扱っている案件が、「クリエイター向け」であるのに対して、レバテックフリーランスの案件は「エンジニア」を対象としています。

ただし、レバテックフリーランスも一部デザイナーなどの職種を募集しています。したがって、フリーランスとしてクリエイターの仕事を探している方は、レバテッククリエイターとレバテックフリーランスの両方にと登録してみても良いかもしれません。





レバテッククリエイターをおすすめできる、3つのメリット

レバテッククリエイター3つのメリット。多数の高単価案件を保有しているWeb・ゲーム業界への専門性が高いコーディネーターによるサポートを受けられる。報酬の支払いが早いなど、フリーランスが働きやすい環境を整えている

レバテッククリエイターを活用するメリットは、以下の3つが挙げられるでしょう。

  • 多数の高単価案件を保有している
  • Web・ゲーム業界への専門性が高いコーディネーターによるサポートを受けられる
  • 報酬の支払いが早いなど、フリーランスが働きやすい環境を整えている



多数の高単価案件を保有している

レバテッククリエイターの案件は、他のフリーランスサービスに比べて単価が高い案件を多く扱っています

単価60万円以上で絞った案件数は、304件

引用元:レバテッククリエイター 公式サイト
※ 案件数は2021年6月8日現在のものです。

実際に、レバテッククリエイターの公式HPで案件を絞り込んでみたところ、60万円を超える単価の案件が300件を超えていました(2021年6月現在時点)。これは、案件全体の3割以上に当たる数です。


さらに、レバテッククリエイターはこうした公開求人だけでなく、非公開案件も多く扱っているので、レバテッククリエイターに登録すれば、高単価の案件も含めて紹介できる求人はさらに増えるということです。

サイトに掲載している案件はほんの一部です

引用元:レバテッククリエイター 公式サイト

もし、「最初から高単価の案件に挑戦するのは不安…」という方は、単価が低い案件から始めて、フリーランスとしての経験や自信を得てから高単価の案件に挑戦すると良いでしょう。
案件を紹介するコーディネーターにとっても、フリーランスとして十分な経験がある方には高単価の案件を紹介しやすくなるはずです。




Web・ゲーム業界への専門性が高いコーディネーターによるサポートを受けられる

案件を紹介していくにあたって、あなたのクリエイターとしての経験やスキル、経歴、希望などをヒアリングする必要があります。

レバテッククリエイターでは、このカウンセリングの質が高いと評判です

面談を担当するテクニカルカウンセラーはWeb・ゲーム業界に精通しているので、あなたのスキルや経験にぴったりの案件を紹介してくれます。
「自身のスキルで参画できる案件があるのか不安…」という方にも、それぞれのスキルに合った案件を提案してくれるので、気軽に相談ができます。

テクニカルカウンセラーのサポートは、こうした案件紹介にとどまらず、単価や参画日などの条件交渉も代わりに行ってくれます。

さらに、案件への参画後も現場での悩みなどについて相談できる機会を創ってくれます。特にフリーランスとして仕事を始めたばかりの方にとっては、案件が決まった後もサポートを受けられるのは心強いですよね。



報酬の支払いが早いなど、フリーランスが働きやすい環境を整えている

レバテックから参画するメリット。支払いサイト・税務サポート・ヘルスケア・参加者向け特典

引用元:レバテッククリエイター 公式サイト

レバテッククリエイターの支払いサイトは、当月末締め、翌月15日支払い」と、報酬額の確定から支払いまでが早いです。

支払いまでの日にちが15日というのは、他のフリーランスエージェントの中でも最短クラス。
会社員からフリーランスへと転向した方などは、案件が決まるまで時間がかかったりすることもあるので、収入がない期間が発生する場合もあるでしょう。

その点、報酬の支払いが早ければ、できるだけ収入がない期間を短くすることもできます。


またレバテッククリエイターの利用者は、人間ドックやスポーツジム、レストラン、映画館、旅行などを特別価格で利用することもできます。
企業でいう「福利厚生」のようなサービスが、フリーランスエージェントで利用できるには嬉しいですよね。





レバテッククリエイターのデメリット・注意点は──

レバテッククリエイター3つのデメリット。在宅・週3日などの案件が少ない。地方の案件が少ない。クリエイター経験が浅い人は案件が限られる

レバテッククリエイターのメリットについて理解したところで、デメリットについても押さえておきましょう。

以下、レバテッククリエイターのデメリットは3つがあげられます。

  • フレキシブルな働き方に対応した案件が少ない
  • 地方の案件が少ない
  • クリエイターとしての経験が浅い場合は、案件が限られる




フレキシブルな働き方に対応した案件が少ない

レバテッククリエイターでは、フレキシブルな働き方に対応した案件は少ないということがデメリットとしてあげられます。
現代では、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、在宅(リモート)ワークができる働き方が増えてきています。「より自由な働き方がしたい」と思い、フリーランスという働き方を選択したという方も多いのではないでしょうか。
しかし、レバテッククリエイターの案件は、基本的に「常駐式」のものが割合として多いです。

またレバテッククリエイターの案件は、週2~3日から稼働できるものが少ないという特徴もあります。
実際、全体の公開求人が約900件のうち、20件弱(2021年6月時点)しか週3稼働の求人はありません。

週3日から参画できる案件の数は18件

引用元:レバテッククリエイター 公式サイト
※ 案件数は2021年6月8日現在のものです。

したがって、副業やパラレルキャリアといった働き方を目指している方にとっては、レバテッククリエイターは向かないかもしれません


在宅ワークや週3日で働き方を実現させたいという方は、ランサーズやクラウドワークスといった、クラウドソーシングのサービスもあわせて検討するとよいでしょう。




地方の案件が少ない

レバテッククリエイターが対応している地域は、関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)のものが殆どです。

一部、 大阪の求人もありますが、かなり少数になっています。

大阪の案件は2件のみ

引用元:レバテッククリエイター 公式サイト
※ 案件数は2021年6月8日現在のものです。

ただしIT企業の多くが、首都圏を中心に拠点を構えていることが多いため、他のフリーランスエージェントでも地方案件は少ない傾向にあります。




クリエイターとしての経験が浅い場合は、案件が限られる

メリットでもご紹介したように、レバテッククリエイターは高単価の案件の多さに定評がある分、求められるレベルも高くなってきます。

そのため、クリエイターとしての経験が浅い方は参画できる案件が少なくなるでしょう。





レバテッククリエイターを実際に利用した方の評判・口コミ

「レバテッククリエイターを利用して良かった点」で多かった評判

  • 案件の提案から、参画後のフォローまで色々と相談に乗ってくれた
  • 単価アップの交渉をしてもらえた
  • フリーランスとしての年収が上がった
  • コーディネーターのWeb・ゲーム業界に対する知識が豊富



「レバテッククリエイターを利用して残念だった点」で多かった評判

  • 未経験には紹介される求人がない
  • 案件のほとんどが東京なので、参画できない
  • 週3で働ける求人がない

レバテッククリエイターを利用して良かった点として、「コーディネーターのサポート」があげられます。
案件参画前のフォローから、単価の条件交渉まで手厚くサポートしてくれるのが高評価に繋がっているようです。レバテッククリエイターを通して、「年収が上がった」という声も多く見受けられます。


一方で残念だった点として、「紹介される求人がない」「案件が東京ばかり」「週3で働ける求人がない」などの声も多くあがっていました。

レバテッククリエイターの総評としては、良くも悪くも「関東首都圏の、クリエイターの経験が豊富な方から高評価を受けやすいサービス」ということが言えるでしょう。





レバテックフリーランスはこんな方におすすめ

レバテッククリエイターおすすめの人。クリエイター経験豊富な人。年収をアップさせたい人。フルタイムで働きたい人。関東に住んでいる人。

レバテックフリーランスのサービスがおすすめな人

  • クリエイターとしての経験が豊富な人
  • フリーランスとしての年収をアップさせたい人
  • フリーランスとしてフルタイム(週5)で働きたい人
  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)に住んでいる人

レバテッククリエイターは、「クリエイター経験豊富な人」に向けたサービスです。

そのため、クリエイターとしての実務経験が長い人やスキルを持っている人には高単価の案件が紹介されるので、「年収を上げたい」という人におすすめです。
実際に、多くの方がレバテッククリエイターを利用して年収アップを実現させているようです。

また、レバテッククリエイターの扱っている案件は、フルタイムのものがほとんどなので、「週5で働きたい人」にも向いているサービスです。
ただし、その中でもレバテッククリエイターの案件は関東の企業を中心に扱っていて、かつ常駐型の案件がほとんどなので、通勤できる範囲に住んでいる人に限られるでしょう。





レバテッククリエイターとあわせて検討したい、フリーランスエージェント

レバテッククリエイターは、高単価の案件を紹介してもらえるなどが魅力のフリーランスエージェントですが、全てのクリエイターに向いているサービスとは言えません

レバテッククリエイターが合わなかったり、案件が紹介されなかった場合に備えて、複数のフリーランスエージェントを利用しておきましょう。



Midworks(ミッドワークス)

Midworks

ミッドワークスは、案件の豊富さや正社員の福利厚生に当たるような保証を用意している点など、フリーランスとして働きやすい環境をつくってくれるエージェントです。

大きな特徴として、「透明性」があげられます。
案件ごとの還元率が80%を超えており、単価も公開しています。つまり、ミッドワークスからフリーランスへ支払う報酬額だけでなく、クライアントがミッドワークスに発注した金額もフリーランスが知ることができるのです。

クリエイター向けに保有している案件としては、UI・UXデザイナーやWebディレクターなどがあげられます。
ただし、Midworksは非公開案件が80%を超えているので、非公開案件を紹介してほしいという方は登録してみると良いしょう。





Crowdtech(クラウドテック)

Crowdtech

クラウドテックは「案件の70%以上がリモートワーク可能」のフリーランスエージェントです。
週3日や週4日で働ける案件もそろえているので、フリーランスとして自由な働き方を実現しやすいエージェントと言えるでしょう。

クリエイター向けの案件も多く、WebデザイナーUI・UXデザイナー、CGデザイナー、イラストレーターなど、幅広く募集しています。

報酬支払いに関しても、レバテッククリエイターと同じく「当月末締め、翌月15日支払」と、業界最短の早さです。

このように、クラウドテックは保有している案件の幅も広く、働き方もフレキシブルな案件が多いのが特徴です。





レバテックフリーランスの特徴・メリット まとめ

  • 高単価案件を紹介してもらえる
  • コーディネーターからのサポートが手厚い
  • フリーランスが働きやすい制度が整っている
  • クリエイター経験豊富な人に向いているサービス
  • 対応エリアは関東中心

レバテッククリエイターは、デザイナーやライター、エンジニアで、「フリーランス一本でやっていきたい」という人におすすめのフリーランスエージェントです。
大手企業の案件も多いので、実績作りにも向いているでしょう。

経験者向けの案件が多いですが、これまでのあなたの経験を活かせる案件もあるかもしれません。
気になる方は、いちどコーディネーターに相談してみてください。





この記事を書いた人

スタジオテイル Webメディア事業部

これまで転職された500名以上の方の転職体験談と、現職キャリアアドバイザー・ヘッドハンターの方々からの情報をもとに、「これからの転職・キャリア」にまつわる良質な情報を随時提供していきます。

よかったら、シェアと評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く