『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:アルバイトから正社員、そして管理職に。社会人として成長し続けるために。

転職前

BEFORE
職業
健康食品販売会社
職種
ライター
従業員規模
12人
年収
180万円

転職後

AFTER
職業
電器計量機械メーカー
職種
総務事務
従業員規模
50人
年収
400万円

目次

きょうこさんの転職ストーリー

1これまでの私

「日本で仕事がしたい!」在宅ライターに。

イメージ図:「日本で仕事がしたい!」在宅ライターに。

私はもともとイギリスで翻訳の仕事をしていました。

けれど、日本で仕事がしたい、と思って、外注のライターで雇ってくれる健康食品の会社(名古屋市)のアルバイトに応募しました

ものを書くのがやっぱり好きで、在宅でできる仕事でしたし、食品や化粧品にも興味があったので魅力的な仕事だと思いました。

帰国後しばらく貰った仕事をこなしていると、

上司

「いつもしっかり働いてくれてるね。この調子ならすぐに社員になれるよ」

っていう言葉もかけてもらえて、やりがいを持って仕事ができていました。
日本での仕事も、主な内容は文章を翻訳するものでした。

2転職のきっかけ

「この会社は信用できない……」。

イメージ図:「この会社は信用できない……」。

ですが、働いていくうちに「あれ? 最初に聞いてた話と違うなぁ」と思うことが増えてきました。

一番はやっぱり、私の仕事を管理してくれる方がいなかったことです
期日ギリギリの状態で仕事を振られたり、同時にいくつもの仕事をこなさなければいけない時もありました。

あと、「社員になれる」と聞いていたのに、その話もいつの間にかうやむやになっていて。
時給は1,000円。これが1年半も続きました。

(この会社のことは、信用できない……)

いつしかそんな不信感を持つようになりました。

あるとき、思いのたけを上司にメールしたら、 解雇通知を渡されたんです。

急に冷たくなった会社の態度にショックを受けた私は、体調を崩すようになってしまいました。
病院でされた診断は「パニック障害」。

私は会社に損害賠償を訴えました。

会社

「そのような理由でお支払いはできません。契約を継続させていただくことは可能ですが」

そう言われた私は、渋々その会社で仕事を続けることにしたのですが──。

半年後、「解雇通知」が再び届きました。

3転職活動中

もっといい会社で、そして正社員で働きたい。

イメージ図:もっといい会社で、そして正社員で働きたい。

過去のことを考えても始まらない。とにかく、もっといい会社で働きたい。
その一心で転職活動を始めました。

主にリクルートエージェントのサービスを利用して、求人を紹介してもらいました。

ハローワークにも行ったんですが、年齢的に難しい求人ばかりでした。

前の経験から、正社員を目指すつもりでいました。
不当な解雇は、やっぱり私がアルバイトだったからだと思ったからです。

私自身、経験も浅かったので会社の良し悪しを見抜けなかったのもよくなかったと思い、企業選びは本当に慎重に行いました。──それゆえに、なかなか希望する求人が見つからず、苦労しました。

リクルートエージェントの担当は女性の方で、親身に相談に乗ってくれました。
企業選びの仕方から面接に関するアドバイスもたくさんしてくれて、とても感謝しています。

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

イメージ図:新しい職場で、待ち受けていた状況は。

新しく入ったのは外資系の機械メーカー。待遇は正社員、私の役割は総務事務でした。

外資系の会社に就職したことは初めてだったので、驚くことばかりでした。

職場はドライな雰囲気というか、実力主義の年俸制ということもあり、みんなで競っている印象を受けました。

特別に研修みたいなものもなくて、「できて当たり前」「自分から学びに行く」という自立性が重んじられていました。
最初は戸惑いました。

一番驚いたのは、入社1ヵ月目にしていきなりアルバイトの管理を任されたことです。

実力を認めてもらえたことは嬉しいのですが、いきなりの管理職は荷が重かったですね。

それでも

上司

「あなたならできるよ」

という言葉に背中を押されました。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

イメージ図:転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

アルバイトのライターから正社員で管理職という、真逆の仕事に移ったわけですが、不思議と今の仕事は私の性格に合っています。

実力がすべてなので、上司も部下も関係なく、上を目指すことができます。
自分が学びたいこと・やりたいことは、自分の頑張り次第で実現できます。

ただその分、人間関係もドライで、それは寂しいですね。
人の入れ替わりもかなり早いです。

去っていく人の多くは、引き抜きがあり別の会社に転職していく人が多いです。

私も同じ立場になった時に、どういう選択をすればいいのか、結構悩みます。
残るべきか、留まるべきか。──私はなんだかんだ言って、一つの企業に長く留まることを求めるタイプなのでしょう。

◇ ◇ ◇

転職活動自体にはとても満足しています。

給与はアルバイトに比べてぐんと上がりましたし、正社員は何かと安心します。
良い環境で働けていると思います。

次に取り組んでみたいのは、管理職としてもっとマネジメント力を磨いていくことです
そのために身につけなければいけないスキル・知識はたくさんあると思います。

万が一、私も次また転職しようと思ったときも、管理職としての能力があれば有利に働くと思います。

まずは今の会社で経験を積んで、上のポジションを目指していきたいです。
そして、会社を背負って立つような人材になれればと思います。

目次[ 閉じる ]