『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

SESを辞めたい…。と思ったときの対処法とおすすめ転職先

[最終更新日]2022/03/05

SESを辞めたい時の対処法&おすすめ転職先

皆さまのなかにはSES企業にお勤めで、何らかの理由で「辞めたい」と思っている方もいると思います。

「辞めたい」と思いながらずっと働き続けることは、精神的にもキャリアアップの観点からもよくないため、積極的な行動が必要です。

もしその理由がSES企業で解決できない、あるいはSES企業特有の問題である場合は、転職も有効な選択肢となります。

目次

SESからの転職に、おすすめの転職エージェント

転職エージェント 特徴

マイナビITエージェント
おすすめの人:事業会社・自社サービスに携わりたい人/手厚いサポートを受けたい人
  • 業界の最新情報を熟知した専門のアドバイザーによる適切な支援
  • 書類添削、面接対策、企業への推薦紹介、内定後の条件交渉まで一貫して手厚いサポートをしてくれる
  • サポート対応地域:全国

レバテックキャリア
おすすめの人:エンジニアの年収アップを目指す人/業界・企業の詳しい情報をキャッチしたい人
  • エンジニア実務経験のあるアドバイザーからのサポート
  • 書類添削、面接対策のサポート品質が高い
  • サポート対応地域:全国

doda IT エンジニア
おすすめの人:エンジニア案件の求人を幅広くチェックしたい人/スカウトを受けたい人
  • 全国トップレベルのITエンジニア求人数。都市部だけだなく地方求人にも強い
  • 企業からのスカウト・オファーが届きやすい
  • サポート対応地域:全国

Geekly(ギークリー)
おすすめの人:東京首都圏エリアでWeb・ゲーム業界の求人を探している人
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い!
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
  • サポート対応地域:全国

ワークポート
おすすめの人:未経験からIT・Webエンジニア・クリエイターを目指す人
  • IT・Web系の転職支援に強い。業界未経験からの転職支援にもしっかり対応
  • 担当アドバイザーからの積極的な提案が好評。「未経験から、チャレンジしたい」人の転職におすすめ
  • サポート対応地域:全国

1)「SESを辞めたい…。」によくある理由とは

SESを辞めたい場合によく挙がる理由には、以下の項目があります。

いずれもエンジニアとして働く方にとっては、切実な問題です。どうしてこのような事態が発生してしまうのか、その理由を順に解説していきましょう。

給料がなかなか上がらない

#その1 給料がなかなか上がらない

いくら頑張っても給料がなかなか上がらないことは、SESの仕事で直面する厳しい現実の1つです。

その理由は、契約金額があらかじめ企業間で決められているため。そのためあなたの給与を上げることは、所属する企業の減益に直結してしまう現実があります。

加えてシステム開発の現場では2次請け、3次請け、またはそれ以下となる企業も多く、契約金額そのものも1次請けと比べて3分の1以下に抑えられるケースも少なくありません。
従業員の頑張りにこたえたくても、なかなかかなえられないことも、SES経営者の悩みです。

一方でWebサービスの運営企業などは、良いサービスを提供することが売り上げアップに結びつくため、業績に応じての給与のアップも実現しやすいでしょう。
このような事実を知ると、SESで働くことが嫌になるかもしれません。

新しいスキルが身につかない

#その2 新しいスキルが身につかない

SESで働く方のなかには、以下のような方もいます。

  • ずっと同じ顧客先に常駐し、同じような業務を行っている
  • 常駐先はときどき変わるが、求められるスキルが毎回同じ
  • 単純作業の繰り返しで、自分が本当に技術者なのかわからなくなる

一見して「新しいことを学ばなくても仕事があるなら、安定していて良いではないか」と思うかもしれませんが、そうではありません。

もしお持ちの技術がだんだんと必要とされなくなっている場合、ある日突然「今のスキルでは、もう常駐先がない」と宣告されかねません。

このような事態は防止したいところですが、新しい技術を身につけたとしても、活かせる現場になかなかアサインしてもらえない場合もあります。

一方で仕事を失う事態は、なんとしても防がなければなりません。将来に対する危機感が、SESを辞める動機につながる場合もあります。

安定した人間関係を築けない

#その3 安定した人間関係を築けない

安定した人間関係を築きにくいことも、SESを辞めたいと思う動機につながります。それはSESで働くことに、以下の特徴があるためです。

  • 社内のメンバーとは会う機会が少ない(月1回程度)ため、なかなかお互いを知ることが難しい
  • 常駐先のメンバーは他社の従業員の場合も多く、なかなか打ち解けられない場合がある
  • プロジェクトが終わると別の常駐先に移り、再度人間関係を築き上げなければならない

場合によってはお互いが打ち解けたタイミングで、次の現場に移らざるを得なくなるケースもあります。人付き合いが苦手な方にとっては、プロジェクトを転々とすることに苦痛を感じるかもしれません。

2)「SESを辞めたい…」と思った時の解決法

SESを辞めたいと思った場合、その解決方法は環境要因が原因の場合と、業務要因が原因の場合に分かれます。それぞれどのような解決法があるか、詳しく解説していきます。

【環境要因】で仕事を辞めたい場合

【環境要因】で辞めたい場合 ■残業や休日出勤を強要する ■休暇を取得しにくい ■職場の人間関係でトラブルが発生している ■自社の人間は自分だけ など

SESを辞めたい理由のなかには、職場環境に起因する場合もあります。一例として、以下のケースが挙げられます。

  • 残業や休日出勤を強要する
  • 休暇を取得しにくい
  • 職場全体のコミュニケーションが悪く、たびたびトラブルが発生している
  • 自社の人間は自分だけで、周りは他社の方ばかり

上記のようなケースでは、あなたの持てるスキルをなかなか発揮しにくいもの。
自分はなんのために働いているのだろうか」と、無力感を感じることもあるかもしれません。

転職は代表的な解決方法ですが、上司に対してより良い環境で働ける常駐先に変更してもらえないか相談することも1つの方法です

もっとも単に「自分に合わない」「人間関係がよくない」といった理由だと、「エンジニア本人に原因があるのではないか?」と思われかねません。

なぜそう思ったのか、理由を掘り下げた上で相談することが有効です。「他の現場ではうまくいっていたのに、ここだけが悪い」という点は、有力な判断材料となります。

【業務要因】で仕事を辞めたい場合

【業務要因】で辞めたい場合 ■得意とするスキルを活かせない ■運用だけでなく構築や開発にも携わりたい ■要件定義や設計など上流工程に携わりたい など

SESを辞めたい理由には、以下のとおり業務に起因する場合もあります。

  • 得意とするスキルを活かせない
  • 運用だけでなく、構築や開発にも携わりたい
  • 要件定義や設計など、上流工程に携わりたい

常駐先の企業は、仕事ができる方を求めています。
そのため構築や開発の工程へ、または新しい言語へチャレンジしたい場合は、まずそのスキルを習得するところから始めましょう

その上で、上司に働きかけることがおすすめです。すぐに実現しない場合も多いですが、何度働きかけても改善しない場合は転職を考えてもよいでしょう。

またSESエンジニアには、なかなか上流工程の仕事がまわってこない場合も多いです。

もし自社がSES専業で上流工程の業務がない場合は、上流工程を扱う企業への転職がおすすめです。転職後は周りの方と切磋琢磨できることで、より速い成長が期待できます。

3)「SESを辞めて転職しよう」と決断したら、4つのポイント を意識しよう

もしあなたがSESを辞め、他の企業に転職する決断をした場合は、以下に挙げる4つのポイントを意識することが求められます。

いずれも、重要な項目です。それぞれについて、詳しく解説していきます。

SESの経験を活かせる職種を知っておこう

POINT1 SESの経験を活かせる職種を知っておこう ■Webエンジニア/プログラマー ■業務系のエンジニア ■社内SE ■インフラエンジニア

SESの経験を活かせる職種には、以下の4つが挙げられます。

それぞれの職種についてどのように活かせるのか、順に解説していきましょう。

Webエンジニア/プログラマー

WebエンジニアやプログラマーはSESだけでなく、Webサービスの運営会社など、さまざまな企業で募集されています。以下にあてはまる方は、転職先でも経験を活かせることでしょう。

  • Webサービスの案件に携わったことがある
  • Web開発によく使われる言語を使った開発経験がある(Java、JavaScript、PHP、Pythonなど)

もし運用経験しかない場合でも、若い方なら心配はいりません。動くレベルの成果物を作成できるまでスキルを上げられれば、開発エンジニアとして転職できる可能性があります。

業務系のエンジニア

業務システムには、業務特有のルールがあります。開発の担当者としてプロジェクトに参画した方ならば、多少なりとも実装の際に、顧客が要求する業務上のルールに制約を受けた経験をお持ちの方は多いでしょう。

このため参画したプロジェクトで得た業務知識を活かし、業務系のエンジニアとして転職することは可能です。

もっともSESから参画した方が得ている業務知識は、限られる場合も多いです。このため転職後はより多い業務知識の習得を求められるとともに、時代や法令改正にあわせてアップデートしなければなりません。

社内SE

社内SEは、SESの経験を活かせる代表的な職種です。以下のとおり、多種多様な業務があることが特徴です。

  • サーバーなど、社内にある機器の運用管理
  • 社内システムの保守・開発や、業務に役立つツールの作成
  • 外部ベンダーとの打ち合わせ

このため運用・開発・インフラのいずれかの経験があれば、なることは可能です。

一方で社内SEの「顧客」は、ITをよく知らない方が多いことが特徴。
募集人員も少ないため、なかなか内定できないかもしれません。加えて間接部門となる場合も多く、頑張りに見合った評価が得られない可能性もあります。以下で解説する3つの職種も、あわせてご検討ください。

インフラエンジニア

ここまで解説した職種は運用や開発職が中心でしたが、SESはインフラ分野にもあります
設計書の通りに構築するといった仕事から、ステップアップしたい方も多いのではないでしょうか。

さまざまな構築の経験を活かして、転職を実現することも可能です。また構築だけでなく、要件定義や設計の業務に携わることも可能です。

求められるスキルは、企業により異なる場合が多いです。ご自身の得意分野を活かせる企業を見つけたうえで、応募するとよいでしょう。

受託開発と自社サービスとの違いを意識する

POINT2 受託開発と自社サービスとの違いを意識:受託開発では、顧客の要望を満たすことが基本。自社サービスは、100%こたえる必要はない。

SES企業でお勤めの方のなかには、特定の企業から依頼を受けてシステムを組む「受託開発」に携わっている方も多いでしょう。

パッケージやWebサービスといった、自社サービスを運営する企業に移りたい方も多いと思います。その際は以下のように、受託開発と考え方が異なる点があることに注意が必要です。

項目 受託開発 自社サービス
搭載する機能 顧客の要望が主体 市場のニーズをもとに、自社で決定する
利用する企業 発注した企業だけが使う 多数の企業が利用する
顧客からの要望 すべて受け入れることが基本 優先順位を設け、取捨選択する
完成時期 納期として、顧客から指定される
(但し、交渉の余地はある)
自社で決定する

受託開発では、顧客の要望を満たすことが基本です。
これに対して自社サービスでは、顧客の要望に100%こたえる必要はありません。

その代わり優れたサービスを提供し続けないと、シェアや売上が下がってしまうリスクがあります。
このため常に市場をウォッチし、いつまでにどのような機能を開発すべきか、すすんで調べ提案する姿勢が求められることに注意が必要です。

退職を伝えるタイミングを知っておこう

POINT3 退職を伝えるタイミングを知っておこう:早めに意思を伝えることが円満退社のコツ。就業規則も確認しておこう。

SES企業を退職する場合は、早めに意思を伝えることが円満退社のコツです。なぜならご自身が抜けることにより、SES企業と顧客企業との契約に影響を及ぼすおそれがあるためです。

もちろん民法により、正社員は2週間前に退職届を出すことで離職可能ではあります。
しかし可能であれば、できるだけ影響を少なくしたいもの。プロジェクトが変わる時期にあわせて離職することが理想です。

あわせて、就業規則も確認しておくとよいでしょう。

もっとも今のプロジェクトがいつ終わるか、わからない場合も多いでしょう。その場合は早めに離職したい旨を申し出て、時期は上司と調整することがおすすめです。

ITエンジニアの支援実績が豊富な転職エージェントを活用する

POINT4 IT業界の実績が豊富なエージェントの活用:転職エージェントは各企業の内情も把握している。転職者の強みを理解したうえで求人を紹介してくれる。

せっかくSESではない企業を目指しても、転職先の企業が実はSESだったということになるとやりきれません。

確実にSESではない企業に入るためには、IT業界の支援実績が豊富な転職エージェントの活用をおすすめします。

IT業界に詳しい転職エージェントは、各企業の内情も把握しています。このため応募する前にチェックし、SESでない企業を選ぶことが可能。希望の実現に大きく貢献します。

また転職エージェントは、あなたが持つ強みを把握した上で、適切な仕事を紹介するスキルに長けています。入社後に活躍できる企業を紹介してもらえることも、大きなメリットに挙げられます。

次の章では、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。あなたに合ったエージェントを選び、満足ゆく転職活動を実現しましょう。

4)SESからの転職におすすめの転職エージェント

マイナビIT AGENT──IT・Web業界への転職支援に強い&丁寧なサポート

マイナビエージェント。ITエンジニアの方へ
マイナビIT AGENTの特徴
  • ITエンジニアの求人数は国内トップレベル。システム会社から事業会社まで幅広く網羅
  • 担当者の対応が丁寧。書類添削から面接対策までじっくり取り組んでくれる
  • 企業とのリレーションが強く、独自の非公開求人が多数
サービス対応地域 全国
拠点 東京(2か所)、神奈川、北海道、宮城、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
ITエンジニア求人数 約21,000件(2022年3月現在)

マイナビIT AGENTは人材紹介会社の大手マイナビが運営する「IT/Webエンジニア専用」の転職支援を行うエージェントです。
サポート対応地域は全国。オンラインでの面談も受け付けています。

マイナビIT AGENTの大きな特徴は、エンジニア向け求人数の豊富さ、そしてシステム会社から事業会社まで幅広い業界の求人に対応している点が挙げられます。

また、マイナビの転職サービスは「サポートの丁寧さ」にも定評があり、職歴書の作成や面接対策に不安を感じている人におすすめです。

マイナビIT AGENTの活用メリットとSESからの転職へのおすすめポイント

マイナビIT AGENTの所属アドバイザーは、全員がIT・Web業界に精通したプロフェッショナルです。

エンジニアの転職事情を十分に理解しているため、たとえばSESから次のキャリアへ進むうえでどのようなキャリアパスがあるか、転職者一人ひとりに合わせてアドバイスしてもらえるでしょう。

また、マイナビIT AGENTは優良企業のレア案件(=非公開求人)を独自に保有しています。

「非公開求人」とは?=企業が社名を明かさず人材を募集すること。▽企業が非公開求人を行う理由●企業側で急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない。●企業の人事採用側の事務コストの節約。●機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用。

就業条件が恵まれているエンジニア求人には、大量の応募者が殺到する傾向があります。そのため選考の競争率も高くなりやすく、強力なライバルが数多く現れる可能性もあるでしょう。

マイナビIT AGENTの非公開求人は、専任アドバイザーを通じてのみ紹介されます。エンジニアのスキルや経験にマッチした非公開求人を個別に紹介してもらえるので競争率が低く、採用に至る確率を高めることにつながるのです。

一方のマイナビIT AGENTの注意点は、未経験者向けの求人が少なめな点、求人がやや都市部に集中している点です。

未経験者歓迎・実務経験の浅い人向けの求人を見たい」、「地方での求人を中心に見たい」という場合は、幅広い層・地域に向けて求人紹介をしているdodaリクルートエージェントパソナキャリアといった幅広い分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

レバテックキャリア──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

レバテックキャリア。IT/Web業界のエンジニア・クリエイター専門
レバテックキャリアの特徴
  • 担当アドバイザーは全員エンジニア経験者。専門分野において適切なサポート・アドバイスが受けられる
  • 企業情報を熟知した担当のフォローにより、書類通過率・内定決定率が高い
  • AI・ビッグデータ・FinTechなどのトレンド技術を扱う求人が豊富
サービス対応地域 全国
拠点 東京、神奈川、大阪、福岡
ITエンジニア求人数 約13,000件(2022年3月現在)

レバテックキャリアは「エンジニア実務経験者」のサポートに特化した転職エージェントサービスです。

保有求人数もIT・Web業界特化型サービスの中ではトップクラスで、かつエンジニアの専門知識を持つキャリアアドバイザーからサポートを受けることができます。

年収アップなど待遇面での改善をしたい」、「エンジニアとしてのキャリアプランを掘り下げたい」、「書類や面接で評価してもらえるようアドバイスを欲しい」というエンジニアの方は、レバテックキャリアがおすすめです。

レバテックキャリアの活用メリットとSESからの転職へのおすすめポイント

大手転職サービスであるdodaやマイナビには及ばないものの、レバテックキャリアは「AI」、「機械学習」、「クラウドエンジニア」、「ビックデータ」、「FinTech」などのトレンド技術を扱う求人を多く抱えており、エンジニアとしてキャリア開拓を目指す人にフィットしやすいのです。

レバテックキャリアは最新技術・トレンド技術分野の求人が豊富! DX推進:約200件 AI・機械学習:1,000件以上 ビッグデータ:約1,000件 FinTech:約500件 クラウドエンジニア:約200件
 

SESからこれら分野へのエンジニア、SE、PL等のジョブチェンジを検討している人は、レバテックキャリアを選択肢の一つとしておくとよいでしょう。

そのほか、レバテックキャリアでは他の転職サービスにはない良質な「非公開求人」も豊富に扱っており、サイト上では閲覧できない案件もキャリアアドバイザーを介して紹介してもらうことができます。

「非公開求人」とは?=企業が社名を明かさず人材を募集すること。▽企業が非公開求人を行う理由●企業側で急な採用が必要となり、求人を公開して募集する時間がない。●企業の人事採用側の事務コストの。●機密性の高いプロジェクトや事業戦略に関わる人材採用。

非公開求人の中には、大手企業のプロジェクトや高年収求人も含まれているので、「エンジニアの経験を活かし、さらなるキャリアアップをしたい」という人にとっては大きなメリットになるでしょう。

一方のレバテックキャリアの注意点は、未経験者向けの求人が少なめな点、求人がやや都市部に集中している点です。

未経験者歓迎・実務経験の浅い人向けの求人を見たい」、「地方での求人を中心に見たい」という場合は、幅広い層・地域に向けて求人紹介をしているdodaリクルートエージェントパソナキャリアといった幅広い分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

doda ITエンジニア──幅広く充実したボリュームの求人と、積極的な提案

doda。企業との強いリレーションで口コミ転職者満足度No.1。ITエンジニアの転職ならdoda
doda ITエンジニアの特徴
  • 全国トップレベルのITエンジニア求人数。都市部だけだなく地方求人にも強い
  • 企業からのスカウト・オファーが届きやすい
  • 転職サイト・転職エージェントどちらのサービスも利用できる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡
求人数 約27,000件(2022年3月現在)

doda ITエンジニアは国内大手人材会社「doda」の、ITエンジニアに特化した転職エージェントサービスです。
ITエンジニア系のエージェントは都市部に特化したところが多い中、doda ITエンジニアは都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。

また、dodaは求人を自分で探して応募する「転職サイト」と、求人紹介から企業への応募、日程調整までアドバイスしてもらえる「転職エージェント」両方のサービスを利用できます。
「まずは自分でじっくり求人チェックしたい」という方は転職サイトのサービスを利用し、その後「応募や企業への交渉についてサポートしてほしい」となったときにエージェントサービスを利用する、という使い方もできます。

doda ITエンジニアの活用メリットとSESからの転職へのおすすめポイント

doda ITエンジニアでは「ダイレクト・リクルーティングサービス」という仕組みを取っており、そのため実績のあるエンジニアは企業から熱意あるスカウトメールが届くことが多いでしょう。

従来の採用形式:転職者が企業に応募する形式 ダイレクト・リクルーティング:企業から転職者に直接アプローチする形式

dodaに登録すれば、「自分が今どんな企業から関心を持たれているか」について、スカウトメールの傾向から確認することができるでしょう。

スカウトメールは登録時のレジュメ内容をもとに送付されます。レジュメ内容を充実し、さらに今後進みたい分野へのアピールをすることによって、希望する分野の求人企業からスカウトメールをもらう確率を高めることができます。

また、doda ITエンジニアでは担当にキャリアアドバイザーのほかに「プロジェクト担当」といって求人企業への採用支援を行うスタッフも就いてくれます。

dodaエンジニアITのサポートの仕組み

引用元:doda「転職エージェントのdodaがあなたをしっかりサポート

これにより、転職者は応募企業についての詳細情報を入手しやすくなり、ミスマッチ転職の回避が期待できます。

一方のdoda ITエンジニアのデメリット・注意点は、担当アドバイザーの品質にバラつきがある点です。応募・エントリーを急かされたり、希望する分野への知識の浅いアドバイザーが就いてしまうこともあるでしょう。

丁寧かつ実績のあるアドバイザーに担当に付いてほしい」という場合は、パソナキャリアJACリクルートメント(キャリアアップ、ハイクラス向け)、マイナビIT AGENTレバテックキャリア(IT/Webエンジニア向け)といった各分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

Geekly──IT・Web業界の実務経験ある担当が力強くサポート

IT業界に特化した転職支援ならGEEKLY(ギークリー)。
Geeklyの特徴
  • Web業界・ゲーム業界の転職支援に強い
  • 担当アドバイザーのほとんどがITエンジニア経験者
  • 20代~40代まで、幅広い年代で転職成功実績がある
サービス対応地域 全国
拠点 東京
ITエンジニア求人数 約13,000件(2022年3月現在)

Geekly(ギークリー)は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスです。
他の転職サービスには掲載されていない「非公開求人」の数も豊富で、独自のノウハウにより転職者の希望の条件にマッチする企業の紹介を行っています。

ギークリーのキャリアコンサルタントは、最低でもIT業界で3年以上のコンサルティング経験を持っています。SESから他のエンジニア職への転職に成功した事例をいくつも持っているコンサルタントもいることでしょう。

かつては「35歳転職限界説」もありましたが、ギークリーの転職成功者のうち、およそ4割近くは36歳以降のミドル世代であり(※公式サイトより)、幅広い年代で偏りなく実績を積んでいる点もギークリーの大きなメリットです。

Geeklyの活用メリットとSESからの転職へのおすすめポイント

特化型エージェントだけにゲーム業界に強く、企業のコアな情報を転職希望者に提供していることに定評があります。キャリアコンサルタントの専門性も高く、エンジニアの経験やスキルレベルをしっかりと把握してくれるので、マッチングの精度が高いのも大きな特徴です。

また、エンジニア、クリエイター、ゲーム、営業など、分野ごとに専門チームを設けて、それぞれの分野の知見の深いカウンセラーがキャリア相談やおすすめの求人を紹介してくれます。

そうしたサポート体制もあって、ギークリーを利用した転職者の年収アップ率は75%といいます(※2022年2月 公式サイトより)。

一方のGeeklyの注意点は、未経験者向けの求人が少なめな点、求人がやや都市部に集中している点です。

未経験者歓迎・実務経験の浅い人向けの求人を見たい」、「地方での求人を中心に見たい」という場合は、幅広い層・地域に向けて求人紹介をしているdodaリクルートエージェントパソナキャリアといった幅広い分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

ワークポート──未経験者向け支援、特にIT・Web業界へのサポートに強い

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
ワークポートの特徴
  • 全国トップレベルの求人数。特にIT・Web業界への転職支援に強い
  • 幅広い業界において、未経験者へのサポート実績が豊富
  • 転職者の希望に合わせて、「チャレンジ転職」にも力強くサポートしてくれる
サービス対応地域 全国
拠点 北海道、宮城、東京(2か所)、埼玉、栃木、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
ITエンジニア求人数 約16,000件(2022年3月現在)

ワークポート(WORKPORT)は「業界・職種未経験者」のサポートに優れており、なかでもIT・Web業界の支援に強い転職エージェントです。
全都道府県の地域を対象としており、オンライン面談も受け付けています。

また、ワークポートに登録した際に担当となってくれる転職コンシェルジュ(アドバイザー)は、積極的な求人提案をしてくれることでも知られています

転職先を検討するにあたって、できるだけ多くの求人を比較した上で応募先を決定したい人や、担当アドバイザーからの提案を多く受けたい人は、ワークポートのサポートがマッチしやすいでしょう。

ワークポートの活用メリットとSESからの転職へのおすすめポイント

図参照:ワークポート 転職コンシェルジュとの面接シーン

引用元:転職エージェントのWORKPORT(ワークポート)で 転職相談サービスを体験してみた!

ワークポートは「未経験職種」へのサポートが手厚いことでも知られています。
そのため、SESから別のエンジニア職へと新たにジョブチェンジを検討している方は、ワークポートの担当から積極的な提案をうけやすいでしょう。

ワークポートのここが強み! ■あなたの可能性を最大限に引き出すプロの力 ■個別の面接対策、書類作成のアドバイス

引用元:ワークポート 「転職コンシェルジュの転職相談サービス

検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

他の転職エージェントに登録したものの、想像していたほど求人を紹介してもらえなかった人や、担当者のレスポンスが鈍く転職活動が進まないと感じていた人にこそ、ワークポートを利用するメリットを実感できるはずです。

一方のワークポートのデメリット・注意点は、担当アドバイザーの品質にバラつきがある点です。応募・エントリーを急かされたり、希望する分野への知識の浅いアドバイザーが就いてしまうこともあるでしょう。

丁寧かつ実績のあるアドバイザーに担当に付いてほしい」という場合は、パソナキャリアJACリクルートメント(キャリアアップ、ハイクラス向け)、マイナビIT AGENT(IT/Webエンジニア向け)といった各分野で評判の高いの転職サービスがおすすめです。

まとめ)SESE経験者としてのアドバンテージを意識したキャリアプランを考えよう

「SESを辞めたい」と思ったら、まずは原因が何か突き止めることをおすすめします。解決方法には以下のものがありますから、どれに当てはまるか考えましょう。

  • 自分自身のスキルアップ
  • 上司に相談し、職場を変える
  • 転職する

もし今の職場で解決できない場合は、早いうちから転職を視野に入れた準備が必要です。SESの場合はスムーズに退職できるタイミングが限られる場合があるため、特に注意が必要です。加えて転職先ではSESの常識が通用しない場合があることにも留意すると、転職先のカルチャーに慣れやすくなります

スムーズな転職には、転職エージェントの活用も有効です。悩んでいる方は、まず相談してみるとよいでしょう。