『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職支援のあるプログラミングスクールのおすすめは? TOP8をご紹介

[最終更新日]2021/07/21

転職支援のあるプログラミングスクール TOP8

これからプログラミングを学びたいと思っている人の中には、プログラミングを習うだけでなく転職支援もあわせて利用したいと考えている人もいることでしょう。

せっかくプログラミングを学ぶのであれば、身につけたスキルを仕事に生かしたいですよね。転職支援を行っているプログラミングスクールは増えつつあり、各スクールが特色のあるサービスを打ち出しています。

一方で、さまざまなプログラミングスクールが台頭していることから、どのスクールを選んだらいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

目次

1)プログラミングスクールの選び方と利用する際のポイント

プログラミングスクールを探すにあたって、選び方と利用する際のポイントについて確認しておきましょう。

プログラミングスクールといっても、各スクールで強みとしている特徴や利用可能なサービスは異なります。
自分に合ったサービスを利用するためにも、ポイントを押さえてスクールを選択することは非常に重要です。

プログラミングスクール選びは、主に次の3つのポイントを押さえると、迷いなくスムーズな選択をしやすくなります。

  • 学びたい言語・スキルを明確にしておく
  • 現役エンジニアや、転職支援実績のあるアドバイザーが多いスクールを選ぶ
  • 無料相談・無料説明会があれば積極的に参加する

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

学びたい言語・スキルを明確にしておく

POINT1 学びたい言語・スキルを明確にしておく

プログラミングを学ぶにあたって決めておきたいのが、学びたい言語やスキルです。

プログラミングの上級者が「どの言語を学んでも結果的に同じ」などとアドバイスしているケースがありますが、初心者にとってどの言語から学び始めるかは非常に重要なポイントです

習得したスキルを生かして転職したいと考えているのであれば、「どの言語から学び始めるか」がなおさら重要でしょう。

たとえば、Webアプリケーションの開発を目指したいのであればJavaScript・Rubyなどを学ぶのが近道です。

Webサイトの制作に携わりたいのであれば、JavaScript・PHPを学ぶのが得策でしょう。スマートフォンアプリの開発をしたい人はJava・Swiftなどを学んだほうが仕事に生かしやすいはずです。

どのような分野に携わりたいかによって習得するべき言語が異なりますので、自分がどの開発に関わりたいかを考えておくことが大切です。

現役エンジニアや、転職支援実績のあるアドバイザーが多いスクールを選ぶ

POINT2 現役エンジニアや転職支援実績のあるアドバイザーが多いスクールを選ぶ

実際に開発現場で実務をこなしている現役エンジニアが講師を務めているかどうかも重要なポイントです。

IT業界は変化が激しいため、最新技術の動向や技術のトレンドが常に移り変わっています。
最前線で活躍中の現役エンジニアに教えてもらえるかどうかは、プログラミングスクールを選ぶ上で重視したほうがよいでしょう。

また、過去のスクール修了生が転職に成功しているかどうかもチェックしておくべきです。
転職成功率や転職先として実績のある企業名を確認することで、プログラミングスクールの転職支援の成果を知ることができます。

転職支援実績が豊富なアドバイザーが多数在籍しているスクールであれば、転職に際して強力にバックアップしてもらえる確率が高まるでしょう。

無料相談・無料説明会があれば積極的に参加する

POINT3 無料相談・無料説明会があれば積極的に参加する

多くのプログラミングスクールが無料相談無料説明会を実施しています。

ホームページや入学案内などの資料には掲載されていない詳しい情報を教えてもらえたり、疑問点に直接答えてもらえたりしますので、積極的に参加しましょう。

無料相談や無料説明会に参加するスクールを一箇所に絞る必要はありません。
むしろ、複数のスクールで説明を受けることで比較検討しやすくなり、それぞれのスクールの特徴や雰囲気を確認した上で入学先を決めることができます

転職支援に関しても、過去の受講生の事例を直接聞ける場合がありますので、不安を解消した上で受講できるでしょう。

「スクールに通って本当にエンジニアになれるのだろうか?」と不安を抱えたまま受講する必要がなくなり、プログラミングの習得に集中しやすくなるはずです。

2)転職支援に強いおすすめプログラミングスクールTOP8一覧

数あるプログラミングスクールの中でも、とくに転職支援に強いスクールTOP8を紹介します。

受講料やカリキュラムの特徴、転職支援に関する情報などをまとめましたので、比較検討する際の参考にしてください。

 
順位 サービス名料金 特徴
1位

DMM Web CAMP
26,000円~/月(税別)
  • 個人の学習レベルに応じてカリキュラムが組まれる
  • メンターのサポートレベルが高い
  • 書類添削、面接対策などの転職支援も強い
2位

Tech Academy
4週間/149,000円
8週間/199,000円
12週間/249,000円
16週間/299,000円
  • 講師は現役エンジニアで、サポート実績も高い
  • メンターによるサポートレベルが高い
  • 転職サポートも充実している
3位

コードキャンプゲート
入学金/30,000円
受講料/448,000円
  • 専属メンターによるマンツーマンのサポート
  • 300社以上の企業がコードキャンプゲートのカリキュラムを導入
  • 技術面に関して、専属メンターが推薦状を書いてくれる
4位

侍エンジニア
2,833円~/月
※各コース、入学金別途あり
  • レベルの高い講師から、マンツーマンのレッスンが受けられる
  • 完全オーダーメイドでカリキュラムを組める
  • 実務に役立つプログラミングスキルを習得できる
5位

テックブースト
32,780円~/月
※入学金が別途あり
  • 目的に合わせて自由にカリキュラムを組める
  • 運営会社はキャリアサービスも展開している
  • 他社と比較すると料金が安い
6位

DIVE INTO CODE
24,300円~/月
※各コース、入学金別途あり
  • 受講生の理解度を念頭に置いたカリキュラム
  • 人材紹介会社レバレシーズと連携しているので転職活動にも有利
  • 就職できない場合は全額返金保証あり
7位

TECH I.S.
24,300円~/月
※各コース、入学金別途あり
  • 質問に対して5分以内にレスポンスがもらえる
  • カリキュラムの中に「チーム開発」を取り入れている
  • 就職、転職サポートも手厚い
8位

TECH CAMP
21,780円~/月
※初月無料
  • 専属トレーナーが学習をサポートしてくれる
  • 講師に質問し放題なので、挫折しにくい
  • 短期集中型でスキルを習得できる

それぞれのスクールの主な特徴について、以下で詳しく解説しています。

気になるスクールがあったら、強みや特徴となる点を確認しておきましょう。さらに詳しい情報は各スクールの公式サイトで確認することができます。

無料相談や無料説明会に参加することもできますので、少しでも興味があれば迷わず予約しておくことをおすすめします。

3)転職支援に強いおすすめプログラミングスクールTOP8 それぞれの特徴

1位:DMM Web CAMP

DMM WEBCAMP。転職成功率98%のプログラミングスクール。

DMM Web CAMPの特徴

  • 個人の学習レベルに応じてカリキュラムが組まれる
  • メンターのサポートレベルが高い
  • 書類添削、面接対策などの転職支援も強い

DMM Web CAMPでは「短期集中コース」「専門技術コース」「転職志望コース」「ビジネス教養コース」といった多彩なコースが用意されています。
個人の学習レベルや希望する到達度に応じてカリキュラムを組んでもらうことができます。

未経験から最短3ヶ月で転職を目指すなら短期集中コース、働きながらITエンジニアへの転職を目指すなら転職志望コースと、学ぶ期間や学び方を選べるのが大きな特徴といえるでしょう。

DMM Web CAMPの受講者は97%がプログラミング初心者です。
分かりやすく丁寧な指導を行うメンターのサポートが好評で、初心者でも安心して受講することができます。

通学・オンラインともにメンターに質問し放題となっていますので、分からないことが出てきたらすぐに解決できるのも魅力です。

転職支援においては、応募時の書類添削や面接対策まで含めてサポートしてもらうことができます。
エンジニア未経験者にとって、職務経歴書をどう書けばいいのか、面接で技術的な面をどう伝えたらいいのか迷うこともあるはずです。

万全の転職支援体制で、入社を希望する企業に採用される確度を高めることができるでしょう。

2位:Tech Academy(テックアカデミー)

TECHACADEMY。自宅で現役のプロから学べるオンラインブートキャンプ

Tech Academyの特徴

  • 講師は現役エンジニアで、サポート実績も高い
  • メンターによるサポートレベルが高い
  • 転職サポートも充実している

Tech Academyはオンライン完結型のプログラミングスクールとしては最大手として知られています。
オンラインならではのコストパフォーマンスと、実力派の講師の指導を受けられる質の高さを両立しているのが特徴です。

Tech Academyの講師は実務で開発に携わっている現役エンジニアですので、自宅にいながらにしてエキスパートから直接指導を受けられるのは大きな魅力といえるでしょう。

週2回のビデオチャットによるマンツーマンメンタリングを実施してもらえますので、分からない点や不安に感じている点があれば相談に乗ってもらうこともできます。
また、毎日8時間のチャットサポートに対応しているため、時間内はいつでも質問することも可能です。

すべてのコースで転職サポートに対応しており、受講を通じて体得したスキルを仕事に生かすことが前提になっているのも大きな特徴の1つです。

本格的にプログラミングを学び、エンジニアを目指したい人におすすめのスクールといえるでしょう。

3位:コードキャンプゲート

4ヵ月で未経験からエンジニアへ。実務レベルに近づく実践学習ならコードキャンプゲート。

コードキャンプゲートの特徴

  • 専属メンターによるマンツーマンのサポート
  • 300社以上の企業がコードキャンプゲートのカリキュラムを導入
  • 技術面に関して、専属メンターが推薦状を書いてくれる

コードキャンプゲートはオンラインに特化したプログラミングスクールです。

オンラインのみといっても、指導は専属のメンターによるマンツーマンで行われ、チーム開発の形式で演習が進んでいきます。
実際の開発現場により近い感覚でプログラミングを習得していくことができるでしょう。

これまでにコードキャンプゲートで学んだエンジニアは延べ2万人を超えており、300社以上の企業で社員研修のカリキュラムに採用されてきた実績があります。

カリキュラムや学習内容への信頼性が高く、たしかな力が身につくことの裏付けといえるでしょう。

全カリキュラムを修了すると、専属メンターが企業宛に推薦状を書いてくれます。

技術面で一定レベルのスキルを身につけてきたお墨付きをもらうことができるので、自力で転職活動を進めるよりも有利になりやすいでしょう。

エンジニアとして着実に力をつけ、転職を実現したいと考えている人は、コードキャンプゲートの受講をおすすめします。

4位:侍エンジニア

SAMURAI ENGINEER。人生を本気で変えるならSAMURAI ENGINEER。完全オンラインでプログラミング習得

侍エンジニアの特徴

  • レベルの高い講師から、マンツーマンのレッスンが受けられる
  • 完全オーダーメイドでカリキュラムを組める
  • 実務に役立つプログラミングスキルを習得できる

侍エンジニアはマンツーマン指導を専門とするプログラミングスクールです。

講師は現役のエンジニアであることに加えて、カリキュラムは1人1人の受講生に合わせて作成する完全オーダーメイド。その学習効果は、累計2万人以上の指導実績と、受講生の転職成功率94.1%という結果となって表れています。

完全オーダーメイドでのカリキュラムは、目的や目標に合わせて学びやすい環境を整えることに役立ちます。
もちろん現状のプログラミングスキルに合わせてカリキュラムを作成しますので、習得できず挫折してしまうリスクを抑えることにも寄与するでしょう。

侍エンジニアでは、実際に機能するサービスの開発にカリキュラムの半分を割いています。
つまり、理論だけでなく実務に役立つプログラミングスキルを習得することができるのです。

転職活動を進める際には、実際にサービスを開発したという「実績」として提示することができますので、まだ具体的な実績がない未経験者にとって心強い支えとなるはずです。

5位:テックブースト

tech boost(テックブースト)未経験から本気でプログラミングを学

テックブーストの特徴

  • 目的に合わせて自由にカリキュラムを組める
  • 運営会社はキャリアサービスも展開している
  • 他社と比較すると料金が安い

テックブーストは目指すべきゴールから逆算したカウンセリングを実施しており、受講生だけでなくエンジニアを採用している企業からも評判の高いプログラミングスクールです。

コースは一般的なサイトを制作する「スタンダードコース」と、オリジナルWebアプリケーション制作を目指す「ブーストコース」の2つがあります。

テックブーストでは、メンターと相談しながら学習内容や期間、授業の実施頻度などを決めていくことができ、カリキュラムの自由度が高いのが特徴です。

将来の目標やプログラミングを学ぶ目的に合わせてカリキュラムを調整できるため、効率よく学ぶことができるのです。

また、運営会社の株式会社Branding Engineerはエンジニア向けのキャリア支援サービス「Tech Stars エージェント」やフリーランス専門エージェント「Midworks」を運営しています。

そのため、テックブーストのコース修了後は同サービスを利用して転職活動を進めることも可能です。

充実したサービスと転職支援体制を整えているテックブーストですが、受講料金は他のスクールと比べて安価な水準となっています。コストパフォーマンスを重視したい人にとって、有力な選択肢の1つとなるでしょう。

6位:DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE。すべての人がテクノロジーを武器にして活躍できる社会をつくる

DIVE INTO CODEの特徴

  • 受講生の理解度を念頭に置いたカリキュラム
  • 人材紹介会社レバレシーズと連携しているので転職活動にも有利
  • 就職できない場合は全額返金保証あり

DIVE INTO CODEは年齢を問わず本気でエンジニアとして就職したい人のためのプログラミングスクールです。

カリキュラムの大きな特徴として、受講生の理解度を重視している点が挙げられます。
授業は20名前後の少人数制で行われ、ディスカッションやペアプログラミングといったユニークな授業形式を通じて理解を深めていくことができます。

エンジニアを目指す受講生同士で仲間ができるのもメリットといえるでしょう。

DIVE INTO CODEは「レバテックキャリア」や「レバテックフリーランス」といったエンジニアのキャリア支援サービスを展開するレバレシーズ社と連携しており、カリキュラム修了後の転職支援も万全です。

コース修了後、一定期間内に就職できなかった場合には受講料の全額返金保証を用意しているのも大きな特徴の1つです。
着実に理解を深め、力をつけていくことでエンジニアとしてデビューできるという自信を持って指導していることが分かります。

スクールに通うからにはしっかりとスキルを身につけたいと考えている人におすすめです。

7位:TECH I.S.

TECH I.S。勝ち抜くプログラミング。

TECH I.S.の特徴

  • 質問に対して5分以内にレスポンスがもらえる
  • カリキュラムの中に「チーム開発」を取り入れている
  • 就職、転職サポートも手厚い

TECH I.S.は日本・アメリカ・インドの3拠点でプログラミングスクールを展開しており、シリコンバレーに拠点を持つ国内唯一のスクールです。

知識の習得に留まらず、エンジニアとして「稼ぐ」ところまでをサポートすすることを重視しており、就職支援まで手厚く実施しているのが大きな特徴です。

受講中に分からないことが出てきた際には、5分以内に講師からレスポンスをもらうことができます。

オンラインで画面共有しながら疑問点を解決していくことができますので、分からない状態で悩み続けることはほとんどなくなるはずです。

5分以内のレスポンスを約束しているスクールは唯一のため、疑問点をできるだけ早く解決したい人に適しています。

TECH I.S.のカリキュラムでは「チーム開発」を取り入れています。
チームメンバーと協力しながら開発を進める経験を通じて、実務により近い実践的なスキルを身につけることができます。

実務で通用する力を身につけ、エンジアとして稼げるようになりたいと考えている人におすすめのスクールといえるでしょう。

8位:TECH CAMP

10週間で人生が変わるNo.1エンジニア養成プログラム、テックキャンプ

TECH CAMPの特徴

  • 専属トレーナーが学習をサポートしてくれる
  • 講師に質問し放題なので、挫折しにくい
  • 短期集中型でスキルを習得できる

10週間で人生が変わる」として、短期集中型のエンジニア育成プログラムを打ち出しているプログラミングスクールです。

10週間の短期集中スタイルのほか、夜間休日スタイルでは6ヶ月間でカリキュラムを終えることができます。

いずれも専属トレーナーがつき、学習をサポートしてくれますので、未経験から徹底的にプログラミングを学びたい人に適したスクールといえるでしょう。

受講中は講師に質問し放題なので、疑問点を解決しながらプログラミングスキルを伸ばしていくことができ、初心者でも挫折しにくいのが特徴です。

通学・オンライン受講ともに自主学習が基本ですが、本気でエンジニアを目指したいと考えている人なら挑戦してみる価値はあります。

受講後、エンジニアとして転職できなければ全額返金保証する仕組みも用意されています。短期集中スタイルの場合、最初の14日間で満足できなければ返金してもらうことも可能です。

エンジニアになって人生を変えたい!と感じている人は、TECH CAMPの門を叩いてみてはいかがでしょうか。

まとめ)転職支援を受けられるスクールでエンジニアへの第一歩を踏み出そう

エンジニアの第一歩イメージ

今回紹介してきた8つのプログラミングスクールは、いずれもプログラミング初心者が実務で通用するレベルのスキルを身につけることが可能であり、カリキュラム修了後は転職支援サービスを受けることも可能です。

プログラミングは独学で習得することも可能ですが、スクールで集中的に学び、スキルを身につけておくと転職活動にも自信を持って臨めるはずです。

カリキュラム修了までの期間やスキルの到達レベルが明確になり、目標を決めやすいというメリットもあります。

未経験からエンジニアに転職するのであれば、プログラミングスクールの活用は有力な選択肢といえます。
ぜひ転職支援を受けられるスクールでしっかりと学んで、エンジニアへとしてのキャリアを踏み出していってください。

<>