『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:イベント企画会社のプロデューサから、アパレル会社の秘書に転職!!


10

転職前

BEFORE
職業
イベントプロデューサー
職種
マスコミ/イベント企画
従業員規模
70名
年収
320万円
会社名

転職後

AFTER
職業
アパレル会社
職種
秘書
従業員規模
500名
年収
300万円
会社名

目次

ちゃんぱらさんの転職ストーリー

1これまでの私

やりがいはあったけれど、とにかく忙しかった日々。

短大を卒業し、新社会人として舞台美術制作の会社に入社いたしました。

その経験をきっかけにイベントのことがもっと知りたいと思うようになり退職後、都内のディスプレイ会社に中途入社しました。

今では、音楽や演劇に特化した仕事が多かったのですが、この会社では商品プロモーションや企業プロモーションを中心に、展示会や映画イベント、テレビイベントなど幅広い取り組みを行っておりました。

私は営業兼イベントプロデューサーとして、企画提案や見積書の作成、デザインディレクション、制作管理、進行管理、運営オペレーション、演出、マニュアルや台本の作成など、イベントの統括作業をしていました。


とにかくとても忙しい会社で、入社してから最初の1年間は10時前に帰ったことがありませんでした。

タスク管理能力や、クリエイティビィを求められる仕事でとてもやりがいはありましたが、残業代などはつかず、ボーナスもチーム・個人予算の達成率での完全歩合制のため、労働時間が給与還元されにくい環境にありました。


終電で帰れない日も多かったのですが、基本的にタクシー代支給がされないので、お金は出ていく一方でした。最初の会社からこの会社への転職で、年収は100万円以上さがったと思います。


イベントに関わる仕事がしたいという思いは強く持ち続けておりましたが、この転職でイベント業界でも身を置く職種によって給料がまったく変わってくるのだと痛感しました。

しかし、私はこの会社でプレゼンテーションの経験値や、PCスキル、営業・交渉力などを身に着けることができました。



2転職のきっかけ

直接的な仕事以外のところで、気遣いが必要な職場。

取扱いの業務内容が幅広く、自分がやりたい仕事があれば営業として仕事をとってくることで実現できるので、そういった会社の柔軟力はとてもよかったです。

しかし、親族経営であるがゆえに社内に対する気遣いや根回しが実仕事にも影響を及ぼすことが多々ありました。

また、社長と社員の距離感も近く、まだ自分の指針も決まっていないような20代の社員に会社をよくするための施策や提案をさせたりと、ただでさえ企画営業業務の仕事も多い中で課せられる作業量もたくさんありました。


私は、親族同士で都合の悪いことはうやむやにして、社員にそれらしく振舞っている役員や上司の仕事姿勢にうんざりし始め、

(この会社にこだわらなくてもいいかな…)

と転職を考え始めました。



3転職活動中

転職活動中は、エン転職やリクナビNEXTのキャリアアドバイザーに助けられて。

転職サイトは「エン転職」や「リクナビNEXT」などを利用しておりました。

また、私は「ものづくり」に関わる仕事がすきだったので「ネットTAM」などの美術関係に特化した求人サイトも利用しておりました。

しばらくは自分で興味のある企業にエントリーしていたのですが、定期的にコーディネーターさんが提案してくる企業の中にも新しい発見があったりすることもありました。


一方で、転職活動をとても苦しく感じることもありました。

(結局、私はいったい何がやりたいんだっけ・・・)

(次の仕事で、私は長く続けられるだろうか・・・。また今回みたいに、辞めようと思ってしまうのではないだろうか)

──など、不安も多かったです。

そんな時、知人のアドバイスで色々な職種や企業に出会えるというメリットから派遣会社に登録をすることにしました。

コーディネーターさんと話をしてく中で、今までの仕事経験を通しても私は「人をサポートする仕事」がとても好きだということに気が付きました。

また、私は「マスコミ業界」がとても好きなことに変わりはないけれど、その中で極めていきたいと思える職種を考えてはいなかったことに気が付きました。


そういった経緯から、以前から得意としていた「サポート業務」を極めていこうと考え「秘書」というポストで仕事を探すことにしました。

まずは、自分の得意分野を武器になるように経験や資格をとることが、これから先に役に立つと感じたからです。

私は、コーディネーターさんにその旨を伝え、未経験でも受け入れてくれる会社を何社か紹介していただきました。

その中で業務内容と会社が安定しているアパレル会社をセレクト2いたしました。



4転職後

新しい職場は、とにかく「未経験」の未知の領域が沢山!

新しい職場で役にたったことは、PCスキル(資料作成や見積書の作成経験)があったことや、営業として予算管理などを行っていたためそういった仕事のサポートをすることにはあまり抵抗がありませんでした。

また、経営業に関しても、以前の会社で勉強を強いられていたことが役にたったところもありました。


また、困ったことでいうと「業界未経験」ということに尽きると思います。

イベント業界もアパレル業界もある種特殊な業界になります。

そのため、専門用語なども多く飛び交いますし、ブランドや流行の知識を求められたりすることもあります。

打合せ内容などもいったいなんの打合せなのか、重要度はどれくらいなのかなどを把握できず、プライオリティを間違えたりすることがありました。

現在は、日々勉強しながらひとつでも多くの知識を取りいれるように努めています。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今回の転職でよかったことは、「これからの自分のためになる転職をしよう」と思えたことです。

特に仕事をやめてから次の仕事を探す場合ですと焦りや、不安などに襲われて、ついつい受かったところに決めてしまいがちです。

しかし私は常に自分に自問自答し、「続けていけるのか」「何がやりたいのか」など考え続けた結果、ライフワークバランスを重視しつつ、次につながる転職をすることができました。

後悔…というか困ったなと思うところは、やはり正社員にくらべて派遣社員はお給料も低く、待遇も劣るというところです。

ボーナスなどもありませんし、交通費も自己負担しているので、そういった点では残念に感じています。


◇ ◇ ◇


私は、今「秘書」という実務経験を積みながら「秘書検定資格」を取得しています。

それはワークライフバランスのとれた業務形態を選んだからこそできていると思っています。

この経験から、「総務」や「事務」などの職種も今後選びやすくなると思いますし、得意分野を強みにして、いずれはまた「マスコミ業界」に戻って仕事がしたいと考えています。


女性の場合、結婚や出産など仕事とのバランスを考えるタイミングがいくつも訪れます。

その中で自分の選択肢を広げていくためにも今回の転職は必要だったと考えていますし、サポートからさらにはファシリテーターのようなことができるように勉強したいと思っています。


人に必要とされる仕事がとても好きだということに、今回の転職で気づけたので、自分の好きな業界でそれができるように頑張っていきたいと思っています。



女性の転職者の方にお薦めの転職サービス

サービス名 DODA(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)
サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)
サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア!幅広い業界に向けての求人案内数と、更には関東・関西・東海を中心に全国に拠点を持っているので、地方転職者含め多くの方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。更に 面談にお越しの方には、転職活動のノウハウがつまったガイドブックをプレゼント中!
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>