『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職時に「待遇がいい会社」を見つけるには?求人の探し方を解説

[最終更新日]2021/11/25

転職時に「待遇がいい会社」を見つけるには?求人の探し方を解説

先進国の平均賃金が過去20年間で上昇し続ける中、日本国内の賃金は横ばい状態が続いています。

下の図は、2016〜2020年の国別平均賃金を表しています。
日本の平均賃金はアメリカの約55%となっており、世界規模で見ると収入の高い国ではなくなりつつあることが分かります。

Average Wages

OECD「Average Wages

転職を検討している人にとって、少しでも年収が高く待遇の良い企業で働きたいと考えるのは自然なことでしょう。年収が高い会社を探すにあたって、次のように考えたことはないでしょうか。

  • 企業規模と年収は比例していると思う
  • 有名企業の多くは年収が高い傾向がある
  • 求人の給与条件を見れば待遇が判断できる

目次

1)大企業=待遇がいいとは限らない!? 従業員の給与はどう決まる?

はじめに「そもそも給料はどのように決まるのか?」という根本的な部分から整理します。

従業員の給料はどのように決まっているのか、基礎的な仕組みを確認しておくことで、待遇の良い企業を探す際の手がかりになるはずです。

とくに「大企業=高給」というイメージを元に求人を探そうとしている人は、次の点に十分留意しておく必要があるでしょう。

従業員に支払う給料は企業にとって「費用」

売上ー諸経費=利益:従業員への給与は費用に含まれる。利益が多い=高給とは限らない。

従業員の待遇がいい会社の特徴を挙げるとしたら、おそらく多くの人が「儲かっている会社」と答えるのではないでしょうか。しかし、給与水準を決定づけるのは必ずしも企業の収益とは限りません。

一般的に、企業が従業員に支払う給与は「利益」から分配されていると思われがちです。
実際には、売上から材料費や仕入額、諸経費といった諸々の費用を差し引いたものが利益として残ります。

このとき、従業員に支払う給与もまた「費用」として計上されているのです。
つまり、従業員に支払う給料は企業にとって「費用」であり、利益が分配されているわけではありません。

したがって、「会社は儲かっているはずなのに、従業員の給与は一向に上がらない」といった状況は十分に起こり得ます。「会社の利益が多い=従業員が高給」とは限らない点に注意が必要です。

原則として1人あたり売上高を上回る給与は支払われない

会社全体の売上高÷従業員数=1人あたり売上高

売上と利益の関係を踏まえると、企業で支払われている給与を知る上でのヒントを得られます。
その根拠となるのは「1人あたり売上高」です。

会社全体の売上高を従業員数で割ったものを「1人あたり売上高」といいます。
たとえば、年間売上高が10億円の会社があると仮定します。この会社の従業員数が100人の場合、1人あたり売上高は1千万円です。

1人あたり売上高からコストを差し引いたものが利益となりますので、上の例では従業員1人あたり平均1千万円を超える給与は支払えないことになります。

たとえ大企業であっても、従業員数に見合った十分な売上が確保できていなければ、従業員に高い給与を支給し続けることは難しくなります。

原則として、1人あたり売上高を上回る給与を支払うのは企業にとって困難です。企業の売上高と従業員数が分かれば、平均給与の上限額を把握できるのです。

企業独自の賃金テーブルや考課制度にもとづいて給与が決定される

給与モデルや想定年収は企業ごとに規定がある

転職先での給与条件を決定づけるのは、その企業で定める給与規定です。
多くの企業には独自の賃金テーブルや考課制度がありますので、入社時の年齢や保有スキルを総合的に踏まえた上で、等級や号棒が決まるケースが多く見られます。

求人に掲載されている給与モデルや想定年収は、こうした給与規定にもとづいて算出されているケースがほとんどです。

また、内定承諾時に給与交渉を行う場合も、等級を1つ上へ引き上げられるかどうか、提示された条件よりも高い号棒からスタートできるか、といったことが争点となります。

つまり、年収を決定づけるのは最終的に企業の経営方針といえます。そのため、年収が高い傾向がある企業の特徴や見分け方を知っておくことは、優良企業を探すにあたって非常に重要なポイントとなるのです。

2)待遇がいい会社(従業員の給与が高い企業)の特徴5選

待遇がいい会社を探す際、求人情報に記載された給与モデルだけを見て判断するのはリスクがあります。
求人には月給ベースでの条件のみ提示しているケースも多く、実際には好待遇の企業を見落としてしまう可能性があるからです。

そこで、従業員の年収が高い傾向がある企業の特徴をまとめました。次の条件に複数該当する企業であれば、高年収の可能性が考えられるでしょう。

特徴1:新卒初任給が高めに設定されている

#その1 新卒初任給が高めに設定されている

中途採用の場合であっても、その会社が新卒を採用する場合の初任給を確認しておくことをおすすめします。

初任給はスタート時点での給与ですので、業務経験や実績を積んでいく中で給与がさらに上昇していく可能性があります。

新卒初任給は、各企業のホームページや就活サイトで調べることができます。上場企業であれば『会社四季報』や『就活四季報』といった雑誌でも確認できますので、必ずチェックしておくことをおすすめします。

事例:KLab株式会社(オンラインゲーム開発)

KLab株式会社

オンラインゲーム開発を手掛けるKLabは、2021年6月末時点での正社員数が576名の東証一部上場企業です。

同社では学部卒者の初任給を30万円としています(総合職・固定残業30時間分を含む)。
技術職の場合はさらに初任給が高く、学部卒で32万円となっています。一般的な企業の新卒初任給と比べて高いことから、給与水準が全体的に高いと予想できるでしょう。

特徴2:各種手当が充実している

#その2 各種手当が充実している

従業員の年収を決定づけるのは月給だけではありません。
企業が独自に支給する各種手当も含めて年収が決まりますので、各種手当が充実している企業を探すのも1つの考え方です。

とくに、住宅手当家族手当といった毎月支給される手当は注目すべきポイントといえます。
所定の条件に該当していれば、実質的に給与が上乗せされることになり、年収を大きく押し上げる要因になり得るからです。

事例:株式会社VOYAGE GROUP(Webサービス開発)

株式会社VOYAGE GROUP

VOYAGE GROUPでは、勤務地から2km圏内の賃貸住宅に居住する従業員を対象に、毎月5万円の家賃補助を支給しています

会社所在地は東京都渋谷区のため、2km圏内で賃貸契約をするとなると家賃の負担も大きくなることが予想されます。

しかし、5万円の家賃補助を受け取れる上に、通勤時間の短縮につながるわけですから、待遇としては恵まれているといえるでしょう。
こうした職住近接を推進している企業を探すのも、年収が高い会社を探すコツといえます。

特徴3:賞与の支給水準が高い

#その3 賞与の支給水準が高い

年収ベースで考えたとき、賞与の支給水準が高い企業ほど年収が高くなりやすい傾向があります。
求人情報では「賞与支給実績:年間〇ヶ月」といった記載が見られることがありますので、必ずチェックしておきましょう。

賞与の支給回数や決算賞与の有無なども確認しておきたいポイントです。
企業によっては年3回以上の賞与支給や、業績好調の際には決算賞与で従業員に利益を還元している企業も見られます。賞与の支給水準は、年収を推測する上で重要な要素となるはずです。

事例:大本組(建設)

大本組

岡山県に本店を置く大本組は、建設業界の中でも業績好調な企業として知られています。

賞与は年2回支給されており、『東洋経済』の調査では年間の賞与支給額が366.8万円と、上場企業の中でもトップクラスです。

国内企業のボーナス1回あたりの支給額(中央値)が40万円前後であることを踏まえると、かなりの好待遇であることが分かります。

特徴4:営業利益率が高い

#その4 営業利益率が高い

営業利益とは、売上から売上にかかるコストを差し引いたものを指します。売上高に対する営業利益の割合を表すのが営業利益率です。

前述の通り、コストには人件費も含まれています。営業利益率が高いということは、人件費を差し引いてもなお十分な利益を上げられており、企業としてのビジネスモデルや営業基盤がしっかりと整っていることを示しているのです。

一般的に、モノ・ヒトの移動が少ない業態はコストを抑えやすく、人件費にお金が回りやすい傾向があります。

事例:株式会社手間いらず(ソフトウェア開発)

株式会社手間いらず

宿泊予約サイトを一元化するシステム「手間いらず」を提供している企業です。

2021年6月時点での営業利益率は71.1%となっており、コストを抑えて利益を確保する経営を実現していることがうかがえます。
このように、ITサービス系の業種はモノ・ヒトの移動が少なく、高い営業利益を確保できるケースがあるのです。

特徴5:参入障壁が高い

#その5 参入障壁が高い

たとえ優れたビジネスモデルを確立しても、参入障壁が低いビジネスであれば他社がすぐに参入してくるため、中長期的に売上を維持するのは困難になります。

一方、参入障壁が高くすぐには模倣できないビジネスの場合、中長期的な経営の見通しが立てやすいことから、従業員の給与も高い水準に設定しやすくなるのです。

参入障壁が高い産業としては、特殊な免許が必須とされる事業や高い知見・技術が必要な事業が挙げられます。

こうした産業は従事する社員にも高いレベルの知見やスキルを求める傾向がありますが、年収が高い仕事を探すのであれば検討する余地があるでしょう。

事例:株式会社南江堂(出版)

株式会社南江堂

南江堂は医学書を刊行する出版社です。平均年収は1,000万円を超えており、出版業界の中でも高い水準を維持しています。

質の高い医学書を刊行し続けるには、医学に関する高い知見が求められます。
また、出版取次や医学界との信頼関係が必須となるため、他業態から新規参入するのは難しいのが実情です。

このように参入障壁の高い業態は安定経営につながりやすいことから、従業員の年収も高い傾向があります。

3)待遇がいい会社を見分ける方法

ここまで、待遇がいい会社の特徴や事例を紹介してきました。では、実際に転職活動を進めるにあたって、待遇がいい会社をどのように見分けたらいいのでしょうか。

待遇がいい会社を見分けるには、求人情報からは読み解けない面にも着目し、総合的に判断することが非常に重要です。とくに次に挙げるポイントは、待遇がいい会社を探す際に意識しておくことをおすすめします。

業績が好調な業種に属している企業を探す

POINT1 業績が好調な業種に属している企業を探す ■EV(電気自動車)関連産業 ■AR、VR関連産業 ■クラウドコンピューティング関連産業 ■ブロックチェーン関連産業 ■AI関連産業 など

採用後の年収を判断する際、企業ごとの給与条件に着目しがちです。しかし、より視野を広げて業界全体の動向にも目を向けると、待遇の良い企業を探す上で役立つ場合があります。

成長産業と呼ばれる業種は年々少なくなっています。
かつては高年収のイメージが強かった金融業界なども、FinTechの台頭により必ずしも好待遇が期待できなくなっているのが実情です。

このように、業績が好調な業種を探すには現時点での業績に加え、将来的に伸びていくことが予想される業種かどうかも重要な観点となります

一例として、下記の業種は今後も伸びていくといわれています。

今後の業績が期待できる業界の一例

  • EV(電気自動車)関連産業
  • AR、VR関連産業
  • クラウドコンピューティング関連産業
  • ブロックチェーン関連産業
  • AI関連産業

このように、将来的に伸びていく可能性が高い業種に絞って求人を探すことで、待遇がいい会社がみつかる確率を高めることができるのです。

応募者に高い専門性や希少なスキルを求めている企業を探す

POINT2 応募者に高い専門性や希少なスキルを求めている企業を探す ■プログラミングスキルだけでなく機械学習についても詳しい ■エンジニア開発経験+法人営業経験を持つ など

人材価値には需要と供給の関係が大きく影響しています。
業務を担える人材が希少であればあるほど優秀な人材を確保することは難しく、企業としては人件費を投じて人材を確保する必要に迫られるはずです。

高い専門性や希少なスキルを保持しており、即戦力として活躍できる人材は好条件で採用される確率が高いでしょう。

たとえば、一定以上のプログラミングスキルを持つエンジニアは数多くいますが、機械学習エンジニアとなると十分なスキルや実績を持つ人材は一挙に少なくなるのです。

特定の分野で突出したスキルや実績がなくても、複数の職務経歴を掛け合わせることで希少性の高い人材になることは可能です。

一例として、エンジニアとしての開発経験がありつつ法人営業の経験もあれば、社外との折衝を一手に引き受ける技術職として活躍できる可能性があるでしょう。

過去数年間の業績が顕著に伸びている企業を探す

POINT3 過去数年間の業績が顕著に伸びている企業を探す:単年度ではなく数年単位で続いているなら、他社の追随を許さないレベルで安定している可能性大

転職を希望する業種・職種がすでに決まっている場合は、業界の中でも過去数年間にわたり業績が顕著に伸びている企業を探すとよいでしょう。

業績が突出して伸びているということは、競合他社にはない強みや戦略を持っている可能性が高いと考えられます。

しかも、単年度ではなく数年間にわたって業績が伸び続けているようなら、同様のビジネスモデルを他社が追随できない状況が続いていると推察できます。

業績が伸びている企業は社内の雰囲気が明るく、従業員も意欲的に仕事に取り組んでいるケースが少なくありません。

自身の今後のキャリアを考える上でも、直近の業績が伸びているかどうかは重視すべきポイントといえるでしょう。

従業員への高還元を重視している企業を探す

POINT4 従業員への高還元を重視している企業を探す:企業HPや経営者のSNSなどで発信していることもあるので企業研究は入念に行っておこう

同じような業績・売上規模の企業であっても、従業員の給与水準に差が開くことは決してめずらしくありません。

前に触れたように、従業員に支払う給与は企業にとって費用ですので、売上のうちどれだけの額を人件費に回すかは経営陣の判断しだいの面があるからです。

企業によっては、内部留保を蓄えることよりも従業員に積極的に還元していくことを重視しているケースが見られます。

こうした企業の方針は、企業ホームページで大々的に示されていることもあれば、経営者のインタビュー記事やSNSでの発言などに垣間見えることもあります。企業研究を行う際には、複数の媒体をチェックすることが非常に重要です。

従業員への高還元を経営方針に掲げる企業は、従業員の意欲やエンゲージメントを高めることの重要性を熟知しており、人件費を中長期的な「投資」と捉えている可能性が高いと考えられます。

従業員としても、人を大切にする企業で働けることは大きなメリットとなるはずです。

4)転職時に待遇がいい会社を狙って求人を探すときの注意点

年収アップを目指して転職先を探すのは決して悪いことではありません。同じ仕事に従事するのであれば、少しでも条件の良い職場を選びたいと考えるのは自然な心境でしょう。

ただし、年収アップを目指すあまり、他の観点を見落としてしまうとミスマッチの原因となりかねません。次に挙げる点は、年収アップを狙って求人を探す際に意識しておきましょう。

給与以外の条件・仕事内容にも目を向ける

POINT1 給与以外の条件・仕事内容にも目を向ける:企業特有の文化や経営方針に共感できるかも重要

転職活動は採用決定がゴールではありません。実際に入社してから活躍し続けることが重要になります。
たとえ年収の高い仕事に就くことができたとしても、興味の持てない仕事や自分に向いていない仕事を続けるのは苦痛に感じるでしょう。

高い年収を得ることを目指して転職先を探し始めると、つい給与条件や想定年収に目を向けがちです。

しかし、実際に働き始めてからどのような仕事に従事することになるのか、給与以外の条件や仕事内容にも着目することが重要です。

仕事内容の他にも、応募先企業に特有の文化や経営方針に共感できるかどうかも確認しておきましょう。
自分にとって働きやすい環境かどうかを重視することで長年にわたって仕事に従事でき、結果的に生涯賃金が多くなることもあり得るのです。

入社後に即戦力として活躍可能か慎重に見極める

POINT2 入社後に即戦力として活躍可能か慎重に見極める:応募要件だけでなく、近年のプレスリリースなどの確認も

入社時点で高い年収を提示する企業の多くは、中途採用者に対する要求が高いと考えられます。

好待遇に見合ったパフォーマンスを発揮できるかどうかは、年収を重視して転職先を探す際に必ず判断しておくべきポイントといえます。

一般的に、中途採用者に対しては新卒社員のような長期間の研修を実施することなく、即戦力として迎え入れるケースが多いはずです。

期待に応えられるだけのスキルや業務知識を持っていなければ、入社後にミスマッチが発覚することにもなりかねません。

求人情報に記載されている応募要件や必須スキルを確認するだけでなく、近年のプレスリリースを確認するなどして求められる能力・資質の仮説を立てておきましょう。

こうしたリサーチは、志望動機や入社後に挑戦したいことを面接でアピールする際にも役立ちます。

中長期的なキャリアプランの見通しを立てておく

POINT3 中長期的なキャリアプランの見通しを立てておく:高年収に目を向けすぎると、志望動機が薄くなりがち

「待遇のいい会社を探すこと」をゴールに設定してしまうと、これから自分はどのように働いていきたいのか、将来的に何を実現したいのかといった中長期の視点を見落としてしまいがちです。

好待遇の職場を探すからこそ、キャリアプランの見通しを立てておくことが非常に重要となるでしょう。

好待遇で人材を募集する企業ほど、年収が高いことを理由に志望する応募者を敬遠する傾向があります。

もちろん応募書類や面接で志望動機を伝える際には、年収以外の動機を伝える人が大半でしょう。
しかし、目前の給与条件が最大の魅力と感じていると、どうしても志望動機が薄いものになりがちです。採用担当者は、こうした応募者の本音を鋭く見抜いています。

中長期的なキャリアプランを熟考した上で応募することで、自身のキャリア形成にプラスとなるだけでなく、先々を見据えて仕事に従事したいと考えていることが伝わります。

年収や給与条件を重視する場合こそ、中長期的なキャリアプランの見通しを立てることの重要性が増すはずです。

モデル年収に惑わされず給与・賞与・手当の支給条件をリサーチする

POINT4 モデル年収に惑わされず給与・賞与・手当の支給条件をリサーチする:個人のリサーチに限度がある時は転職エージェントの活用を

求人にはモデル年収や月収例が記載されていることがあります。入社後の待遇を知る上での手がかりにはなりますが、モデル年収を鵜呑みにするのはリスクが高いといわざるを得ません。

たとえば月収の水準が高い企業であっても、賞与が支給されないのであれば、結果的に年収はさほど高くならないケースがあります。

また、一見すると手当が充実しているように見える企業も、扶養者の人数や年齢によって家族手当の支給が制限されていたり、住宅手当が居住エリアに応じて変動したりすることもあり得るのです。

企業としても、求人を出すからには多くの転職希望者に興味を持ってほしいと考えるため、可能な限り好条件でモデル年収を提示している可能性があります。

モデル年収だけで待遇を判断するのではなく、企業ホームページや複数の求人媒体をチェックして、できるだけ多くの情報を収集しましょう。

収集できる情報量に限度がある場合は、転職エージェントを活用してより精度の高い情報を得ることをおすすめします。

5)求人探しアドバイザーとしておすすめの転職エージェント

ここまで、待遇のいい会社の特徴および企業を見分ける方法についてお伝えしました。
「こうした調査を、自分一人で進めるのはなかなか大変そう…」と感じた方は、以下に紹介する支援実績の豊富な転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職エージェントでは、それぞれ求人企業の詳細情報を把握しており、ここまで紹介したようなポイントに合致する企業かどうかを把握していることが多いです。

尚、どの転職エージェントも「あなたの関心を持っている企業について熟知している」とは限りません。
可能な限り2~3社のサービスに登録しておき、より詳しくアドバイスしてもらえる担当を見つけたらそちらに利用を絞っていくと良いでしょう。

リクルートダイレクトスカウト:「優秀なヘッドハンターが将来を見据えたキャリア形成を支援」

Career Carverリクルートダイレクトスカウト リクルートのヘッドハンティングサービス
対応エリア 全国
おすすめのポイント
  • 実績豊富なヘッドハンターからのサポートを受けられる
  • 転職者側で「自分に合ったヘッドハンター」を選ぶことも
  • 紹介される企業は、年収800万以上の高年収求人情報がメイン
デメリット
  • 年収600万円以下の求人は殆どない
おすすめ度 ★★★★☆

リクルートダイレクトスカウトはリクルートが運営する「ハイクラス・エグゼクティブ」向け転職サービスです。ビズリーチ同様ヘッドハンティングが主のサービスとなり、登録時のレジュメ内容を元に、ヘッドハンターがスカウトを送る仕組みになっています。

リクルートダイレクトスカウトの「ココ」が違う!

リクルートダイレクトスカウトは「年収800万円以上」の求人がメインとなっており、中には企業の代表やCXOなどの役員クラスのポジションでの案件も含まれています。

また、リクルートダイレクトスカウトに在籍するヘッドハンターの多くは転職支援の実績が豊富で、高品質なキャリア相談も受けやすいです。

転職者側でヘッドハンターの実績を見て担当者を選ぶことができるため、自身の目指す業界・職種での実績が豊富なヘッドハンターにサポートを依頼することができます

リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

薬剤師・30代前半・男性・年収600万円台
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
自分で求人を探す手間を省けて、アフターフォローもしっかりしてくれた

リクルートダイレクトスカウトは求人の数が多く、ハイクラスの求人も多数取り扱っていたので、希望の転職先をすぐに見つけることができました。

ヘッドハンターから自分に合った求人を紹介してもらえるので、手間が非常に少ないのが便利だと感じました。アフターフォローもしっかりしているので、安心して利用できるサービスだと思いました。

一般的な転職エージェントのようなキャリアアドバイザーがいないので、面接の練習や履歴書の添削などを手伝ってもらえないのが、やや残念な点だと感じました。

また、他の転職サービスと比較すると、転職までの時間が少し長くなるので、すぐに転職したい人にはあまりおすすめできないです。

人事・40代前半・男性・年収600万円台
評価:3
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
ハイクラス向けサービスならではの利点と厳しさ、両方がある

良かった点は、ヘッドハンターからの指摘やアドバイスが的確かつ鋭さがあり、人事職を積み上げてきたという自負があった自分自身について、もう一度キャリアを棚卸ししようと思わされたことです。

具体的には「働き方の多様化について、どのように考えているか。そして必要な人事制度の設計について、どのように考えているか」「会社が長く存続していくためには、どのような人材を採用すべきと考えているか」など、経営者の観点に立った質問を投げかけらたのです。

私自身、それまで経営者の観点では人事採用をしてこなかったという反省を抱き、もっと意識を高める必要があると再認識させられたことが良かったと思っています。

残念だった点は、私がヘッドハンターからの質問に対する回答に窮してしまうと、その様子を見て急に冷たい態度をとられてしまったことです。

ハイクラスの人材が集うエージェントは、厳しいなと実感させられました。

リクルートダイレクトスカウトの口コミ・評判を見る
「リクルートダイレクトスカウト」の特徴・おすすめポイント・評判を詳しく見る

JACリクルートメント:「求人品質とサポートの高さ&高待遇・高年収向け」

JAC Recruitment。転職にグローバル戦略を。外資系や海外転職はJACリクルートメント。
対応エリア 全国
おすすめポイント
  • 20~40代の「キャリアアップ志向」の転職者に適したサービス
  • キャリアカウンセリングの品質が高い
  • 外資系企業・金融系企業のサポートにも強い
デメリット
  • 「ハイクラス」向けの求人がメインのため、全体的な求人数は少なめ
  • 現在の経歴・スキルによってはサポートを断られてしまうことも
おすすめ度 ★★★★☆

JACリクルートメントは「年収600万円以上」のハイクラス向け転職エージェントです。一定以上の経験や実績のある人材を求める企業の紹介に優れており、ミドル層以上の転職活動におすすめです。

JACリクルートメントの「ココ」が違う!

企業の重要なポジションでの求人が多いため、カウンセリングもじっくりと時間をかけて行われます。

JACリクルートメントのキャリアコンサルティング サービス ●キャリア面談 ●キャリアの棚卸し ●キャリアプラン相談

参照元:JACリクルートメント公式サイト

転職者のこれまでの経歴・スキルを把握したうえで、最適なキャリアプランについて提案してくれるため、自身のキャリアに不安や悩みを抱えている人は、解決の糸口が見つかるかもしれません。

また、求人企業へはコンサルタント自ら足を運んでいるため、「企業文化」や「今後の事業戦略」など、詳しい情報を知ることができます。

実際にJACリクルートメントを利用された方の評判・口コミ

保険業・40代・男性・年収1,000万円台
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
「自分では見つけられない求人が豊富だった」

いわゆる「エグゼクティブ」・「ハイキャリア」向けの案件がとても多く、「これは自分で探していてはなかなか見つけられないだろうな」という求人をたくさん紹介してもらいました。

それから、JACリクルートメントのキャリアコンサルタントの方もとても優秀でしたね。面談の際はこれまでのキャリアの棚卸しをしてくれ、その後私の強みについて徹底的に話し合ってくれました。「転職活動を成功しよう!」という意識が非常に高まりましたね。

経営管理・40代・男性・年収800万円台
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
「内定まで丁寧にリードしてくださった」

応募から内定までを、うまくリードしていただいた、という印象です。

アピールポイントへのアドバイスだったり、応募先企業の詳しい情報などを余すところなく教えていただきました。内定までには面接が3回控えていましたが、それぞれ一回ごとに念入りに対策を練ってくださったおかげで、無事に内定をいただくことができました。

JACリクルートメントの評判・口コミを詳しく見る
JACリクルートメントの特徴を詳しく見る

リクルートエージェント:「求人数の圧倒的多さ&幅広い年齢層に対応」

転職エージェントならリクルートエージェント。非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介。転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
対応エリア 全国
おすすめポイント
  • キャリアカウンセリングや条件交渉など、キャリアアドバイザーのサポート品質が高い
  • 「面接力向上セミナー」や「レジュメビルダー」などのサポートツールも充実
  • 「非公開求人」含め、転職サービストップの求人保有数
デメリット
  • 転職者の市場価値に伴い、紹介される求人の量は異なる
  • キャリアアドバイザーの専門知識はまちまち
おすすめ度 ★★★★★

リクルートエージェントは国内でも最大の求人数と転職支援実績を誇る全国展開の転職エージェントです。
「リクルート」のブランドの信頼性の高さから、企業に転職者を紹介する営業力・提案力の高さに定評があります。

リクルートエージェントの「ココ」が違う!

転職活動を進めていくにあたり、不安はつきものでしょう。
たとえば面接での受け答えについて。リクルートエージェントでは面接の必勝法が学べる「面接力向上セミナー」を開催しています。

リクルートエージェント「面接力向上セミナー」

引用元:リクルートエージェント公式サイト

また、「企業が求める人材はどういったものなのか」という悩みに対しても、実績豊富なキャリアアドバイザーがポイントを記した「エージェントレポート」を提供してくれます。

リクルートエージェントの評判・口コミ


評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
評判通りの、信頼と安定感のあるサポートでした

IT・30代前半・男性・年収500万円台(北海道)

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの方と直接、対面でお話する機会を持てたのが良かったです。

私はIT業界で働いていましたが、最近少し辛く感じてきていて「他の業界へ移ろうかな…」と考えていたのですが、キャリアアドバイザーの方から「これまでのご経験を活かせば、もっと上流でのお仕事も見つかると思いますよ。また、安易に他の業界に移ると、年収が少なからずダウンする可能性があります」と教えていただいて、そこで踏みとどまることができました。

一度お会いできただけで、とても信頼感を持てました。評判通りのサポートでした。

製造業・30代前半・男性・年収500万円台(愛知県)
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
的確なアドバイスで力強くバックアップしてくれた

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの方に最初に持った印象は、「業界の知識が、とても豊富だな」ということでした。一回目の面談の際に、私が転職の希望の条件等を伝えると、その業界ならではの傾向も押さえてくれたうえでぴったり合った求人を厳選して紹介してくれました。

それ以降も、こちらの転職活動を的確なアドバイスで力強くバックアップしてもらえて頼もしかったですね。

リクルートエージェントの評判・口コミを詳しく見る
リクルートエージェントの特徴を詳しく見る

doda:「スピーディな対応、求人数・サポート力・拠点数のバランスの良さ」

doda 転職なら、・・転職サイトdoda(デューダ)
対応エリア 全国
おすすめポイント
  • 転職エージェント・転職サイト両方の機能を使い分けることができる
  • 企業からのスカウトメールを多くもらえる
  • 「転職フェア」や「キャリアタイプ診断」などサポートツールが充実
デメリット
  • 「3カ月」のサポート期限がある
  • キャリアアドバイザーの品質にばらつきがある
おすすめ度 ★★★★★

キャリアアドバイザーによる「高品質かつスピーディーな対応」に定評があるのは、転職サービスのdoda

求人数も国内トップクラスの数を保有しており、転職の選択肢を広げたい方にもうってつけのサービスです。

dodaの「ココ」が違う!

dodaは「転職サイト」「転職エージェント」両方の性質を兼ねたサービスを展開しており、転職者自身で気になる企業の求人を検索することもできますし、プロのアドバイザーによる的確なサポートも受けられる「転職活動のトータルサポート」を実現しています。

非公開求人数も全体の9割を超す数を保有しており、他では出会えない企業の求人を見つけられる可能性が高まります(※公式サイトより)。

転職サイト:転職者自身がサイト上の求人を検索・応募・選考を進めていくサービス 転職エージェント:担当のアドバイザーが転職者の希望を聞き、求人紹介・応募~面接までをサポートする 「dodaは両方利用できる!」

履歴書添削・面接対策も手厚く、転職者自身も気づかなかった強みや企業へのアピールポイントの発見にも繋がるでしょう。

dodaの評判・口コミ

たけしさん 薬剤師・20代後半・男性・年収600万円台
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
希望に合った求人を紹介してくれた

専任のキャリアアドバイザーが付いてくれて、私の転職に対する希望や要望をじっくり聞いてくれたのが良かったです。

その中から、私の条件に合った求人をいくつか提案してくれて。それでこちらも転職実現へのイメージをはっきり持つことができましたね。

dodaを利用してから、「転職活動が一気にスムーズに進めやすくなった」と感じました。

みどさん ウェディングプランナー・20代後半・女性・年収300万円台
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
他の転職サービスでは紹介されないような求人を提案してくれた。

アドバイザーの方は親身に相談にのってくださり、自分では思いつかなかった業界を提案していただけました。

また、わからない業界だからこその不安を先回りして教えてくれたのも心強かったです。

求人についても、他の転職サービスでは紹介されないような案件をいくつも紹介してくれました。

dodaの評判・口コミを詳しく見る
dodaの特徴を詳しく見る

マイナビエージェント:「丁寧・じっくりサポート&20~30代前半向け」

対応エリア 全国
おすすめポイント
  • 20~30代前半の若手社員への転職支援に強い
  • 「じっくり、寄り添い型」のサポートと、きめ細やかな書類添削・面接対策が評判
  • 「無期限」でサポートを行ってくれる
デメリット
  • 30代後半以降やハイキャリア向けの転職支援はそれほど強くない
  • キャリアアドバイザーの品質にばらつきがある
おすすめ度 ★★★★☆

マイナビエージェントは、主に20~30代の若手ビジネスパーソンへのサポートに強いことに定評があります。

いずれのアドバイザーも専門となる分野の知識が豊富で、希望する業界・業種が明確な方は、より詳細なアドバイスをもらうことが可能です。

マイナビエージェントの「ココ」が違う!

イメージ図:●転職状況のヒアリング ご職歴をヒアリングさせていただき、あなたの強みや転職活動のプランを一緒に考えます。 ●あなたに合わせた求人紹介 あなたのご状況に合わせて最適な求人をご提案。マイナビエージェントでしか取り扱いのない企業も多数! ●書類添削・模擬面接で内定率UP 応募書類の添削から模擬面接まで、内定獲得のための対策をキャリアアドバイザーと二人三脚で行います。

引用元:マイナビエージェント公式サイト

また、国内に60か所の拠点を持つマイナビエージェントは、企業の人事担当者からの信頼も厚く、多くのパイプを持っています

マイナビエージェントでしか見られない「非公開の求人」も含め、たくさんの求人に触れつつ転職の選択肢を広げることができるでしょう。

今後目指したい業界・キャリアへのアドバイスが欲しい」方や「はじめての転職で不安がある」方におすすめの転職サービスです。

マイナビエージェントの評判・口コミ

製造業・30代・男性・年収500万円台
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
求人数が多く、その中から適切な提案と柔軟な対応をしてくれた。

求人数が多かったのが良かったですね。
自分の希望条件を細かく言っても、(求人数の多さから)担当のキャリアアドバイザーさんが「それだったらここがおすすめです」とすぐに提示してくれて。

それ以外にも、キャリアアドバイザーさんは求人企業の業界についてや、企業情報について詳しく教えてくれました。面接対策や職務経歴書の書き方のレクチャーをしてくれたのもありがたかったですね。評判通りのサポートでした。

Webデザイナー・30代・男性・年収300万円台
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
希望する職種に対して、しっかりと応えた求人提案をしてくれた。

ネットの評判で、「マイナビエージェントは他の転職サービスと比べて求人の数が少ない」と書いてありましたけど、全然そんなことなかったです。
私はWebデザイナーの職種で転職希望していたんですが、同時に登録していた他の転職サービスよりもたくさんの求人を(かつ希望通りのもので)紹介してくれました。

あと、マイナビエージェント特有の「非公開求人」も紹介してくれたのが、有難かったです。

私は正直、Webに関する経験もスキルも高くなくて、他の転職サービスのエージェントさんはそこを見越してかあまり積極的に提案してくれなかったのですが、マイナビエージェントさんは「まずはチャレンジしましょう」と言ってくれて、実際に手厚いサポートをしてくれました。

マイナビエージェントの評判・口コミを詳しく見る
マイナビエージェントの特徴を詳しく見る

パソナキャリア:「拠点数の圧倒的多さ&丁寧・じっくりサポート」

パソナキャリア。転職活動の成功を、全力でサポートします。専門アドバイザーがあなたの転職活動を全面サポート!!
対応エリア 全国
おすすめポイント
  • 企業側からの評判が良いため質の高い求人が集まりやすく、年収アップ率は67.1%
  • 書類添削・面接対策などのサポートが手厚く、はじめての転職でも安心
  • パソナキャリアのみの独占求人も豊富
デメリット
  • 大手エージェントと比べると求人数は少ない
  • 高年収帯の求人は紹介が難しい場合もある
おすすめ度 ★★★★☆

パソナキャリアは1993年より転職事業を展開している歴史ある転職エージェントです。

全国に拠点を持ち、首都圏のみならず地方転職者にとっても使いやすいサービスです。

パソナキャリアの「ココ」が違う!

パソナキャリアは「正しい就職、正しい転職、正しい再就職」を理念に掲げており、気になる企業の職場環境や業務内容などの情報の精度は、もともとは人材派遣事業を長く行っていたパソナキャリアへの信頼度も手伝い、高い水準を誇っています。

一人一人の希望する業界やキャリアの傾向、これまでの経験を踏まえた求人紹介を行っているため、転職後のミスマッチも避け、およそ67.1%の方が年収アップにも成功しています(※公式サイトより)。

転職後の年収の増減
 

引用元:パソナキャリア公式サイト

希望する業界のより詳しい情報が知りたい、転職後の待遇アップを目標に掲げている方は、パソナキャリアのサービスがおすすめです。

パソナキャリアの評判・口コミ

もっちー/40代男性/広告業界/年収600万円
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
パソナキャリアで年収UPを叶えました。

パソナキャリアは人材サービス業界の中でも特に歴史が古いということもあって、信頼性が高く、ネットワークも広いため、様々な業種や職種に対応してくれるのが魅力的でした。
また、アドバイザーの質も非常に高く、アドバイスからサポートまでが大変キメが細かく、希望する仕事と年収にマッチングするための最善を尽くしてくれたと感じました。
年収を600万円以上の会社に転職したいと望んでいたのですが、転職活動を始めて半年後には、希望額を満たす会社に転職できました。

A太/40代男性/不動産/年収500万円
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
求人の数も質も満足。

求人数の多さを売りにしている転職エージェントは、ひとつひとつの求人情報があまり詳しくないことが多いですが、パソナキャリアの場合は、会社の実態をきちんと把握できていて、質問に対してすぐに説明してもらえたのが良かったです。
また、キャリアアドバイザーとの面談では、丁寧なアドバイスで的確に必要な情報を与えてくれました。
面接対策をしてくれたおかげで、本番の面接にも緊張することなく挑めました。
面接で落とされた場合も、フィードバックをきっちりしてくれたので、対策がしやすかったです。

パソナキャリアの評判・口コミを詳しく見る
パソナキャリアの特徴を詳しく見る

Spring転職エージェント:「30歳前後の転職者向けのサポート・提案力」

Spring転職
対応エリア 全国
おすすめポイント
  • 案件数・サポートの両面で高水準
  • コンサルタントの知識が豊富で、企業の詳しい情報が知れる
  • 外資系・グローバル企業のサポートに強い
デメリット
  • 対応可能な年齢帯が限られている
  • 拠点が大都市に集中している
おすすめ度 ★★★★☆

転職エージェントによっては、登録時の経歴をもとに「求人紹介が困難」と判断した場合、サポートを断るケースもあるのですが、Spring転職エージェントは登録者のサポートを基本的に断らないスタンスで運営しています

20代後半から30代の転職サポートに強いので、この年代で転職を希望している人は利用を検討しておくといいでしょう。

Spring転職エージェントの「ココ」が違う!

Spring転職エージェントでは「360度式コンサルティング」を行っています。

360度式コンサルティングの特長

参照元:Spring転職エージェント公式サイト

企業へのヒアリングと、転職者のサポートを一人のコンサルタントが兼任することにより、「聞いてきたままの情報」をそのまま転職者へ伝えることができるのです。

ミスマッチの少ない転職活動をしたい方には、Spring転職エージェントがおすすめです。

一方で、拠点が大都市に限られているので、居住地の近くに拠点がない場合は電話などによるサポートとなります。

実際にSpring転職エージェントを利用された方の評判・口コミ

サンタローさん・営業・30代後半・男性・年収600万円台
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
求人に関する情報量がすごい。

キャリアコンサルタントが、求人企業の情報について、すごくよく知っているところがよかったです。

こちらが疑問に思っていたことに対して、すべて納得のいく説明をしてくれたので、とても信用できる転職エージェントだと思いました。

肝心な求人の中身も、条件の良いものがたくさんありました。

スミスさん・営業・30代後半・男性・年収300万円台
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
希望条件とのマッチング度がとても高い。

Spring転職エージェントのサービスは、コンサルタントの方との面談こそ電話を通じてのみでしたが、サポート力は相当のものだったと思います。

希望の職種やこれまでの経歴について述べたあと、具体的な求人紹介へとなるのですが、こちらの希望と、紹介してくださる求人のマッチング度がとても高いのです

また、コンサルタントの方の、求人企業に対する知識の深さも、大変力になりました。

転職の目的がはっきり定まっていて、なおかつ強力なサポートが欲しい方には、おすすめしたいサービスです。

Spring転職エージェントの評判・口コミを詳しく見る
Spring転職エージェントの特徴を詳しく見る

type転職エージェント:「首都圏での転職を目指す若年層向けサポート」

type転職エージェント。ひとつ上を目指すあなたの転職アドバイザー。
対応エリア 全国
おすすめポイント
  • 年収アップの成功率が高い(利用者のおよそ71%)
  • キャリアアドバイザーによる丁寧なサポートで、面接通過率も高い
  • なかでもIT・通信業界への成約実績が豊富
デメリット
  • 拠点は首都圏のみ
  • 求人数は大手と比べて少ない
おすすめ度 ★★★★☆

type転職エージェントは若手人材の転職サポートに強く、じっくりと時間をかけて面談を実施してくれると評判の転職エージェントです。

type転職エージェントの「ココ」が違う!

type転職エージェント利用者のうち、およそ71%は内定後の年収アップに成功しています(※公式サイトより)。
年収交渉は転職者自身ではなかなか言いだしづらい部分もあるため、キャリアアドバイザーに代行してもらえるのは大きなアドバンテージになるでしょう。

各業界に精通した転職エージェントがあなたの転職成功をフルサポート type転職エージェントで転職した人の約71%が年収UP。
 

参照:type転職エージェント公式サイト

また、転職者一人一人のカウンセリングに重きを置いているため、個人の持っている強みや魅力を把握したうえで最適なアドバイスをしてくれます。

求人の多くは首都圏のものになりますので、大手転職エージェントと併用していくのがおすすめです。

type転職エージェントの評判・口コミ

ひでおさん/40代男性/介護職/年収600万円
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
面接対策について具体的なアドバイスをもらえた

書類選考を通過したあと、担当のキャリアアドバイザーの方に模擬面接をやっていただきました。
その際、私の表情や視線、質問への回答などについて詳細にアドバイスをしていただき、とても有益でした。
視線を外すと印象を悪くする」、「できるだけ明るい表情や、前向きな表情を作ってほしい」など、具体的な助言をいただけて、実際の採用面接に臨むにあたって、とても役に立ちました。

みずきさん/30代女性/営業職/年収430万円
評価:4
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
採用面接に臨むにあたっての自信がついた

面接のサポートをしてくれたのはとても助かりました。
応募書類の添削であったり、受け答えのアドバイスをしていただいて、だいぶ自信がついたと思います。
ここの表現、こう話した方がもっと熱意が伝わると思いますよ」といった具体的なアドバイスをもらえたのは、type転職エージェントさんくらいでしたね。

type転職エージェントの評判・口コミを詳しく見る
type転職エージェントの特徴を詳しく見る

ワークポート:「IT・Web系転職のサポートと提案力」

ワークポート。各業界専門の総合転職エージェント。
対応エリア 全国
おすすめポイント
  • IT転職に強く、エンジニア・クリエイター・ディレクター等、幅広い職種に対応
  • 業界・実務未経験者にも転職コンシェルジュが適切にサポート
  • サービス登録後のユーザーページ機能が便利
デメリット
  • 「じっくり・丁寧さ」は、他の転職エージェントと比べると控えめ
  • 紹介される求人が多い分、希望から外れた案件も多い
おすすめ度 ★★★★☆

ワークポートは総合型転職エージェントですが、中でも「IT・Web・ゲーム業界」の支援実績の豊富な転職サービスです。 エリアごとに特化したキャリアアドバイザーがいるので、対応エリアの付近の企業を探したい方にもメリットがあります。

ワークポートの「ココ」が違う!

ワークポートは「未経験職種」へのサポートが手厚いことでも知られています。 そのため、IT業界の職種へジョブチェンジを検討している方は、ワークポートのサービスが適しているでしょう。

ワークポートのここが強み!「あなたの可能性を最大限に引き出すプロの力」「個別の面接対策、書類作成のアドバイス」
 

参照元:ワークポート 「転職コンシェルジュの転職相談サービス

「検討の余地があれば求人を紹介する」というスタンスのエージェントのため、転職先の選択肢を広げる際にもおすすめです。

ワークポートの評判・口コミ

Hさん 企画営業・20代後半・女性
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
転職への具体的なイメージを固めることができた

面談に行ったときは「いつまでに転職しよう」という意思は定まっておらず、「こういう企業で働きたい」というイメージもまだ持てていませんでした。

しかし、WORKPORTの転職コンシェルジュの方は、こちらの不安感をどんどん取り除いてくれ、『もっとイメージを明確にしていこう!』という前向きな気持ちになれました。
求人もいくつか紹介してくださり、コンシェルジュの方とのやりとりの中で、徐々に自分が目指すべき方向性が固まっていった感じです。

ラホールさん 社内SE・40代前半・男性
評価:5
  • 年収アップできた
  • 希望どおりの職につけた
  • 求人を多く紹介してくれた
  • 的確なアドバイスだった
  • すぐに転職できた
  • 親切・親身な対応だった
これまでの経験を活かした転職ができた

知人の紹介で、IT系の転職に強いという「ワークポート」という転職エージェントに登録したところ、コンシェルジュの方から「IT系以外の業種の「社内SE」ならば、即戦力として年収アップとキャリアアップを狙えますよ」と、アドバイスを頂けました。

海外との貿易や物流を担う会社の社内SEならば、その場で業務ツールだけでなくハードウェア故障箇所診断まで出来るので、今までの経験が活かせるということでした。
実際、そのコンシェルジュの方の狙い通りに、転職先を決めることが出来たのです。

とても幸運でしたし、ワークポートのコンシェルジュの方には感謝しています。

ワークポートの評判・口コミを詳しく見る
ワークポートの特徴を詳しく見る

まとめ)待遇がいい会社を見つける「コツ」をつかもう

働く企業によって、給与条件や年収が大きく異なることはめずらしくありません。仕事に取り組むのであれば、できるだけ条件の良い企業を探したいと転職者が考えるのは当然のことといえるでしょう。

ただし今回解説してきた通り、待遇がいい会社を見分けるにあたって注意しておくべき点や知っておくべきポイントが複数あります。

求人に書かれた年収などの諸条件だけを見て応募先を決定するリスクを理解しておく必要があるでしょう。

待遇がいい会社を見分けるコツをつかむことにより、求人検索の効率が高まるだけでなく、隠れた優良企業を見つけることにもつながります。

ぜひ待遇がいい会社を見分けるコツをつかんで、理想の条件を実現する転職活動へとつなげてください。

<>