『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

50代の転職の成功率はどのくらい?参考にすべき成功例と対策4選

[最終更新日]2022/09/07

50代の転職の成功率はどのくらい?参考にすべき成功例と対策4選

50代からの転職を検討する際に、「他の50代の人はどうやって転職しているんだろう」「50代の転職の成功率はどのくらい?」と気になる人は多いと思います。

実際に転職活動をする50代の人は年々増え続けており、総務省統計局の労働力調査によると、2021年における国内の45~54歳における年間転職者数は約52万人。10年前と比べて30%ほど増加しています。

一方で、50代の転職活動は厳しい・長期化しやすいという話を聞くこともあります。
50代の転職の門戸は広がりつつも、相応の難易度が伴っていることも事実としてあるでしょう。

目次

1)50代の転職成功率は、74%(※当社調べ)

50代の転職の成功・失敗状況 成功…26% やや成功、ちょっと失敗…48% ちょっと成功、やや失敗…17% 失敗…9% (みんなの転職「体験談」。調べ  n=138 2022年2月現在の数値)

当サイトに転職体験談等を投稿いただいた、50代の方の転職成功率は74%でした(成功・やや成功の合計)。

※ 集計期間:2017年3月~2022年7月まで
※ 対象年齢層:50歳~59歳
※ 調査母数:98件

成功・失敗状況 割合
成功 26%
やや成功 48%
やや失敗 17%
失敗 9%

50代で転職に踏み切った人の10人に7人は、ご自身の活動を「転職成功」と振り返っています。

「意外に多くの人が転職成功しているんだ」と思った人もいるでしょうし、「3割近くの人が失敗しているのは、やはりリスクがある」と感じた人もいるでしょう。

ですが、この数値だけでは、50代の転職活動の全容を推し量ることはできません。
転職失敗となるケース、成功となるケースにはそれぞれの傾向があるからです。

どのような傾向があるかについて、詳しく見ていきましょう。

50代の転職成功者に多く見られる傾向は、「他者からの支援・サポート」があること

50代で転職成功した方の多くは、その理由として「他者からの支援・サポートがあった」ことを挙げています。

転職に「成功した」と答えた50代の人の、主な成功理由(複数回答)

50代の転職の主な成功理由 ●知人・友人の伝手:26% ●転職エージェントのサポート:24% ●諦めずに取り組み続けた:24% ●ハローワークの支援:19% ●パートナーの助言・応援:9% ●キャリアプランの再構築:7% ●転職サイトでの企業スカウト:6% ●その他:5%

※ 50代の転職で「成功・やや成功」と答えた73名の方の失敗要因内訳 2022年7月 弊社調査による

上記グラフ「50代の転職の主な成功理由」では、知人・友人の伝手転職エージェントのサポートハローワークの支援などが多いことが確認できます。

とくに「知人・友人の伝手」は他の年代と比べて高い割合にあり、これまで社内外で人脈を培った50代の人はこの傾向を意識しておくべきでしょう。
転職について相談できる人を多く持つことで、次の職場を見つける機会を増やせる可能性があります。

具体的にどのような経緯で転職成功となったのか、50代の方の転職成功エピソードをいくつか見てみましょう。

具体的にどのような支援・サポートがあった?50代の方の転職成功エピソード

2人目のエージェントから、自分に合った求人を紹介してもらえた(製造業 経理→製造業 経理)
「最適な求人がありますよ」暗雲立ち込めた中で、一筋の光が差し込んだ感を受けました。

リクルートエージェントに登録はしたものの、どこでもいいから入れてしまえば成果報奨が貰えるのか、いまいち親身にはなってくれない感がありました。

こちらの要望よりも、「あなたはもう年なんだから、自分の価値をよくわきまえて頂きたい」という声が聞こえてくるようでした。

また、あまり芳しい結果が得られない、苦しい日々が続きました。

そんな状況が数か月続いたある日、以前に登録していたビジネスSNS「Linkedin」から別の転職エージェントよりコンタクトを頂きました。
ちょっとやり取りをしたところ、「業界も同じところから最適な求人がありますよ」と言ってくれて。

暗雲立ち込めた中で、一筋の光が差し込んだ感を受けました。

引用元:絵夢 さん(男性 54歳 山形県)の転職体験談より

職業訓練で知り合った人の会社に入社(フリーランス→Web制作会社 Webデザイナー)
講義に来たWeb制作会社の社長と親しくなり──「是非御社に入れてください…!」と無理なお願いをしました。

ハローワークの相談員から「Webデザインの職業訓練」を紹介され、私はその訓練コースを受講することにしました。

幸いだったのは、定員30名のクラスに実際は15名しかおらず、その人たちが気質的に自分と近いものを持っていたことです。励ましあった結果、半年間無遅刻欠席を通し、無事卒業までやりきることができました。

(専門の職業訓練校でしっかり学んだから、転職はもう大丈夫だろう)と、そんな根拠のない安心感を持っていたのですが、実際転職活動を始めてみたら、とても大変だということに気付きました。

なにしろ、応募できる会社自体がほとんどないのです。応募しても面接まで辿りつくことはめったにありませんでした。

そんな中、たまたま講義に来たWeb制作会社の社長と親しくなるという機会がありました。

自分の中で(この好機を逃してはいけない…!)と、柄にもなく「是非御社に入れてください…!」と無理なお願いをしました。

すると、その社長は、私の願いを受け入れてくれたのです。

引用元:啓介 さん(男性 56歳 東京都)の転職体験談より

エージェントから「企業に通る」職歴書の指南を受けた(院内SE→社内SE)
担当エージェントさんから「それでは、企業も採用しようと思ってくれませんよ」と厳しい指摘があって。

在職時から、転職エージェントへの登録を行って「良い求人はないか」とアンテナを張っていました。

担当エージェントの人から「自分自身のこれまでを振り返ること」を言われましたが、これには苦労しました。

たしかに、職務経歴書を書く際や転職面接を受ける際にはこれまでの経歴や培った知識・スキルを伝える必要があります。
ですが、担当エージェントさんが言うにはそれだけでは不十分で、「自分自身がどんな人で、どんな価値観や強み、そして課題意識があってここまで働いてきたか」まで振り返る必要があるというのです。

そんなことを考えたことはありませんでしたし、正直なにも思いつきませんでしたので担当エージェントさんにそれを伝えると、「それでは、企業も採用しようと思ってくれませんよ」と厳しい指摘があって。

採用されないのは困りますし、改めて自分自身のこれまでのキャリア20数年間を振り返って、価値観や強みや得意なことを言語化していきました。

そのおかげがあってか、「ここ良さそうだな」と思った求人にいくつか応募した結果、結果2ヶ月ほどで転職先が決まりました。

引用元:クロン さん(男性 49歳 広島県)の転職体験談より

上記3名の50代の方の体験談には、ふたつの共通点があります。

それは、はじめのやり方ではうまく行かなかったものの、それを『小さな失敗体験として、次のアクションに繋げたこと』、そして『積極的に相談相手を持とうとしたこと』です。

では一方の、「転職に失敗した」と答えた50代の人たちのエピソードはどのようなものだったのでしょうか。

50代の転職失敗で多く見られる傾向は、「入社後のミスマッチ」

50代の転職で「失敗した」と答えた人の失敗理由は、以下のとおりです。

転職に「失敗した」と答えた50代の人の、主な失敗理由(複数回答)

50代の転職の主な失敗理由 ●対人・人間関係の問題:33% ●期待していた業務と異なっていた:29% ●上司・上層部と価値観・考え方が違った:16% ●前職を勢いで辞めてしまった:14% ●業務内容がハード・能力以上を求められた:12% ●給与・待遇が悪化した:10% ●その他:8%

※ 50代の転職で「失敗・やや失敗」と答えた25名の方の失敗要因内訳 2022年7月 弊社調査による

もっとも多いのが、「対人・人間関係の問題」。次点の「期待していた業務と異なっていた」ともに、失敗理由の3割を占めます。

また、「前職を勢いで辞めてしまった」という理由もありますが、それ以外は主に「転職後に発覚した理由」です。

実際に転職失敗した人のエピソードも見てみましょう。

転職に「失敗した」と答えた50代の方のコメント

入社後の職場は同僚も上司もほとんど女性。すぐに「合わない」と感じた。(営業→カスタマーサポート)
女性の上司というのも結構気を使います。結局、上司との性格の不一致もあり、私はこの会社も辞めることに──。

転職したのは、キャンピングカーで使用するインバーターやバッテリーを取り扱うネットショップです。

私は、カスターマーサービスへ所属になり、お客様との直接の対応やメールでのやり取りおよび商品の説明に携わってることになりました。
女性が大半を占める職場で、上司も女性でした。

女性の上司というのも結構気を使います。
一回り下の女性でしたが、正直やりにくところが多々ありました。

結局、人の入れ替わりが激しい職場だったのと、上述した上司との性格の不一致もあり、私はこの会社も辞めることになってしまいました。

引用元:creamgirl087 さん(男性 58歳 大阪府)の転職体験談より

仕事についていけない。それでいて、プライドもある。(銀行 営業→銀行 営業)
嘱託社員として転職した先では気の病む仕事ばかり─。同じ嘱託組とも打ち解けられずに、仕事の鬱憤を溜め込んでいました。

以前も銀行だったので同じような仕事をしていましたが、その時は基本的に優良企業が多い案件を取り扱っていたので、仕事内容もエネルギッシュになれるものが多かったのです。

しかし、嘱託社員として転職した先の職場ではネガティブな案件ばかり。
例えば、資金繰りのうまくいかなくなったお客様に保証協会への借り換えをお願いして回る日々だったりと、──正直、気に病む仕事ばかりでした。

また、地銀から都銀への転職ということもあって、都銀は業務で扱う機器類も最新でデジタル化も進んでおり、50歳手前の私にはなかなか追いつけないという負い目も感じてもいました。

私のほかにも嘱託社員の方は何人かいましたが、そういった「嘱託組」は、何と言いますか、おじいさんのかたまりのような雰囲気で、なんとなく同じだと思われたくなくて。

私は彼らともなかなか打ち解けられずに、仕事の鬱憤を溜め込んでいました。

引用元: M.K. さん(男性 56歳 大阪府)の転職体験談より

上のエピソードを読まれて、「こうした状況になることは、あらかじめ予測できなかったのだろうか」と思った人もいるかもしれません。

ですが、50代に関わらず転職失敗になるときとは、そのほとんどがミスマッチ転職によるものです。

ミスマッチ転職とは、転職後に、転職者本人と企業のいずれか、あるいはお互いが「期待していたものと違った」と感じてしまうような、思うような活動や成果が発揮できない状況が続くことを指します。

では、50代のミスマッチ転職を防止するためには、どうすればよいのでしょうか。
次の章では、50代ならではの状況を踏まえつつ、ミスマッチをなくし転職成功に繋げるための対策をお伝えします。

2)50代の転職成功率を高めるための対策4つ

この章では、50代の転職成功率を高めるための対策として、多くの50代転職者の人たちが取り組んだ活動を参照しつつ、より普遍的な内容に落とし込んで説明しています。

「この進め方・やり方は意識していなかった」というものがあれば、それがあなたの転職成功率を高めるきっかけになるかもしれません。

興味のあるところから、チェックしてみてください。

「今、自分ができる仕事」と「これから成長したいこと」を明確にする

ミスマッチ転職を避けるために、まずは、己自身を知ることが重要

50代からの転職の際、はじめに行っておきたいのが「今、自分ができる仕事」と「これから成長したいこと」を明確にすることです。

先に紹介した50代の転職失敗理由で、「期待していた業務と異なっていた」「能力以上の業務を求められた」というケースが多かったことを思い出してください。

転職先の企業をしっかり調査することも大切ですが、まずは己自信を知る」ことをおざなりにしてしまうと、ミスマッチ転職が起きやすいのです。

とくにこれまで総合職として働いてきた人は、「今、自分がどんな仕事ができて、新しい職場でどんな役割を任せてもらえるか」をイメージすることは簡単ではないはずです。

また、採用企業は転職者に対して「こんなことを覚えてほしい・学んでほしい」という領域があるものです。
どんなにこれまで経験を積んできたとしても、「今の知識・スキルで十分通用する」と考えるのは危険です。「新たに学びたい・成長したい領域がある」と思えており、かつそれが企業の求める領域とマッチしているのがベストです。

これらを明確にする方法についてイメージが付かないという人は、いちど「キャリアの棚卸し」をしておくことをおすすめします。

キャリアの棚卸しの進め方

これまでの自分のキャリアで何をやってきたのかを全て洗い出す→キャリアの適性の再確認と、目指すべき方向性が定められる

キャリアの棚卸しは、これまで携わった仕事内容・役割、学べたこと・身に付いたことなどを振り返り、「自分が向いている仕事」をより明確にすることです。

単に業種や職種だけを特定するのではなく、拠りどころとする知識やスキル、働き方のスタイルも含めて、働く自分の望ましい像をクリアにしていくのです。

キャリアの棚卸しを行うメリットは、以下の3点です。

  • 自身の強み・適性を再確認できることにより、ミスマッチのない求人選びがしやすくなる
  • 新しい働き方を見つけるきっかけになる(選択肢の候補を拡げられる)
  • 職務経歴書作成や選考面接の際に、自己PRをしやすくなる

キャリアの棚卸しは、以下のように時系列ごとに携わった仕事内容・役割、学べたこと・身に付いたことなどをまとめていきます。

キャリアの棚卸し作成表の例

キャリアの棚卸しの記入例

期間 2003年4月~2010年9月 2010年10月~2015年3月 2015年4月~現在
業界・職務
  • 教育研修会社の営業職
  • インターネットサービス会社のディレクター
  • インターネットサービス会社のプロデューサ
仕事内容・役割
  • 企業への研修提案営業
  • 研修コンテンツの企画
  • 自社Webサイトの運用
  • Webサービスの企画立案
  • プロジェクトマネジメント
学べたこと・
身に付いたこと
  • スキル・経験:法人営業/企画提案/プレゼン/発論理的思考/調整力・ディレクション
  • 知識:人材開発/組織論・組織開発
  • スキル・経験:Webディレクション/コンテンツ開発/スケジュール管理
  • 知識:SEO/Webマーケティング/Web解析・マーケティング
  • スキル・経験:Webプロデュース/サービス企画立案/予算管理
  • 知識:Webマーケティング/コンテンツ企画開発/事業計画
とくに意識して
取り組めたこと
  • 企業との信頼構築
  • サービス提供の顧客満足
  • サービスのアクセス数・売上
  • サービス品質・リピート率
  • サービスの中長期的な売上
  • サービス品質・ブランディング
情熱を掲げられたこと
  • 企画書の作成
  • 研修コンテンツ企画開発
    →ゼロからアイデアを築くこと
  • より良いコンテンツ企画
  • 運用の効率化とチーム内のモチベーション管理
    →メンバーと協働で企画業務を進めていくこと
  • 事業運営ノウハウの蓄積
  • 人材の評価・育成
    →より中長期的な成長・発展へのモチベーション
失敗したこと
  • 研修講師とのリレーション
  • 上長との進捗共有
  • 業務の優先度整理
  • ターゲットニーズの見極め
  • サービス撤退の見極め
失敗からの教訓・
学んだこと
  • 全体を俯瞰する視点
  • 調整力・ディレクションの大切さ
  • 業務遂行力の大切さ
  • Webサービスのターゲティングノウハウ
  • コスト管理、リスクヘッジの大切さ

※横にスクロールして右側の情報を確認できます。

キャリアの棚卸しをやる際のポイントは、これまでの業務を一つずつ、丁寧に振り返ることです。

たとえば一つの成果があったときにその結果だけでなくプロセスを見る、マネジメント経験がある場合はその役割だけでなく自分のマネジメントの型を見る、などです。
また、「何をしたか」だけでなく「それによって何を学んだか」まで考えます。

そして、キャリアの棚卸しを終えたら改めて、「これから先の人生で、どんな働き方を私はしたいのか」を考えてみてください。「あなたが望んでいる働き方」のイメージが、より明確になるはずです。

「率直に意見・ダメ出しをしてくれる相談者」を大事にする

転職成功に向けて真剣に考えてくれる人(相談員等)を大切にする

多くの人は転職エージェントやハローワークなどの「相談者」の協力を得て、転職活動を進めます。

50代の転職活動においては、「率直に意見・ダメ出ししてくれる人(エージェントや相談員)」をとくに大切にすることをおすすめします。

逆の立場を想像すればわかることですが、他人に対して意見を言ったりダメ出しをするのはとてもエネルギーが要ることです。
つまり、それをする相手とは、それだけあなたに対して真剣に向き合っているということです。

波風立てずに調子の良いことを言って済まそうとするエージェントや相談員もいます。一方で、「希望条件を下げないかぎり、転職は難しい」など厳しいことを言ってくるエージェントもいるでしょう。
その場のコミュニケーションに限っていえば、気持ちよく接することができるのは前者の人たちですが、本当に転職成功に向けて働きかけてくれているのは後者の人たちです。

もちろん、相手も人なのでときに間違った判断をすることもあるかもしれません。
ですが、どんな意見においてもそれを受けとめることで新たな考えや行動が産まれるものです。

相手から「希望条件を下げたほうがよい」と言われたら、なぜそう判断したのか、逆にどんな要素があればよいか、などを聞いてみるとよいでしょう。
最終的に行動を決めるのはあなたですので、「その意見は参考になる」と思えるものを取り入れればよいのです。

50代の転職で、「よき相談者」を得るためには

転職のプロにキャリアについて相談する 「失敗したくない・転職するか迷う…」→どんどん相談すするべき ・キャリアコンサルタント ・ヘッドハンター ・転職エージェント ・ハローワークの相談員 …など 転職支援経験と実績から、キャリアプランを提示してくれる

転職・キャリアの相談先と言えば、キャリアコンサルタントヘッドハンター転職エージェント、それからハローワークの相談員などが挙げられます。

現在すでに相談相手を得ていて「この人は最高の相談相手だ」と思えるのなら、引き続きその人との信頼関係を育みつつの活動がよいでしょう。
「相談相手ではあるが、最高とは言い難い」と思うようなら、別の相談者にもアプローチするべきです。

「転職エージェントおよびハローワークの相談員のサポートのおかげで、転職成功できた」という人は多いです。
転職支援のプロの支援があると、一人で活動を進めるときより断然スムーズになります。担当者との相性の良さを感じられるときは、一層でしょう。

また、「良い相談者」かどうかの見極めは、一つの相談先では判断しにくいはずです。複数の相談者を利用して、そのうえで比較しながら見極めることをおすすめします。

50代の転職は、「50代ならではの職務経歴書・面接対応」を

50代の転職では、20~30代の若者の自己PRの上を行くPRが必要

50代の転職経験者で、「書類審査や面接で、なかなか選考に通らなかった」と話す人は多いです。

この際に「年齢的な理由で、選考に落とされた」と感じてしまう人が多いですが、それよりも「50代ならではの職務経歴書・面接」の品質になっていたかをしっかり振り返るべきでしょう。

どういうことか、例をもって説明しましょう。

「私はこれまで、営業の仕事を通じて、お客さまに喜ばれることにやりがいを感じてきました。 御社の製品もファンとしてよく使わせていただいています。御社の経営方針の1つである海外進出、中でもアジアへの進出に大きな成長の可能性があると思っています。

ぜひ御社の一員として、自分自身の可能性を広げるとともにキャリアアップを図りたいと考え求人に応募しました。よろしくお願いします」

上のメッセージは、ある応募者の自己PR(志望動機の説明)の一節です。
このPRを聞いて、「とくに問題なさそう」と思った人は要注意です。
よくよく読み返してみると全体的に抽象度が高く、かつ企業にとって採用メリットを感じにくいPRだからです。

たとえば、「自分自身の可能性を拡げる」「キャリアアップを図りたい」、これらは言ってしまえば転職者の都合です。これを言われても相手はどう評価することもできませんし、最悪「自分のことばかり考えている」と評されてしまうリスクもあります。

加えて、「アジアへの進出に大きな成長の可能性があると思っている」とありますが、そもそも事業は可能性があるから始めるものです。単にそれに追随した意見を言うことに、意味はあまりないでしょう。

今度は以下の自己PRを読んでみてください。

「私はこれまで主に法人営業としてのキャリアを築いてきました。3年前からはマーケティング業務にも携わり、社で新たに導入したCRMツールでは企画段階から関わって「効率的な営業の仕組み化」の実現に向けて取り組みました。
個人の営業成績としては●年間目標達成を継続しています。

御社の注力製品である□□の海外展開においては、これからも多くのトライ&エラーと仕組み化が求められるかと思います。その際に、私のこれまでの経験を役立てられるのではと思っております。

ぜひ御社の成長・発展を担う一員として、そして私自身もともに成長していけるよう、応募しました。よろしくお願いします。

最初のPRと比べて、大分違いがあるのが分かると思います。
ポイントは、「私がこれまで培ったスキルと経験は、あなたの会社でも役立てられ、こういった成果が出せると考えています」ということを伝えられるかどうかです。

逆に、「私はこれまでこんなスキルと経験を培いました。だから雇ってください」というPRは、いわば20~30代の、若者の自己PRです。
50代の転職では、その上をいくPRを目指しましょう。

50代ならではの自己PR(職務経歴書・面接対応)は、どうやって準備すればいい?

「この人に会ってみたい」と思ってもらえる職務経歴書を準備する (まず書類選考を通過しないと…!)

50代ならではの自己PRは、丁寧なキャリアの棚卸し、そして企業研究を行うことによって作りやすくなります。

自身の強みと企業のニーズの合致するところを、「将来自分が活躍する未来像」として描いていくのです。

Youこれまでの実績・経験をもとに、自分が「できる」と思えること。Company企業やその業界・市場が、人材に求めていること。「市場価値」の高さは、領域の重なりで判断される

とくに企業研究は選考を有利に進めるだけでなく、入社後のミスマッチを防止するうえでも非常に重要です。

企業研究 見るべきポイント

企業研究を行う際に、優先して見るべきポイントは以下の通りです。

チェック項目 確認ポイント どこで確認するか
事業内容 自分自身の知識領域にあるか、また今後も興味・関心を持続して持ち続けられる内容かを確認する 企業HP
主力商品・サービス その商品・サービスの開発・運用を自身が携わることになる際に、どの範囲まで知っていて、どの範囲を知らないかを確認する 企業HP、業界ニュース、四季報、業界地図、競合他社のHP等
強み・独自性 同業他社をいくつか確認し、「この会社ならではの特色・強み」がどこにあるかを見出す
企業理念 企業理念から、求められる人物像(主にスタンス面)をイメージし、自身との適合性を家訓する
社風・雰囲気 歓迎される人物像や業務への取り組み姿勢をイメージする インタビュー記事、口コミサイト等
求められる知識・スキル 現在の自身の知識・スキルと照らし合わせて、過不足を確認する 企業HP、求人票等

こうしたリサーチを重ねた結果、「この企業で働いてみたい」「こういった文化の会社なら馴染めそうだ」といった手応えを得ることができれば、入社後のミスマッチを軽減する効果が期待できます。

企業研究のやり方を詳しく見る

そのうえで、職務経歴書の作成および面接対応のセオリーも確認しておくことをおすすめします。
職務経歴書も採用面接も、ある程度汎用的に活用できる「型(手本)」があるからです。

それら型(手本)については以下記事で詳しく紹介しています。とくに転職慣れしていない50代の人は、ぜひチェックしてください。

参考:職務経歴書の見本・テンプレート紹介記事

転職面接時によくされる質問例&回答例10選①序盤編(自己紹介・自己PR) 職務経歴書の書き方・見本
職務経歴書の目的・効果的な書き方と、タイプ別の見本・テンプレートを紹介しています。

参考:面接のフェーズ別「質問例&回答例」紹介記事

転職面接時によくされる質問例&回答例10選①序盤編(自己紹介・自己PR) ①序盤編(自己紹介・自己PR)
企業面接での自己PR・自己紹介をする際のポイント・注意点、およびよくある質問と回答例を紹介しています。
https://min-ten.com/guide/guide_5823/ ②中盤編(志望理由・転職理由)
企業面接で必ず訊かれる「志望理由」・「転職理由」に関わる応答でのポイント・注意点、およびよくある質問と回答例を紹介します。
転職面接時によくされる質問例&回答例10選③適性・職務要件確認編 ③適性・職務要件確認編
企業面接で、面接官が転職者の適性、知識・スキルの確認時に訊かれる「適性・職務要件」の確認でのポイント・注意点、およびよくある質問と回答例を紹介します。
転職面接時によくされる質問例&回答例10選④最終面接・役員面接・条件確認編 ④最終面接・役員面接・条件確認編
企業の最終面接、役員面接、条件確認時におけるポイント・注意点、およびよくある質問と回答例を紹介します。
転職面接時によくされる質問例&回答例7選⑤「女性ならではの質問」編 ⑤「女性ならではの質問」編
企業面接において、女性転職者が受けやすい質問・確認について、ポイントと注意点、およびおすすめの受け答え方法を紹介しています。

入社後の対応・心構えを知っておく

新しい職場に入ったら、まずはインプットと、人間関係構築への働きかけを優先度高めで行動すること 「前職でのやり方に固執せずに新しい会社に馴染めるようにしよう」

50代をはじめミドル層の転職で、入社後の現場環境や人間関係に悩んだという人はたくさんいます。

ちなみに、当サイト「みんなの転職体験談」でのアンケートによると、「転職後の人間関係で苦労しましたか?」というアンケートでYESと答えた50代以降の人はなんと96%でした。
つまり、ほとんどの50代の人が転職後の新しい職場で、人間関係に苦労しているのです。

年代別の転職後の職場の人間関係アンケート ●20代「苦労した思い出が多い…」:85% 「そうでもない 」:15% ●30代 「苦労した思い出が多い… 」:72% 「そうでもない」:28% ●40代 「苦労した思い出が多い…」:85% 「そうでもない」:15% ●50代以降 「苦労した思い出が多い…」:96% 「そうでもない」:4%

50代の転職においては、こうした転職後の実情をしっかり踏まえたうえで、転職先を決めた後も以下への取り組みを意識しておくべきでしょう。

  • How to live:その組織のルール、規範に自分がどう馴染むか
  • How to learn:その組織に馴染んだうえで、どう学ぶか
  • How to work:その組織でどう働き、機能する
  • How to influences:その組織で、どう影響力を発揮するか

参照:「いつでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方 (松本 利明著 p.172).

50代の転職後のアクションは、人間関係構築とその企業に馴染むことを優先する

ミドルの転職では、入社後に「即戦力」を求められがちです。
ですが、入社から翌日ですぐにパフォーマンスを発揮できる転職者など、そういないでしょう。

たとえ同じ業種・職種環境への転職であったとしても、仕事の進め方やそこに関わる人間に違いがあるからです。

そのため、50代の方が転職して新しい職場に入ったら、まずはインプットと、そして人間関係構築への働きかけを優先度高めで行動することをおすすめします。

ちなみに、先にお伝えしたアンケートで「転職後の人間関係でうまく行った人たち」が採った対策で最も多かったのが、「相手を受け入れる」「いったんプライドを捨てる」というものでした。

「いったんキャリアや見栄を捨て相手を尊重した」「最初から『会社は仕事をする場所』と割り切っている」

つまり、転職後にうまく行く人に多く見られる傾向とは、すぐにパフォーマンスを発揮する人よりも、周りとうまくやれる人なのです。

転職前にこうした傾向も知っておくと、新しい職場に向けてより適切な準備ができるようになるのではないでしょうか。

3)50代の転職によくある質問

FAQ

Q1 50代の転職におすすめの転職サイト・エージェントはありますか

50代の転職におけるおすすめ転職サイト・エージェントについては、利用する人のタイプ・状況・転職スタイル(急いでやるのか、じっくりやるのか等)によっても変わります。

以下のタイプ一覧をみて、自分が合致すると思えるところからチェックしてみてください。

とにかく、急いで転職したい人

なるべく早く転職したい 積極的に求人情報を集めたい

「とにかく、急いで転職したい」「積極的に求人情報を集めたい」という50代の方は、求人数が豊富な大手転職エージェント、および企業やエージェントからのスカウトを見込める転職サイトに登録しておくとよいでしょう。

たとえばリクルートエージェントdodaワークポートでは常時豊富に求人を取り揃えており、「サービスに登録したが、求人をほとんど紹介されない」となるリスクを軽減できます。
また、これまでの支援実績からスピーディかつ効率的なサポートを受けられるでしょう。

サービス名 特徴

doda
  • 全年齢層におすすめ
  • 豊富な求人と、キャリアアドバイザーからの積極的な求人紹介の評判が高い
  • サービス内の求人一覧ページより、自身で求人の検索・応募もできる
  • サポート対応地域:全国

リクルートエージェント
  • 全年齢層におすすめ
  • 国内No1の求人数と転職支援実績、キャリアアドバイザーの品質も高い
  • 「職務経歴書エディタ」や「面接力向上セミナー」等の転職支援ツール・サービスも充実
  • サポート対応地域:全国

ワークポート
  • 全年齢層、特にIT・Web業界の転職におすすめ
  • ITエンジニア、Webクリエイター(プロデューサ、ディレクター、プランナー)への転職支援に強い
  • 未経験職種・業種への転職支援に強く、積極的な求人提案を受けられる
  • サポート対応地域:全国

そのほか、リクナビNEXTビズリーチGreenといった転職サイトにも登録しておくと、企業やエージェントから直接スカウト・オファーが届くこともあります。

サービス名 特徴

リクナビNEXT
  • 幅広い業種・職種で求人チェックしたい人におすすめ
  • 求人数常時6万件以上。全職種・業種の求人を取り揃え、更新頻度も高い
  • 企業からのスカウト・オファーが届くことも

ビズリーチ
  • 企業から熱意あるスカウト・オファーが欲しい方におすすめ
  • ハイクラス・好条件の求人が多数掲載
  • 他サービスと比較しても、企業からのスカウトが多い

Green
  • 都市部のIT業界企業への転職を検討している方におすすめ
  • IT業界向け求人、とくにエンジニア求人が豊富
  • 企業からの直接コンタクトが多い。カジュアル面談からも可

これらのサービスを利用する際は、サービス登録時に入力する職歴情報(Webレジュメ)を丁寧に記入することです。
職歴情報の充実度がそのままサポート品質やスカウトを受ける数に関わることも少なくないからです。

また、年収についてのこだわりがそれほど強くないのなら、ハローワークにも登録しておくことをおすすめします。
ハローワークでは地域企業の求人が豊富で、転職サイト・エージェントからは紹介されない優良企業のものを確認できることもあるからです。
高年収帯の求人は少なめですが、全くないとは言い切れません。たまに好条件の求人が出ていることもあります。

じっくり機をうかがいながら、中長期的に転職活動を進めたい人

キャリアアドバイザーにじっくり相談に乗ってほしい

じっくり機をうかがいながら、中長期的に転職活動を進めたい50代の人は、先に紹介した「キャリアを一緒に考えてくれるパートナー」を意識してサービスを選ぶのがよいと思います。

たとえば転職サイト「リクルートダイレクトスカウト」は、「この人にキャリア相談したい」というヘッドハンターに自分で選んで相談することができます。

また「JACリクルートメント」や「パソナキャリア」、「Spring転職エージェント」といったミドル層への転職支援の実績な転職エージェントの登録も検討するとよいでしょう。
これらの転職エージェントは求職者のペースに合わせてサポートを行われることが多く、「担当から急かされた」等の利用者からのネガティブ評価はほとんど見られません。

サービス名 特徴

パソナキャリア
  • 全国・全世代におすすめ
  • 全国都道府県に支店があり、対面でのサポートを受けやすい
  • 「キャリアアドバイザーがじっくり相談を聴いてくれる」ことで評判が高い
  • サポート対応地域:全国

JACリクルートメント
  • 全国のキャリアアップ転職を目指すミドル世代におすすめ
  • 高パフォーマンスのキャリアアドバイザーが多数在籍し、安心してサポートを受けられる
  • 無料で受けられる「キャリア相談」のサービス品質が高い
  • サポート対応地域:全国

Spring転職エージェント
  • メーカー、IT・通信、不動産・建設、商社の転職を希望する人におすすめ
  • 専門分野別に専任の知識豊富なキャリアアドバイザーが担当につく
  • 外資系・グローバル求人ほか、良質な非公開求人が豊富
  • サポート対応地域:全国

ただし、担当につくエージェントのタイプや相性の問題もありますので、一社のみに絞っての利用はおすすめできません。

担当エージェントの「合う・合わない」もありますので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合う担当を見出してそこに利用を絞っていくやり方がおすすめです。

これも一概には言えませんが、大手転職エージェントよりも中小規模のエージェントの方が丁寧なサポートを提供することが多いです。また、地域密着型のエージェントでは「丁寧さ」をウリにしたサービスが多く見られます。

以下、参考に都道府県別のサポート品質に定評のあるエージェントもまとめましたので、お住まいの地域で活動するエージェントも併せてチェックしてみてください。

都道府県 転職エージェント|都道府県内の拠点
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

エージェントのサポート品質を重視する人は、あわせて「担当者との適切な付き合い方」を知っておくべきでしょう。相手をあなたのキャリアを支援するビジネスパートナーとして接し、信頼関係を育んでいくことが活動品質とも直結しやすいからです。

年収600万円以上・ハイクラス向けの条件で転職したい人

キャリアアップが目標!

今回の転職で年収600万円以上を目指す方や「キャリアアップや年収アップを果たしたい」という50代の方は、ハイクラス向けの転職サービスを利用するとよいでしょう。

好待遇の求人はピンポイントのタイミングで募集されることが多く、その殆どが「非公開求人(転職サイト等一般の求人媒体には紹介されない求人)」か、それぞれの転職エージェントのみが持つ「独占求人」です。

よって、ハイクラス向けの転職エージェントは中長期的に利用するイメージで、かつ複数登録しておくのがおすすめです。

以下に紹介するのは、特にミドル世代向けの転職支援実績の豊富な、ハイクラス向けの転職エージェント(一部ヘッドハンターサービス)です。

サービスの特徴を見て、自分に合いそうと感じたものから登録を検討してみてください。

サービス名 特徴

リクルートダイレクトスカウト
  • 頼りになるヘッドハンターを見つけたい方におすすめ
  • 全国都道府県の高年収求人・レア求人を常時豊富に取り揃えている
  • 自分に合ったヘッドハンターを選んでサポートを受けることができる
  • サポート対応地域:全国

JACリクルートメント
  • キャリアプランについてじっくり相談したい人におすすめ
  • 高パフォーマンスのキャリアアドバイザーが多数在籍し、安心してサポートを受けられる
  • 無料で受けられる「キャリア相談」のサービス品質が高い
  • サポート対応地域:全国

ビズリーチ
  • 全国のハイクラス転職を目指す転職者におすすめ
  • ハイクラス・好条件の求人が多数掲載
  • 企業から熱量あるスカウト・オファーメールが届くことが多い
  • サポート対応地域:全国

doda X
  • ハイクラス層向けの書類添削・面接対策を受けたい人におすすめ
  • 厳選されたヘッドハンターによるスカウトと転職支援が受けられる
  • 自分で求人を検索して応募する「転職サイト」としても活用できる
  • サポート対応地域:全国

Q2 50代向けの求人は、20代~40代と比べて少なくなりますか

業種・職種にもよりますが、全体的に50代向けの求人は20代~40代向けと比べてかなり少なくなる傾向にあります。

ミドル世代(40代向け)求人の発生イメージ …若手社員と比べて、ミドル社会人向けの求人は少ない。

とある転職エージェントの話では、「35歳以上になると、求人数は半減。その後、5歳上がるごとにまた半減する」といいます。その計算で行くと、若手社会人(35歳以下)向けの求人が100あった場合、50歳以上向けの求人は6.2程まで少なくなるということです。

一方、近年ではミドル・シニア層の求職者の採用に意向を示す企業も増えてきております。上記の数値をそのまま鵜呑みにすべきではないでしょう。

また求人数の少なさ自体は、転職活動の行動量を増やすことによって解消が見込める問題です。
「50歳向けの求人は、若手社会人と比べて少ない」ことは受けとめたうえで、効率的かつ前向きな行動を目指すことが大切です。

Q3 転職活動は在職中から行うべきか、退職してからの方がよいでしょうか

転職活動は、まず「在職中から始める」ことを意識した方がよいでしょう。
在職中から活動を始めれば、無職中の収入が途絶えるリスクを軽減できるからです。

活動にかかる期間をあらかじめ知ることはできません。半年~数年かかってようやく次の転職先が決まったという人もいますので、安易に「1~2ヶ月で決まるだろう」と判断しないことをおすすめします。

一方で、「平日は仕事で忙しく、転職活動にかける時間を持てない」という人もいると思います。
その場合はまず、「1日5~10分の求人チェック」からはじめ、あわせて土日のサポートも行っている転職エージェントにも登録しておくとよいでしょう。そのほか、一部地域のハローワークでは土日対応しているところもあります。

転職活動に集中したいため、退職してからアクションを起こしたいという人も、なるべく在職中にできることを見つけて活動自体は始めておきましょう。

「転職しよう」と決めた時点で、優先すべきは今いる職場よりも新しい職場のはずです。
現職を最後までしっかり勤め上げる姿勢も大切ですが、「これから先の仕事・人生」がおざなりになることのないよう、ご注意ください。

Q4 50代の転職活動は平均してどのくらいの期間がかかりますか?

転職活動にかかる期間はおおよそ3ヶ月と言われており、年代による差異はそこまで大きくありません。

転職者の転職活動にかける期間の平均は「約3ヶ月」。〇活動スタート期:1~3週間 〇情報収集・検討期:3~4週間 〇応募・面談期:4~5週間 〇退社・入社準備期:4~5週間 「転職活動にかかる期間は人それぞれです。「最短で3カ月。場合によってそれ以上」って考えた方が良さそう!

ただし、希望条件やその人の経験・実績、そのほかタイミング等からの影響も少なくありません。
半年以上かかる人もいれば、「2年ほどかかって、ようやく転職先が決まった」という人もいます。

転職はとうぜん「早ければよい」というものではありませんが、もし「急いで転職を決めたい」と思うのなら、まずは「行動量(求人応募の数・ペース)」を上げていくことです。

書類審査の通過率は10~30%、採用面接の通過率は10~20%ほどといわれています(人気の職種・業種においては、通過率は更に低くなります)。

応募から内定までの選考通過率

参考:マイナビ転職「平均応募社数や選考通過・内定の確率はどれくらい?」の内容を元に、弊社にて図作成

応募から内定まで進むのは、おおよその確率として4.5%。
もちろん必ずしも上の確率の通りになるということではありませんが、計算上では1社の内定を得るのに約22社の応募が必要になります。

上記で挙げた応募数に対して「どれくらいの期間・ペースで対応できるか」を考えると、より具体的な活動期間のイメージが持てると思います。

ただし、第一に考えるべきは「今後のキャリアプラン、ライフプランを見据えた、最適な職場選びを実現できること」です。
上記の期間についてはあくまで目安として持っておき、なるべくゆとりを持ったスケジュールで転職活動に臨むことをおすすめします。

Q5 転職エージェントからサポートを断られることはありますか

転職エージェントにサポートを申し込んだものの、サポートを断られてしまった場合には、以下のような原因が考えられます。

年齢と職歴が見合っていなかった

ほとんどの転職エージェントサービスでは、利用する人の年齢層の制限は設けていません。

ですが、転職エージェントの保有求人状況によって、または希望条件に対しての職歴が不足していると見られた場合、「見合った求人がありません」と断られてしまうことがあります。

短期間での転職を繰り返している

転職エージェントサービスでは「短期間での転職を繰り返している」人へのサポートを敬遠しがちです。「再度短期の転職をされると、紹介企業からの信頼を失ってしまう」というリスクがあるからです。

エージェント側の都合(繁忙期など)により、優先度を下げられてしまった

繁忙期などで「転職者が多くて、さばききれない」ときに、すぐに転職する予定ではない転職者や、内定獲得まで若干の時間を要することが見込まれる転職者に対して、担当側で優先度を下げてくる可能性もあります。

これらの理由でサポートを断られてしまった場合は、以下の対策を取ることをおすすめします。

  • 転職サイトを使って「自分から求人応募する」スタイルの転職活動に切り替える
  • 他の転職エージェントサービスに登録する

まとめ)50代の転職成功率を高めるには、適切なゴール設定とあなたに合う攻略法を見出すこと

ここまでの内容を、まとめてみましょう。

50代の転職成功率における重要なポイント

  • 50代の転職成功率は74%(当社調べ)
  • 50代の転職成功者に多く見られる傾向は、「他者からの支援・サポート」があること
  • 50代の転職失敗で多く見られる傾向は、「入社後のミスマッチ」

50代の転職成功率を高めるための対策4つ

50代の転職が、若い世代に比べて簡単ではないことは事実です。

しかし、50代には50代なりの経験・スキルがあり、そのほか豊富な人脈があるという人もいるでしょう。

そして、それらをうまく活用して20~40代よりも深みのある職務経歴書や面接対応を行うのが、50代の転職活動です。

あなたのこれまでの頑張りは、今回の転職できっと実を結ぶはずです。そのためにも、この記事で紹介した内容はきっと役立つはずです。

まずは今日から一歩、新しい行動を始めてみてください。

目次[ 閉じる ]