『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

VBAの経験・スキルを使ってエンジニア転職できる?VBA需要と年収、キャリアパスの注意点

[最終更新日]2022/09/23

VBA需要とキャリアパスの注意点

皆さまのなかには技術部門に所属していないものの、VBAを活用して部署の業務効率化を図った方もいることでしょう。

プログラミングの面白さややりがいを感じ、ITエンジニアへの第一歩を踏み出したい方もいるかもしれません。その際に気になることは、「今まで培ったVBAのスキルは、役に立つのだろうか?」という点です。

目次

1)VBAのエンジニア案件は、どのようなものがある?

VBAのエンジニア案件は、主に以下の3種類に分けられます。

  • Excelを用いた業務効率化ツールの開発・運用
  • Accessを用いたデータベース連携ツールの開発・運用
  • 既存システムの保守運用

どのような仕事かを事前に知っておくことは、転職後スムーズに仕事に慣れ、活躍する上でも重要です。それぞれの案件について、どのような仕事なのか確認していきましょう。

Excel等のOfficeソフトを用いた業務効率化ツールの開発・運用

#その1 Excel等のOfficeソフトを用いた業務効率化ツールの開発・運用

業務効率化ツールの開発・運用は、VBAが使われる代表的な案件です。以下のとおり、さまざまな用途で使われます。

  • 書類やグラフの自動作成
  • データの自動取得
  • データの転記作業
  • 書式の調整
  • 印刷

Excelでの業務効率化は代表的な用途ですが、WordやPDFなど、その他のソフトでも活用できます。

VBAを使う主な目的は業務効率化ですから、人手を代替するだけの効果では不十分な場合があります。
依頼元からは正確性だけでなく、どれだけ時間を短縮できるか情報提供を求められる場合もあるため、数字で効果を示せるよう記録を残しておくことが重要です。

Excel・Accessを用いたデータベース連携ツールの開発・運用

#その2 Excel・Accessを用いたデータベース連携ツールの開発・運用

Accessなどのデータベースから情報を取り出す業務も、VBAを使ったシステムとして代表的です。
取り出し元となるデータは人事や会計、商品や顧客データなど多種多様です。

企業業務に結びつくデータであれば、どのデータも対象となり得ます。幅広く応用が利くところは、特徴といえるでしょう。

もっともこの業務を遂行するためには、VBAとOfficeの機能だけ知っていればよいわけではありません。
例えばデータの取り出しには、SQLのSELECT文ADOがよく使われます。

実際の業務ではさまざまな抽出条件を設定しますので、構文をよく理解しておかなければ適切な検索結果が得られません。またWindows APIもデータの取り出しに使われるため、押さえておくとよいでしょう。

既存システムの保守運用

#その3 既存システムの保守運用

上記で紹介したツールは、一度作成しておけばメンテナンスせずに使い続けられるわけではありません。以下の理由により、改善が必要となる場合も多いです。

  • バグや不具合により想定外の動作をしたため、修正が必要
  • 社内ルールの変更や法令改正への対応が必要

このため必要に応じて不具合を修正する、機能の追加を行うといった対応が求められます。

日常業務にVBAを活用している企業は、少なくありません。
このためVBAの保守運用に関する求人や案件についても、さまざまなものがあります。業務に従事する際には状況を把握した上で、あるべきコードに修正するスキルが求められます。

2)「VBAエンジニア」の年収・将来性は?

VBAのスキルを使ってエンジニアを目指そうとしたとき、年収と仕事の将来性は気になるもの。
どちらも、仕事を選ぶ前にぜひ知っておきたい点です。エンジニアとしてキャリアを積む際のポイントも含めて、詳しく解説していきましょう。

VBAエンジニアの平均年収

VBAエンジニアの平均年収 ・月収25~35万円 ・年収400~500万円

VBAエンジニアの年収は、あまり高くありません。募集する企業により異なりますが、以下の条件となる場合が多いです。

  • 月収は25~35万円
  • 年収は400~500万円

一方で2018年に求人検索エンジン「スタンバイ」が公表したデータによると、以下の言語を用いるエンジニアは年収の中央値が570万円を超えています

  • Go
  • Scala
  • Python
  • Kotlin
  • TypeScript
  • R

Javaの年収中央値が500万円という点から見ても、VBAエンジニアの年収はやや低めといえます。

もっともVBAのスキルが高い方ならば、600~700万円の年収を得られる可能性はあります。

一方で他の言語で見ると、スキルの高いエンジニアは年収1,000万円を超える場合も少なくありません。
この点を踏まえても、VBAの年収は全体的に低めとなっていることが実情です。

参考:ビズリーチ「プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ 1位:Go(600万円)、2位:Scala、3位:Python 機械学習のニーズを受け、Rも高年収

VBAエンジニアは、正社員よりもフリーランスの方が高い?

VBAエンジニアの年収は、額面だけで見ると正社員よりフリーランスの方が高くなっています。
年収600万円を超える案件は少なくありません。豊富な業務知識や上流工程の経験があれば、これ以上の年収を得られる可能性もあります。

フリーランスは高い年収を狙え、仕事も選べる点は魅力ですが、以下に挙げるデメリットもあります。

  • 個人事業主となるため、経理などの事務作業は自身で行わなければならない。毎年の確定申告も必須
  • 案件が急に打ち切られるリスクがある。その場合の補償はされない
  • 会社員なら得られる福利厚生が受けられない
  • 仕事で重大なミスを起こし、業務に支障を生じさせた場合は損害賠償のリスクがある

特にVBAのエンジニア経験がない方は、上記に挙げた不利益を受けやすいことに注意が必要です。見かけの提示額が高いからといって、よく調べずにフリーランスを選ぶことはあまりおすすめできません。

VBAのみの需要はそれほど多くないが、求人・案件自体は一定数 あり続ける見込み

エンジニアイメージ

残念ながら、VBAだけを活かしたエンジニア案件はそれほど多くないことが実情です。

その件数は求人サイトや転職エージェントにより異なりますが、主な開発言語と比べて1桁少ないという場合もあります。
このためお住まいの地域や仕事を探すタイミングによってはVBAの求人がなく、なかなか希望をかなえられないという場合もあるかもしれません。

もっとも求人が少ないことだけをもって、VBAの将来性がないとは言い切れません。
そもそもVBAを用いたシステムは、広く活用されています。しばらくの間は大手企業の案件も含めて、一定数の求人が募集される状態が続くと考えられます。

エンジニアとしてのキャリアを進むなら、「VBA」+αのスキル開発を

VBA以外にも+αのスキルを持っておこう!

VBAを売りにしてエンジニアへの転職を実現することは可能ですが、その先のキャリアを積むという点で限界があることは否めません。

大きな理由の1つに、VBAでは以下の通り、できることが限られるという点が挙げられます。

  • ExcelやAccessなど、Office製品が絡む用途に限られる
  • データ処理やデータ抽出、グラフ作成など、データが関係する用途に限られる
  • 何百万件といった、大量のデータ処理には向かない

例えば今の時代に求められているWebアプリやWebサイトの作成、GUIの操作、スマホアプリの開発、文字や画像認識、AIやIoT機器の開発といった業務は、VBAの範囲外となります

これからエンジニアとしての活躍の場を広げていくためには、VBA以外に他の言語などプラスアルファのスキルを習得することがおすすめです。

3)これからエンジニアの道を進む人が意識したい、VBA+αのキャリアアップ

VBAをきっかけとしてITエンジニアへの道を切りひらくためのポイントは、3つあります。

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。ぜひご確認ください。

エンジニアとして、自分はどの領域に興味・関心を持てるかを探求する

POINT1 エンジニアとして、自分はどの領域に興味・関心を持てるかを探求する

皆さまのなかには、VBAの言語1本で勝負したいという方もいるかもしれません。もちろんVBAを究めることは、数あるキャリアのうちの1つです。

一方で現在のシステム開発は、さまざまな言語を組み合わせるケースもよくあります。
このようなプロジェクトでは、「開発もできるがVBAもできる」といったエンジニアが重宝される場合も少なくありません

結果として「VBA以外のスキルを持っているからこそ、得意なVBAの技術を活かせる」ことも、知っておきたいポイントです。

そもそもITエンジニアが担当できるシステムは、多種多様です。システム開発に関する業務だけでも、以下に挙げる3つのポイントがあります。

  • 顧客の業種や担当業務
  • 開発に使う言語
  • プロジェクト内での立ち位置(プログラミング、設計や要件定義、プロジェクトマネジメントなど)

事務職や営業職の時代は、「Excelを使った業務効率化」=「ITに関する業務」と考えていた方も多いでしょう。しかしITエンジニアになれば、はるかに多くの開発案件に携われます。

この機会にVBAという制約をいったん外して情報収集を行い、どの分野に興味・関心を持てるか、自分自身としっかり対話することもおすすめです。

他のエンジニアたちの知識・スキルやキャリアへの考え方に触れる機会を持とう

POINT2 他のエンジニアたちの知識・スキルやキャリアへの考え方に触れる機会を持とう

せっかくITエンジニアに転職するなら、周囲から「できる人」として認められたいもの。そのためには早いうちから、他の優秀なエンジニアが持つ知識やスキル、キャリアへの考え方に触れることが重要です。

職場にいる優秀な方にアドバイスをもらうことは1つの方法ですが、それだけではありません。以下のとおり、さまざまな方法があります。

  • IT系の業界誌や専門書を読む
  • Webで調べる
  • 講演会やセミナーを聴講する
  • 勉強会や交流会に参加する

社内にお手本となる方がいない場合でも、上記の方法により進むべき道を見つけ、キャリアを積むことが可能です。

IT業界は自ら学ぶことが特に求められる業界ですから、積極的に行動し学び取るようにしましょう。

VBAの実務経験と一定のエンジニアリングの知識があるなら、エンジニア転職で更なる実務経験を

POINT3 VBAの実務経験と一定のエンジニアリングの知識があるなら、転職で更なる実務経験を

すでにVBAを活用し職場で成果を挙げている方ならば、転職後は即戦力として、早期に実力を発揮できることでしょう。

これは転職先の会社だけでなく、あなたにとってもスピーディーにキャリアを積める点で良いことです。

もっともVBA1本にこだわらなければ、幅広い仕事を選べます。
転職を1つの機会として、ご自身は将来何をしたいか、キャリアパスを描いてみるとよいでしょう。その上で希望に合った仕事に就くことが、充実した人生につながります。

VBAにこだわり過ぎることで視野とチャンスを狭めてしまうことは、もったいないもの。
そのため、エンジニアの転職支援実績が豊富な転職エージェントへの相談をおすすめします

転職エージェントは業界全体の動向を熟知しているとともに、あなたの知らない強みを引き出すスキルも備えています。自分だけでは決して見つけられない可能性を知り、より良い転職先を見つけられることは大きなメリットに挙げられます。

以下に、VBAをはじめエンジニア転職におすすめの転職エージェントを5点、紹介します。「自分に合いそう」と思えたものから登録を検討してみてください。

リクルートエージェント

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

VBA求人を本気で探す際には、【はじめに登録】しておきたいエージェントです。

リクルートエージェントは国内No1の求人数と転職支援実績を誇る転職エージェントです。

VBA業務に関しての求人は約900件あり、恐らく国内トップの数になるでしょう(2022年9月現在 ※公開求人のみ)。

リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

たとえば、「エージェントレポート」では、志望企業の特徴・評判といった分析から選考のポイントまでを確認できます。
先にお伝えした通りエンジニア転職において企業研究は非常に大切です。レポート情報はあなたの活動に大いに役立つはずです。

また、担当アドバイザーもこれまでの実績をもとにVBA業務への転職に関する有益なアドバイスを提供してくれるでしょう。

リクルートエージェントの特徴

特徴
  • 求人数および転職支援実績 国内No1。全業種・職種において常時豊富な求人を用意
  • 担当者の提案ペースが早く、スピーディな転職を実現しやすい
  • エージェントレポートや面接力向上セミナー等の「転職支援ツール」が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
VBA関連の求人数 約900件(2022年9月現在)
求人数・サポート実績No1
登録は5~10分程で完了します。

ワークポート

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。

「未経験でも、積極的に支援してほしい!」という人におすすめのエージェントです。

ワークポート(WORKPORT)は「業界・職種未経験者」のサポートに優れており、なかでもIT・Web業界の支援に強い転職エージェントです。

また、ワークポートに登録した際に担当となってくれる転職コンシェルジュ(アドバイザー)は、積極的な求人提案をしてくれることでも知られています

転職先を検討するにあたって、できるだけ多くの求人を比較した上で応募先を決定したい人や、担当アドバイザーからの提案を多く受けたい人は、ワークポートのサポートがマッチしやすいでしょう。

他の転職エージェントに登録したものの、想像していたほど求人を紹介してもらえなかった人や、担当者のレスポンスが鈍く転職活動が進まないと感じていた人にこそ、ワークポートを利用するメリットを実感できるはずです。

ワークポートの特徴

特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
VBA関連の求人数 約400件(2022年2月現在)
転職決定人数No1
登録は3分程で完了します。

マイナビIT AGENT──IT・Web業界への転職支援に強い&丁寧なサポート

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ

「求人数の多さ」よりも「サポートの丁寧さ」を重要視する人に。

マイナビIT AGENTは人材紹介会社の大手マイナビが運営する「IT/Webエンジニア専用」の転職支援を行うエージェントです。

マイナビIT AGENTの所属アドバイザーは、全員がIT・Web業界に精通したプロフェッショナルです。

幅広い職種に対応している総合型転職エージェントとは異なり、エンジニアの転職事情を十分に理解しているため、転職者一人ひとりに適した開発環境や企業へのアプローチ方法についてアドバイスしてもらえます。
VBAのスキルとしてのマッチングだけでなく、あなたのこれまでの経験・経歴をもとにおすすめ企業を提案してくれるでしょう。

また、マイナビの転職サービスは「サポートの丁寧さ」にも定評があり、職歴書の作成や面接対策に不安を感じている人におすすめです。

マイナビIT AGENTの特徴

特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
拠点 東京(2か所)、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
VBA関連の求人数 約300件(2022年9月現在)
ITエンジニア求人トップクラス
登録は3分程で完了します。

doda ITエンジニア

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda

リクルートエージェントに次ぐ豊富な求人数!地方向けの求人も多いですよ。

doda ITエンジニアは国内大手人材会社「doda」の、ITエンジニアに特化した転職エージェントサービスです。
ITエンジニア系のエージェントは都市部に特化したところが多い中、doda ITエンジニアは都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でVBA求人をじっくりチェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

doda ITエンジニアの特徴

特徴
  • 全国トップレベルのITエンジニア求人数。都市部だけだなく地方求人にも強い
  • 企業からのスカウト・オファーが届きやすい
  • 転職サイト・転職エージェントどちらのサービスも利用できる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡
VBA関連の求人数 約600件(2022年9月現在)

エンジニアスキルが不安な人は、エンジニアスクールを含めた学習期間を持とう

もし新しい技術を身につけたいと思った場合、IT業界ではなんらかの成果物を作成できるレベルまで学んだ後、転職活動を進める方法が一般的です。これは、以下に挙げる2つの理由があるためです。

  • 即戦力を求めている
  • パソコン1台あれば開発環境を作成できるため、やる気のある人にとってはハードルが低い

従って面接で「やる気があります」と言っても、ポートフォリオが無いとやる気が無いとみなされてしまうことも少なくないことに注意が必要です。

このためエンジニアスキルが不安な方はエンジニアスクールに通うなど、何らかの方法で学ぶことが重要です。忙しい方は働きながら学べるスクールを選ぶことも可能ですから、積極的に活用してみましょう。

エンジニアスクール 特徴

コードキャンプゲート
  • オンラインプログラミングスクールで、現役エンジニアによるマンツーマンの指導が評判!
  • 学習内容:HTML5/CSS3、JavaScript/jQuery、PHP、MySQL 等

DMM WEBCAMP
  • オンライン教材で自主学習をし、最終的にはチーム開発に必要な知識まで習得できるプログラミングスクール
  • 学習内容:HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Rails、ECサイトの開発、ポートフォリオの作成 など

Tech Academy(テックアカデミー)
  • コース数が非常に豊富(29コース:2020年11月現在)な、オンライン型のプログラミングスクール
  • 学習内容:PHP、JAVA、jQuery、Ruby、Python、Scala、Kotlin、Unity、ブロックチェーン、AI、Node.js、Google Apps Script、AI、データサイエンス、UI/UX…等

まとめ)VBAだけにこだわらず、幅広いスキルを持つことが転職成功の秘訣

幅広いスキルイメージ

エンジニアへの転職を目指すならば、VBAにこだわり過ぎないようにしましょう。
もっとも転職だけをゴールとするならば、実現は可能です。しかし案件数が多くないため内定までに期間を要し、入社後も年収がなかなか上がらないかもしれません。

一方でVBAと他のスキルを組み合わせた仕事は、たくさんあります。せっかく得たVBAのスキルを活かすためにも、IT業界で旬とされているスキルを持つことがおすすめです。

また転職には、エージェントの活用もおすすめです。
エージェントに相談することで客観的な実力を知ることができ、強化すべきスキルを知ることが可能。もちろんあなたに合った転職先を紹介してもらえる点も、心強いメリットです。

目次[ 閉じる ]