『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

CrowdTech(クラウドテック)はフリーランスエンジニアから評判が高い? メリット・デメリットも併せてご紹介

[最終更新日]2021/06/30

リモートワーク案件数業界トップクラス。クラウドテック。

場所に捉われない働き方がしたい
子どもがいるけど、家で働けるエンジニアの仕事はないかな…

今回は、そんなエンジニアやデザイナーの方に向けて、フリーランスエージェント「クラウドテック」をご紹介します。

クラウドテックはフリーランスエージェントの中でも、リモート案件や週3日OKの案件など、自由な働き方を目指しているフリーランスにおすすめのサービスです

扱っている案件の種類 エンジニア・デザイナー・ライター・マーケター・コンサルタント
対象エリア 全国
案件数 約5万件
運営会社 株式会社クラウドワークス

目次

1)CrowdTech(クラウドテック)ってどんなサービス?

クラウドテックは、クラウドソーシングサービスの最大手・株式会社クラウドワークスが運営するフリーランス専門のエージェントです。

フリーランスのエンジニアやデザイナーが自由な働き方を実現するために

引用元:クラウドテック公式サイト

累計会員数は2021年5月に7万人を突破しており、多くのフリーランスが利用しているサービスです

クラウドテックの大きな特徴としては、様々なライフスタイルに合った働き方を実現できるという点が挙げられるでしょう。

そのほか、クラウドテックには以下のような特徴が挙げられます。

  • スタートアップから大手企業の案件まで多数
  • 福利厚生が整っている
  • 案件の70%以上がリモート(在宅)で働ける
  • 専任のアドバイザーがサポートしてくれる
  • 支払いサイクルが短い

また、クラウドサービスというと、「クラウドワークス」を思い浮かべるか方もいるではないでしょうか。
クラウドテックの特徴を理解する上でも、クラウドワークスとの違いを理解しておきましょう。

CrowdWorks(クラウドワークス)との違い

クラウドテックとクラウドワークスは、どちらもフリーランスに向けたサービスであることは共通していますが、以下のように明確な違いがあります。

クラウドテック クラウドワークス
案件の種類 エンジニア・デザイナーが中心 ライター・翻訳・データ入力・エンジニア・デザイナーなど幅広い
案件獲得方法 アドバイザーから紹介 サイトを使って自力で探す
期間 長期・短期 短期・単発

中でも大きな違いは、アドバイザーのサポートがあるかどうかです。
クラウドワークスが、公式サイトから自力で案件を探さなくてはならない一方で、クラウドテックは、専任のアドバイザーがヒアリングから案件紹介、その後のサポートまで手厚く行ってくれます

さらに、クラウドテックとクラウドワークスには「報酬額」に大きな差があります。
クラウドテックでは、案件によっては単価が100万円を超えるものも出てきます。

それを可能にしているのは、各フリーランスに専任のアドバイザーがついているからでしょう。
エンジニアに詳しいエージェントから紹介される人材だからこそ、企業側も高い報酬を払うことができるわけです。

エンジニアやデザイナーとしてのスキルや経験に自信がある方は、クラウドワークスよりもクラウドテックが向いていると言えるでしょう。

2)CrowdTech(クラウドテック)を利用する3つのメリット

クラウドテックを利用するうえでは、以下3つのメリットが挙げられるでしょう。

クラウドテック3つのメリット。■提携企業数14万社以上。豊富な案件数■充実した福利厚生■案件の70%以上がリモート可能
  • メリット#1 提携企業数は14万社以上、案件数も業界トップクラス
  • メリット#2 フリーランスのサポート体制が充実している
  • メリット#3 案件の70%以上が在宅(リモート)で働ける

メリット#1 提携企業数は14万社以上、案件数も業界トップクラス

引用元:クラウドテック公式サイト

クラウドテックが提携している企業は14万社以上にも上り、その中には大手企業からベンチャー企業、スタートアップ企業まで幅広い企業が揃っています。

保有している案件の数は4~5万件近くと、業界トップクラスの水準です。 運営会社であるクラウドワークスは、クラウドソーシング業界のリーディングカンパニーであることから、これほど多くの企業と取引が可能なのでしょう。

これらの豊富な案件の中から、専任のアドバイザーがあなたに最適の案件を紹介してくれるのです。

メリット#2 フリーランスのサポート体制が充実している

会社員の方は、会社の福利厚生で整備されているサービスを利用できますが、フリーランスの方はそうしたサービスを自分で用意する必要があります。

ですが、クラウドテックではフリーランスが安心して働けるような環境づくりにも力を入れているので、仕事以外でも充実したライフスタイルを送ることができます

引用元:クラウドテック公式サイト

利用できるサービスは100種類以上と、非常に豊富なことがわかります。

以下、サービスの一例です。

  • ベビーシッターサービス
  • 家事代行サービス
  • 子供英会話教室割引
  • 飲食店、レジャー、エンタメ、旅行・出張、美容等のサービス利用時の割引
  • 健康・ヘルスケア

メリット#3 案件の70%以上が在宅(リモート)で働ける

フリーランスエージェントとはいっても、リモートで仕事ができる案件は少なく、常駐型の案件がほとんどを占めるエージェントもあります。

一方で、クラウドテックはリモート案件に注力しており、扱っている案件の約70%がリモートで働けるものになっています

それ以外にも、週2、3日OKから週5日の求人まで、稼働日数も選ぶことができるのです。

このように、それぞれのライフスタイルに合った働き方を選べるのは、クラウドテックの魅力の一つでしょう。

3)CrowdTech(クラウドテック)の注意点・デメリットは──

これまで、クラウドテックの特徴やメリットについて解説してきました。

ここからは、クラウドテックのデメリットについてご紹介していきます。
サービスの優れた面だけでなく、足りない部分を知っておくことで、本当に自分にあったサービスなのかを見極めていきましょう

以下、クラウドテックでは、デメリットが2つ挙げられるでしょう。

クラウドテック2つのデメリット。■報酬が低め■ディレクターやコンサルタントの案件が少ない
  • デメリット#1 他のフリーランスエージェントと比較すると、報酬が低い
  • デメリット#2 ディレクターやコンサルなど、上流工程の案件が少ない

デメリット#1 他のフリーランスエージェントと比較すると、報酬が低い

メリットでご紹介したように、クラウドテックは案件の70%がリモートであったり、週3日OKの求人を扱っていたりと、フリーランスの自由な働き方に合わせた案件が多いという特徴があります。

そのような稼働日数が少ない案件や働き方の自由度が高い案件を扱っているクラウドテックの場合、週5日や常駐型の案件を中心に扱っているエージェントに比べると、どうしても報酬額が低くなってしまいます

もちろん、クラウドテックでも、週5日でしっかりと稼ぎたいという方向けの案件も扱っています。

しかし、クラウドテックだけではご自身の納得のいく案件が見つからない可能性もあるので、レバテックフリーランスMidworksなど、他のフリーランスエージェントも併用すると良いでしょう。

デメリット#2 ディレクターやコンサルなど、上流工程の案件が少ない

運営会社のクラウドワークスはもともと、ライターやエンジニア、デザイナー向けの案件を中心に扱ってきました。

そのため、ディレクターやコンサルタントなどの上流工程の案件は少ないです。

ただし、他のフリーランスエージェントでも、こうした上流工程の案件は少ない傾向にあります
なぜなら、フリーランスという働き方の特性上、責任や業務範囲が広くなってしまう上流工程の案件よりも、範囲が限定的で報酬額にも反映しやすい下流工程の方がフリーランスに合っているからです。

ただ、他のフリーランスエージェントに比べて、Zappy Linkはディレクターなどの案件を多く扱っているので、クラウドテックと併用してみることをおすすめします。

4)CrowdTech(クラウドテック)を実際に利用した方の評判・口コミは

「tech boostを使って良かった点」で、多かった評判・口コミ

  • 担当アドバイザーが、自分に合った案件を多く紹介してくれた
  • 長期のリモート案件を受注できた
  • リモート案件でも、40~50万の案件がたくさんある
  • ベビーシッターなどの福利厚生が利用できるので、子どもがいても安心して働けている



「tech boostを使って残念だった点」で、多かった評判・口コミ

  • マージンが引かれる
  • リモート案件を紹介してもらえなかった
  • 担当のアドバイザーの経験が浅くて頼りなかった

クラウドテックの良い点として多くの方が挙げていたのが、「自分に合った案件を紹介してくれた」という声です。
リモート案件をはじめ、週3日など、クラウドテックでは様々な働き方ができるのが強みとして出ていますね。

また、リモート案件の場合は常駐型と比べて報酬額が低くなる傾向にありますが、クラウドテックでは40~50万円の案件も多く扱っているようです。

一方で、クラウドテックの残念な点として、「マージンが引かれる」という声が多かったのも事実です。
手数料としてエージェントにいくらか取られるのは仕方ありませんが、マージン率は案件によって変わってくるので、しっかりと確認しましょう

また、リモート案件を紹介してもらえなかったという方もいるようです。
クラウドテックはリモートに注力しているフリーランスエージェントですが、リモート案件を紹介できるかどうかは、エンジニアとしてのスキルや経験が関係してきます

場合によっては、「リモート案件は紹介されないかもしれない」ということは理解しておくべきなのでしょう。

5)CrowdTech(クラウドテック)はこんな方におすすめ

クラウドテックおすすめの人■リモートで働きたい人■豊富な案件の中から選びたい人■週2,3日から働きたい人■フリーランスとして安心できる環境で働きたい人
  • エンジニアやデザイナーとしてリモートで働きたいという人
  • 豊富な案件数の中から選びたいという人
  • 週2、3日から働きたいという人
  • フリーランスとして、安心できる環境で働きたいという人

クラウドテックはリモートに注力した案件を扱っているので、リモートで働きたいエンジニアやデザイナーの方におすすめのサービスです。

案件数も、随時4~5万件を扱っています。
リモートで働きたいという方に限らず、「週3日から働きたい」など、様々な働き方を目指す人たちにとって最適な案件を見つけることができるはずです。

また、クラウドテックは、
「仕事で家事や育児に手が回らない…」という方や、「定期的に健康診断を受けたい」、「たまには外食や旅行で息抜きしたい」という方など、幅広いニーズに応えられる充実した福利厚生サービスが完備されています

6)CrowdTech(クラウドテック)とあわせて検討したい、フリーランスエージェント

クラウドテックは、「リモート」「週3日OK」など、自由な働き方をしたいという方にとっておすすめのサービスです。

一方で、より高単価の案件を受注したい方や週5日で働きたいという方にとっては、やや物足りないサービスかもしれません

クラウドテックに絞っての利用に不安を感じる方は、以下のフリーランスエージェントも併せて検討してみると良いでしょう。
幅広く案件を確認することによって、ご自身の希望する働き方を一層適えやすくなるでしょう。

レバテックフリーランス

高単価案件を継続案内。レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、エンド直請けの案件を豊富に扱うフリーランスエージェントです。
常駐型の案件を中心に扱っているため、高単価の案件を豊富に保有していることから、利用者の平均年収は800万円超とPE-BANKと同水準にあります

対応エリアは東京が圧倒的に多く、その他に神奈川、大阪、愛知、福岡といった大都市が中心となっています。

レバテックフリーランスを併用する大きなメリットの1つに、支払いサイトの短さが挙げられます。
月末締めの翌15日支払いと、支払いサイトは15日となっています。

また、税務関連の手続きやヘルスケア、スキルアップに関する支援をしてくれる福利厚生も充実しています。

PE-BANK

PE-BANK

PE-BANKは、エンジニア向けフリーランスエージェントです。

大きな特徴として、全国規模で案件紹介を受けることが可能であるという点です
関東、中部、関西はもちろんのこと、北海道、東北、中国・四国といった、他のフリーランスエージェントがカバーし切れていないエリアにも進出しています。

取引企業は1,000社を超えており、常時50,000件以上の案件を扱っているため、幅広い分野に対応可能な点も魅力の1つとなっています。

また、フリーランスエージェントではマージン率が明記されていない場合も多いですが、PE-BANKは明確にエンジニアの取り分が記載されています
それも、マージン率はPE-BANKの利用歴とともに下がっていく仕組みになっているので、長期でPE-BANKを利用しているエンジニアも珍しくありません。

各地で適職フェアも積極的に開催しています。地方で働きたいと考えているエンジニアはぜひチェックしておくと良いでしょう。

Midworks(ミッドワークス)

正社員でフリーランスなエンジニアライフをMidworksで実現しませんか?

ミッドワークスは、案件の豊富さをはじめ、正社員の福利厚生に当たるような保証を用意している点など、フリーランスとして働きやすい環境を提供してくれるエージェントです。

大きな特徴として、「取引の透明性」があげられます。
案件ごとの還元率が80%を超えており、単価も公開しています。つまり、ミッドワークスからフリーランスへ支払う報酬額だけでなく、クライアントがミッドワークスに発注した金額もフリーランスが知ることができるのです。

さらにミッドワークスでは、案件が途切れてしまったときや、病気・ケガなどで働けないとき、想定単価の80%を受け取れる給与保障制度があります
通常は正社員よりも保障が少ないとされるフリーランスですが、Midworksでは経済的なリスクを比較的に抑えながら働くことができる環境が整っているのです。

CrowdTech(クラウドテック)の特徴・メリット まとめ

  • リモート・週3日~OKの案件が豊富
  • 業界トップクラスの案件数
  • 充実した福利厚生サービス
  • 専任のアドバイザーがサポート

今回は、週5日常駐でしっかりと働くというよりは、よりワークライフバランスを重視して働きたいフリーランスの方に向けて、クラウドテックをご紹介してきました。

フリーランスとして働くと言っても、週3日または週5日で働きたい人、リモートまたは常駐型で働きたい人など、その働き方は人によって様々です。

より高い報酬を得たいという方もいるでしょう。

ご自身が何を優先して働きたいのかによって選ぶフリーランスエージェントも変わってくるので、クラウドテックも含めて様々なフリーランスエージェントを検討してみると良いでしょう。

この記事を書いた人

スタジオテイル Webメディア事業部

これまで転職された500名以上の方の転職体験談と、現職キャリアアドバイザー・ヘッドハンターの方々からの情報をもとに、「これからの転職・キャリア」にまつわる良質な情報を随時提供していきます。

よかったら、シェアと評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均2.50
Loading...
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

<>