『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職サイトと転職エージェント、「どう使い分ければよいの?」にお答えします!

[最終更新日]2017/10/06


40

近年、転職市場がとても活性しています。──つまり、それだけ転職活動者が沢山いる、ということですね。 と同時に、転職者を受け入れたいとする求人企業も多く存在しています。

ですが、求人情報が多くなると、今度はその中で自分に合う求人を探すのが大変になってきます。また、それだけ多くの求人情報を、私たちはどこから探してくるのが一番適切なのでしょうか

目次

1)転職活動では、求人情報を何の媒体で見るか──それが重要

ところで、皆さんは転職するときに求人情報を何で探していますか?

 転職の求人情報を探す際は「ハローワーク」、「転職専門雑誌」、「新聞の求人欄」、そして、インターネット上の「転職支援サービス」(転職サイトや転職エージェント)──様々な媒体が存在します。

それぞれの媒体のメリット・デメリットについて簡単にまとめてみましょう。

媒体の種類 お薦め度 メリット・特徴 デメリット
ハローワーク
  • 求人数が一定ある
  • 地方の求人も多い
  • 窓口の人に相談が出来る
  • 企業への仲介サポートは軽め
  • ハイクラス向け、高収入案件は少なめ
転職専門雑誌(地域版)
  • 住んでいる地域のローカル企業の求人が多い
  • 全体的に求人数が少ない
  • 職種、業種の偏りがあることがある
新聞(地域版)の求人欄
  • 住んでいる地域のローカル企業の求人が多い
  • 全体的に求人数が少ない
転職支援サービス(インターネット)
  • 求人情報が多い
  • インターネット上で求人企業とのやり取りを進められる
  • 企業との仲介サポートをしっかりやってくれる
  • 転職支援サービスによっては、地方の求人情報が手薄な場合も

「転職専門雑誌」や「新聞(地方版)の求人欄」は、地元の求人情報を参照するには良いツールと言えそうですが、求人情報のボリュームが少ないところがマイナスでしょう。また、ハローワークについては一定の求人数はあるものの、ハイクラス向け、高収入案件は少な目です

──ということで、転職の際に積極的に活用する求人媒体としては「インターネット上の転職支援サービス」が一番オススメです。地方での転職を目指す方は、転職支援サービスと併せてハローワークを活用していくと良いでしょう

転職支援サービスは、「転職サイト」と「転職エージェント」とふたつの形式がある。

さて、この「転職支援サービス」にはおおきく2つの形式が存在します。

ひとつはサイト上から数多くの求人情報探していく形式の「転職サイト」形式、そしてもうひとつは、転職活動者にコンサルタントのサポートが受けられる「転職エージェント」形式です。

どちらの形式もそれぞれ特徴、メリットがあります。続いては、転職サイト、転職エージェントそれぞれのサービスの特徴について見ていきましょう。

2)「転職サイト」の特徴とメリット、オススメの転職サイト紹介

転職サイトとは

「転職サイト」は求人情報のチェックから応募、面接の手続きまで、転職活動を自分自身で進めていくことを前提にした転職サービスです。
転職サイトを利用するメリットは、何と言っても「参照できる求人情報の多さ」。大手転職サイトの「リクナビNEXT」や「DODA」、「マイナビ転職」、「en転職」では常時全国1万前後の求人情報が掲載されています。

更にはどの転職サイトも「会員ページ」を用意し、登録した利用者様にオススメの求人情報が紹介されたり、企業からのスカウトメールが届くなどのサービスがあるのです。会員ページでは自身の転職活動の記録も出来たりと、アナログでの活動と比べて飛躍的に効率的に進められることでしょう。

▽転職サイトのイメージ(リクナビNEXT)

転職サイトのメリット

  • 参照できる求人情報数が多い
  • 会員登録すると、オススメの求人情報や企業からのスカウトメールが届くことがある
  • 求人情報の内容も豊富。企業の雰囲気や社員インタビューなどを確認できることも
  • PC、スマホから確認できるので、いつでも転職活動が出来る
  • 会員ページで自身の転職活動の進捗、スケジュールをチェックできる

オススメの転職サイト

1位リクナビNEXT(リクナビネクスト)

求人企業の多さは安定の国内No1!。転職を少しでも検討し始めたら、まずは登録して間違いのない、ブランド力、実績共に信頼できる転職サイト

2位DODA(デューダ)

全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位MIIDAS(ミーダス)

200万人の転職実績データから傾向を分析し、転職者の市場調査を確認できるという、株式会社インテリジェンスが運営する転職支援サービス。
「面接確約」のオファーメールが届くのも、他の転職サイトにはない嬉しいポイントです。

3)「転職エージェント」の特徴とメリット、オススメの転職エージェント紹介

転職エージェントとは

「転職エージェント」は転職支援者に対して専任のキャリアコンサルタント・キャリアアドバイザーが付き、オススメ求人情報の紹介から、応募書類作成のフォロー・チェック、面接対策のサポートまで幅広く転職活動のアドバイス、フォローをしてくれるサービスです。

転職エージェントを利用するメリットは、「転職に対するアドバイスやフォローを直接もらえること」です。転職活動中はどうしても孤独になりがちなもの。そんなときに親身に手助けしてくれるパートナーがいれば、とても心強いですよね。

更に転職エージェントでは、担当するキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが求人企業の採用担当との独自のパイプを持っていることもあり、面接後の後押しや年収交渉なども有利に進めてもらえることもあります。「一人で転職活動を進めていくのは心もとない…」という方は、是非とも活用したい転職サービスでしょう。

▽転職エージェントのイメージ(マイナビエージェント)

転職エージェントのメリット

  • キャリアコンサルタント、キャリアアドバイザーが、オススメ求人の紹介から応募書類作成・面接対策のフォローまで、幅広くサポートしてくれる
  • 今後のキャリアアップ、働き方についてのアドバイスを貰えることも
  • キャリアコンサルタント、キャリアアドバイザーが独自の求人情報の伝手を持っていることもある
  • 業界の専門情報や最新傾向などを提供してくれる
  • 面接日程であったり、年収交渉など、求人企業の間に入ってコミュニケーションを取ってくれる

オススメの転職エージェント

1位DODA(デューダ)

全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)

ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

3位ハタラクティブ

ハタラクティブは、株式会社レバレジーズの運営する、20代に特化した就職・転職支援サービスです。
職歴がない方、正社員未経験の方含め、これまでの就職成功実績50,000人!若年専門のプロがパートナーとなって、就職・転職支援をサポートします。

4)転職のタイプ・スタイルごとの、オススメの転職支援サービス組み合わせ

「とにかく早く、効率的に転職活動を進めていきたい」方は、転職サイト&転職エージェントのダブル活用がオススメ!!

「転職活動の期間はなるべく短めに、そして効率的に進めていきたい」という方は転職サイト&転職エージェントのダブル活用がオススメです。
 理由は簡単、転職サイト、転職エージェント2つ併用すれば、それぞれのメリットを余すことなく有効活用できるからです。

 例えば、転職エージェントで活動のアドバイスやトレンド情報を受けながら、自身でも転職サイトで求人情報を探していく──といったことも出来ますし、転職サイトに出回っている求人情報の傾向を把握したうえで、そこから先の進め方の詳細を転職エージェントで相談する──といったことも出来ます。

 現在では、転職者の半数以上が転職支援サービスを2つ以上併用しているという調査結果も出ています。なるべくスピーディに活動を進めていきたいという方は、是非お試しください。

オススメの転職サイト&転職エージェント組み合わせ#1 リクナビNEXT&リクルートエージェント

リクナビNEXTもリクルートエージェント、どちらもリクルートグループの「リクルートキャリア」が運営しています。

リクルートキャリアといえば、国内実績No1の転職サービス会社。転職成功者の満足度もとても高いです。同じ会社だけあって、転職サイトと転職エージェントの情報連携もできますので、スムーズな活用も期待できるでしょう。

サービス名 リクナビNEXT(リクナビネクスト)
特徴 求人企業の多さは安定の国内No1!。転職を少しでも検討し始めたら、まずは登録して間違いのない、ブランド力、実績共に信頼できる転職サイト
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)
サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

オススメの転職サイト&転職エージェント組み合わせ#2 DODA

DODAは転職サイトと転職エージェントが一体化された転職支援サービス。ですので、DODAに登録しておけば転職サイトと転職エージェント両方のサービスを活用できるという訳ですね。かつ、DODAを運営するパーソルキャリア株式会社(旧:株式会社インテリジェンス)は国内No2の転職サービス会社。求人情報もとにかく豊富です。

サービス名 DODA(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

「プロの転職コンサルタントから、万全のフォロー、アドバイスを受けたい」という方は、転職エージェントを2社平行活用がオススメ!

「自分は転職サイトより転職エージェント形式のサービスの方が向いていそう・・・」という方は、転職エージェントの2社平行活用がオススメです。

 なぜかというと、転職エージェントは、どうしても担当に付くキャリアコンサルタント・キャリアアドバイザーとの相性であったり、当たりはずれがあるからです。どんなに評判の良い転職エージェント運営会社であっても、口コミ・評価サイトでネガティブな意見が1つもない、ということはありません。──所詮は人と人ですので、どうしても向き不向きであったり、合う合わないは出てしまうことでしょう。

 転職エージェントメインで転職活動を行う場合は、可能な限り2社以上の会社で平行活用されることをお勧めします。そうすれば、もし仮にどちらかが合わなかった場合は、合う方にだんだんウェイトを寄せていく──ということが出来ますよね。また、両方ともよいエージェントだった場合は、そのままダブルで利用していき、比較検討していけます。

オススメの転職エージェント複数組み合わせ#1 リクルートエージェント&マイナビエージェント

リクルートエージェントとマイナビエージェントは共に国内でもトップクラスの実績の転職エージェント。
どちらも全国展開しているので、地方での転職を検討されている方にもオススメです。

サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)
サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

オススメの転職エージェント複数組み合わせ#2 DODAエグゼクティブ&JAC リクルートメント

ミドル層(30歳)以上の転職を目指すとしたら、DODAエグゼクティブとJACリクルートメントの組み合わせがオススメです。

どちらもミドル~ハイクラスまでの求人が多くあることが特徴なのと、DODAエグゼクティブはその他診断ツールや転職セミナーなど、補助的なサポートも充実しています。JACリクルートメントは大企業、グローバル企業系の求人が多く、更なるチャレンジを転職に求める方にはとてもお薦めの組み合わせです。

サービス名 DODAエグゼクティブ
特徴 国内求人数TOPクラス、かつ全国展開の「DODA」が展開する、ハイクラス・エグゼクティブに特化した転職支援サービス

次のステージにステップアップしたい」30代~50代の方に、熟練のキャリアアドバイザーが「満足いく転職」を共に目指してくれます。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)
サービス名 JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)
特徴 ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!
企業名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント(1988年3月)

4)まとめ 「自分に合った転職支援サービス選びを」

さて、ここまでで以下について説明してきました。

  • 転職時の求人情報チェックは、インターネットの転職支援サービスがオススメ
  • 地方での転職の際は、転職支援サービスとハローワークの組み合わせが良い
  • 転職支援サービスには、「転職サイト」形式と「転職エージェント」形式がある
  • 「とにかく早く、効率的に転職活動を進めていきたい」方は、転職サイト&転職エージェントのダブル活用がオススメ
  • 「プロの転職コンサルタントから、万全のフォロー、アドバイスを受けたい」という方は、転職エージェントを2社平行活用がオススメ!

転職活動は、決して転職者1人で行うものではありません。転職者を求める企業があって、そして、企業とあなたとの繋がりを仲介する存在の人々(転職支援サービスやハローワーク)があって、進んで行くものです。スムーズかつ効果的に進めていく為には、企業の求人情報を効率的にキャッチしていくことと、そして、仲介となる転職支援サービスを適切に選んでいくことが、とても大切です。

転職活動中、もしくはこれから転職を検討される皆さんが、転職の際に今回の記事の内容が少しでもお役に立てることを、心より願っております。

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.44
Loading...
>